FC2ブログ

星条旗よ永遠なれ

 世界最大のショーとも言うべきアメリカ大統領選挙の話題が徐々にニュースを賑わせている。民主党の名女優ヒラリー=クリントンが表に出てきたので、ようやく面白くなってきた。
 アメリカの大統領と言えば、良くも悪くも世界のオピニオンリーダーである。誰が何と言おうとこれは間違い無い。いつからこの役を担ってきたかと言えば、諸説はあろう。かつて(と言っても今から70年程前まで)はアメリカの対外政策というのは、その兄貴分の英国と同様に「光栄ある孤立」であった。これが、世界の憲兵を標榜し自分で自分のことを「超大国」と言うような図々しい頭の持ち主になるきっかけを作ったのは、フランクリン=ルーズベルトであろうと思う。ま、ルーズベルトが表に出てくることになったのも、日本が喧嘩をしかけたのが原因。米国の対独宣戦布告はヒトラーのポーランド侵攻が原因ではなく連合艦隊による真珠湾攻撃が廻りまわってであるから、元をただせば日出づる国が今の世界構図を造ったとも言うべきか。

 個人的には世界で最も嫌いな国はアメリカである。が、最も好きな国もアメリカである。かつてアメリカの物質社会に憧れ、テレビで見るようなアメリカンスタイルの裕福な生活をいつかしたいと思って必死に働かれた方も多いと思う。
 今、日本は少なくとも物質の面では裕福になり、米国同等レベルかそれ以上の生活をしている。それでもアメリカに憧れるのはどうしてだろうか?決して戦争に負けた引け目ではない。それは多分、「唯一の超大国」と自分で言ってしまう苦々しい図々しさが実は羨ましいのであり、「自由と民主主義の為」と言えば何でも許されるだろうと考えるあまりにも単純であつかましい思考回路に何処かで憧れているのではないか?
 「アメリカンドリーム」と言う言葉は、「ジャパニーズドリーム」と言うのと比べると明らかにスケールが違う。アメリカのやることをバカにし毛嫌いしている反面、その単純さと極端さを羨ましいと思うのは、やっぱりアメリカという国に憧れているからに他ならぬ。

 世界最大のショーであり、アメリカンドリームの象徴であるアメリカ大統領選が実質的に始まった。今回の内容については言葉足らずの部分がある気もするので、日を改めて整理して記したい。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク