スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都バス最長路線に乗ってみた!

「東京は坂の街」と以前書いた気がします。道玄坂とか九段坂とかの名前のついた坂が23区内に700以上あるそうで、それら一つ一つの巡ってみようと思っていた時期がありました。途中200くらいまでは歩き回ったのですが、なかなか継続する事は難しく、意識して巡ることが絶えてしまいました。
けれどこのようにある一定の数があるものを巡るのはそれなりに楽しく、例えば隅田川二十六橋とかをすべて渡ってみる、など、内容を変えて色々とチャレンジしてみてはいます。

そのチャレンジの一つが都バス。日本最大の公営交通企業体である東京都交通局が路線を張り巡らせており、目黒区を除く二十三区内に最低でも一本以上の系統が地域の足として走っています。目黒区にはついこないだの三月まで東京駅と東急大井町線等々力駅を結ぶ路線が走っていたのですが、路線改変で東急バスの運行となり同区からは撤退してしまいました。

都バスは二十三区を主に走っていますが、区外では唯一青梅地区を中心に路線を張り巡らしています。区部を離れて運行しているのには、多分に大人の事情がありそうですね。

都バスの最長系統は実はこの青梅地区からのびる路線で、JR青梅駅と西武柳沢駅を結びます。都バストリップを好む者としてはいつかこの系統に乗車してみたいと思っていたのですが、こないだの日曜、思い立って乗りに行きました。

けれどですね、西武柳沢駅というのが何処にあるのか知らず、調べてみたところ西武新宿線で田無の少し手前にあるとのこと。感覚としては高田馬場から15分くらいかしらと思っていたのですが、各駅停車で30分以上もかけて行く事になりました。

路線は梅70系統。青梅街道をひたすら走るバスで、青梅までは30km以上。途中、西東京、小平、東大和、武蔵村山、瑞穂などの市や町、米軍横田基地をかすめるなどして青梅まで。かつてはさらに東に路線が延びていて阿佐ヶ谷駅まで達していたそうです。

その筋では有名な路線からか地域の人だけでなく乗りにくる人がちょくちょくいるようで、我々夫婦以外でもただ乗りに来たような女性が一名いました。

で、感想ですが、13時半過ぎに乗車して青梅駅に到着したのが15時50分。2時間以上もバスに揺られました。定刻だと1時間40分程度で行くようですが、余裕で遅れました。一時間に1〜2本の運行ですがそれでも途中で乗り降りはありましたので、地域の足とはなっているようです。我々とて時間を気にして乗りにきている訳ではないので遅れても一向に問題はありませんが、待っている人も大したもの。路線が微妙に各地区の役所や病院、駅を経由して行くので区間利用が多いのでしょう。沿線には木に囲まれた大きな家があり、その庭には蔵などがあったりして、武蔵野の庄屋や大地主の由縁が見られてそれなりに退屈しませんでした。

単に揺られるだけですが、夏の日がな、クーラーの効いた車内で時間を潰しに行くのも悪くありません。

●都バス最長系統
梅70系統(西武柳沢駅〜青梅車庫)
スポンサーサイト

浅草 やげん堀 アンヂェラス

 午後遅く、久しぶりに浅草へ出た。護国寺から地下鉄を乗り継いで田原町。六区に出るのなら、浅草で降りても田原町で降りても同じ。田原町は浅草寿町だから、各方面からバスが集まってくる。こうやってあちこち行きのバスを見ているのも楽しい。

 別に何するでもないけれど、取りあえず七味唐辛子でも買おうかと新仲見世をの「やげん掘」。ここは唐辛子の名店。元は両国に、江戸開府から程なく開業した店が、ここ浅草に移って今も繁盛している。唐辛子を買うつもりが気が変わってふりかけとお茶漬けを買って出てきた。雷門通りから上がった辺り一帯は古くからの店が連なっていて、単に歩いているだけで楽しい。こういう街は新宿とか渋谷には無いのよね、とふらついてみる。30代半ばを目の前にしてギャルファッションに身を包んで渋谷を闊歩している東京生まれの知り合いは、そのルーツが浅草の時計屋にあるとかで、それを誇りにしてたりするから意外だ。

 オレンジ通り沿いのアンヂェラスは昭和21年開業の喫茶店。文化人や著名な芸人も贔屓にしていたこの店に訪れてみた。昔ながらの喫茶店で珈琲に特別なものは無いけれど、ケーキは有名で注文している人が多い。外は凍えるような寒さなので、つい長居をしてしまった。

 神谷バーで締めようかとも思ったけれど、家に帰って夕飯をということになり、今日はここまで。

 浅草雷門から都バス草63系統。池袋駅まで一気に向かう。座って寝て行かれるので有難いです。一時間丁度のバスの旅で見慣れた池袋東口に戻ってきた。

 そんな日曜です。

師走のアメ横

 2011年最後の仕事を昨日終え、今日から冬休み。去年に引き続き今年の年末も比較的落ち着いていて、どうやら無事に正月を迎えられそうだ。

 東京の年末ということで、アメ横に足を延ばしてみた。年末の風物詩として必ずニュースで紹介されるアメ横、この季節のこの商店街がどんなものかと思って訪れてみる。

 通りは人でいっぱい。道の両側に並ぶ特に魚屋からの呼び込みの声が激しい。中トロ大トロが2本で2,000円とかカニ足が通常8,000円のところを2,000円とかで叫んでいる。元の値段が8,000円というのも何処まで本当か分からないが、どの店も人だかりが出来ていて賑やかだ。良く見てみれば何処の店も置いているものは同じなのだが、そんなことを突っ込むようでは粋ではない。

 師走の終わり、上野の風も冷たい。上野駅で見た東北方面新幹線は満席の案内。

 2012年はすぐそこである。

東大銀杏並木で見たものは!

寒い日でしたが家にいるのもつまらないので、池之端から無縁坂を上がって東京大学方面へ散歩。

医学部から三四郎池を通って法文一号館へ出ました。

↓出たとこの光景がコレ

東大銀杏並木

東大と言えば銀杏並木。「止めてくれるなおっかさん。背中の銀杏が泣いている」じゃあないですが、散ってしまった葉っぱが安田講堂から正門に続く道を埋めつくして絨毯のよう。これはこれは見事な銀杏の道です。この銀杏並木を見に地元の人でいっぱい。観光客らしき人々は見かけませんでした。子供が布団にくるまるように銀杏の葉にまみれていましたが、セシウムは大丈夫でしょうか?と余計な心配をしてしまいます。

で、銀杏並木にはマンホールがあるのですが、ふと目をやると....




○○のマンホール







!なんと!


「東京帝国大学」


の文字。

これは衝撃的でした。帝大印のマンホールがいまだに現役で使われているのを発見。

ちょっとした「ブラタモリ」な午後でした。

●東京大学
東43系統(東京駅~荒川土手/江北駅)、茶51系統(駒込駅~秋葉原駅)にて「東大正門」下車
学01系統(上野駅~東大構内)、学07系統(御茶ノ水駅~東大構内)にて「東大病院」、「東大構内」下車

●無縁坂
上58系統(上野松坂屋~早稲田)、上60系統(上野公園~池袋駅)、上26系統(上野公園~亀戸駅)にて「池之端一丁目」下車

深秋の六義園

 昨日の雨がウソのような秋晴れ。しかも少し暖かいとあっては外に出ない訳にはいかない。
最近少し寒いとはいうものの紅葉前線は遅れ気味で、来週末は京都に行くのだが多分この分だと色づき始めを見る事になるだろう。

 都電で大塚、山手線に乗り継いで駒込。ホント、大塚とか駒込って、駅があか抜けない。駅から本郷通りを渡った所に、今日の目的地である六義園がある。

 六義園は柳沢吉保の別邸庭園。この人はご存知五代将軍綱吉の側近で権勢をふるったが、今に残る大名庭園も残している。東京には他にも小石川後楽園とか清澄庭園とか大きな庭園がいくつかあるが、ここもその一つ。知り合いがこの近所に住んでいて紹介はしてもらっていたものの、今まで訪れることは無かった。紅葉には早かったけれど天気も良く、本日訪れてみた。

 いや、立派な大名庭園。吉保が好んでいたらしい紀伊和歌浦を庭に表現したものらしく、藤代峠とか妹背山など庭園の風景にもその辺りの名前が付けられている。雑木林から高台、東屋、広大な池など、その権勢が成したと思えるような様々な風景が庭園を成していて楽しい。水戸殿の小石川後楽園とか尾張大納言の庭園跡である戸山公園など、家柄が超一級であるのならその庭の広さも分かるのだけれど、川越城主の譜代でこのような造園が出来たのだから、その持っていた力が大きかったということだろう。

六義園園景その1
藤代峠からの園内

六義園園景その2
妹背山を望む

六義園園景その3
吹上茶屋方向


 来園者も多く賑やかで、案内ボランティアの人も面白く、有意義な回遊でした。

 帰りは上富士前からバス。妻は護国寺で降りて帰宅、自分は早稲田まで行ってジムで汗を流して帰ってきた。

●六義園
上58系統(早稲田~上野松坂屋)、茶51系統(駒込駅~秋葉原駅)にて「上富士前」下車。駒込駅側の染井門は期間限定で開いているようです。

PageTopNext>>

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。