スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1936年ノ昨日ニ思フ

 この国で国家万歳自衛隊増強などと叫んでいる方々は、一体何処まで軍隊を信用しているのでしょうか?
 周りの環境が物騒になってきたので、軍備充実と言いたくなるのはそれなりに理解出来るのですが、日本国に於ける自衛隊というのは、一般国民にとってどれだけ信頼に足るものなのかと考える訳です。
 日本の物価が高いからなのか、それとも防衛省の金の遣い方がザルなのかは判りませんが、日本の防衛費というのは世界水準で見ても相当なものです。とは言うものの、実際の活動は長い間災害時の緊急出動くらいしか目にしていなかったので、日本の多くの人々にとって自衛隊というのは「軍隊ではあるけれども、戦う為ではなくどちらかと言えば何か災害等の問題が起こった時の緊急援助隊」くらいにしか思っていなかったのではないでしょうか。
 それがカンボジアのPKOとかイラクの派遣とかで、海外派兵だとか言う人達が現れたことで、うっすらと、けれど現実にあれは軍隊なのか、と考えるようになってきた。しかしやっていることと言えば給水活動や道路の整備などであり、我々がおおよそ想像する軍隊=戦争をする兵隊からはやっぱり程遠い訳で、結局陸自が引き上げて来た時には「災害救助隊だった」に近い感覚で多くの人達が帰還兵を迎えたのではないかと思うのです。実際には空自や海自が今でも活動しているのですが、多分誰もそんな事を覚えてはいません。これでは幾ら左派が「既成事実の静かなる構築だ」と叫んだところで多くの国民には実感が無いですから、自衛隊は何処までいっても「災害救助隊」位にしか思えない訳です。冒頭にあげた「国家万歳自衛隊増強」と叫ぶ方々も、きっと現実的には似たような感覚で自衛隊を捉えているのではなかろうか、と思います。
 軍隊を軍隊として見ることが出来ない、というのは、良く考えてみたら非常に恐ろしいことです。確かに災害救助隊としてみれば、平和の使者ですが、現実に戦車も戦闘機も銃も持っています。勿論殆どの自衛隊員は物騒な考えを持っている訳ではないでしょうが、いつでも戦車で街に繰り出すことは少なくとも物理的には可能です。かつてこの国にれっきとした軍隊があった時でも、1936年2月26日まで多くの日本人は、まさか銃を持った軍隊がクーデターを起こして街に連隊が繰り出すなどと思ってもいなかった筈です。決起将校の動機はどうであれ、軍隊が街に展開し、帝都の一部を一時でも支配したのはまぎれもない事実です。現代以上に御上の威光が強かった時代で、国家に軍隊が歯向かうなど今以上に考えられなかった筈ですが、それでも事は起きました。
 今一度申しますが、多くの自衛隊員は物騒な考えを持っていないと思います。しかし、武器で国を支配できるだけの力を現実に持っていることを、我々一般国民は認識しておく必要がある。万一の際に軍隊が国民を守ってくれるというのは虚構である事を、我々日本人は知りすぎている筈なんです、本来は。好き好んで軍備拡張などと語る輩は、歴史に対する無責任さを自分から宣伝しているように思えてなりません。
 自分で自分の首を絞めて一体何が面白いんでしょう?そのような者に限って自分自身を愛国者だと思っているから頭が痛い。
 ちょっと日付は越してしまいましたが、2月26日はもちろん二・二六事件の起こった日です。もっと過去に学ぶべきだと思います。
スポンサーサイト

女心と中国鉄路

こないだシベリアで散々に列車に乗ったとこなのだが、もう次の旅行を計画しなくてはいけないのだから、我ながら大変だ。
 今年は3連休、4連休、GW、夏季休暇(5連休)、長期休暇(10日前後)を全て中国につぎ込んでみようと考えているのだが、これが全て鉄道からみだから、少なくとも相方は納得しない。大体今計画している鉄道旅行は下記の通り。
1,上海~北京
2,広州~海口
3,北京西~九龍
4,上海~拉薩
5,成都~北京西
このうち1と2は一人で行こうと思い、4は旅相棒を見つけた。5は4の帰りだ。よって3の分で相方を連れていこうと思うのだけれど、他の休みに放っておかれるとなれば、黙ってはいない。
 アンタそんなに休むのならバリやハワイあたりに連れてけと言うのは女心としては当然で、アンタに付いていくとなると何が面白くて列車に乗りに、しかも中国くんだりまで行かなくちゃいけないのかと、不平をぶちまけるのも無理は無い。中国に一度くらい行くのはいいが、まずは万里の長城などの見所をしっかり見させろというのが、相方の言い分だ。何も見させられずに列車だけ乗せられるのはたまらんetc(怒)。
 おっしゃる通り。ごもっともです。
 元始、女性は太陽でありました。アナタにゃ勝てません。
 そんな訳で、一度くらい海を計画しようかしら。沖縄っていい所らしいし。

暖冬バカヤロー

 朝5時半に起きると外は雨。今日は友人とスキーに行く予定なのだが、この雨ではスキーを持って外に出るのもはばかられる。仕方が無い、現地でレンタルでもしようかしらと思ったところに、友人から電話。半分怒りに満ちているのが判る。どうやら全国的に雨らしい。僕はこの2週間ほど、NHKの中国語会話(不得~不愛♪)以外のテレビ番組を見ていないので、今日の天気予報など知るはずもないのだが、そんなことも知らんのかと言った感でなんか当たられているような気もするなぁ。結局スキーは中止になった。何年か前、スキーにハマッていた時は2週間に一度くらいのペースで長野県や岐阜県に行っていたが、友人の異動で行くペースが落ちた。この友人が関西に帰ってきたので、このシーズンはもっと行かれると思ったのだが暖冬直撃によりそれも叶わず。今日こそはと思ったんだが、わざわざ雨のスキー場に行く程スキー狂いでもない。すぐ寝るのももったいないので、アメックスのクレジットカードに申しこんでみるなど、意味不明の行動を早朝からとる。

●北京-モスクワ 国際連絡 第3/4列車
  中国の車両案内のページが出来上がりました。是非ご覧下さい。
 http://rw19.net/

 これが「美しい国」ですか、そうですか。

 初めに申し上げるが、私は今の総理大臣とは思想信条を異にする者である。考え方や政策的にはいくらでも言いたい事があるが、最近余りにも哀れに思うことがあったので、若干乍ら擁護させていただく。
 先日の報道にあった件は本当だろうか?閣議で総理が入ってきても私語あり起立無しというのは。考え方は別にしても総理大臣は国権の最高責任者である。その人に対して最低限の敬意を払わないのはどういう事か。年齢の長幼ではないだろう。「美しい国」とは礼儀を尊ぶ国家国民像と解釈しているが、最も模範とならなくてはいけない内閣がこれでは話にならない。また、閣僚が話したことを総理が追認するような体制とか、総理と異なる見解を言ってみたりとか。内閣に所属すれば、個々人の意思の尊重は後回しになるのはわかりきったことで、総理大臣の言うことと外れた事を言うのは「閣外不一致」と言って、ちょっと前ならこれだけで大臣罷免の要求が国会で出たものである。
 どちらかと言えば若い総理だ。幾ら総理総裁といえども年長の先輩議員に遠慮するのは当たり前だ。だからこそ年長者は総理が自分達に遠慮しがちになるのを理解して、自分達から総理を盛り立てなくてはいけないのだが、知らん振りの反抗大臣無礼長官の集まりであるから、こんなので行政府がうまくまわる筈が無い。
 このような者たちに自分達の生活と将来を引っ掻き回されるのはたまったものではない。

 もう一つ気になる情報が。
 ある団体との飲み会で若手議員はさっさと帰ってしまって、総理がお酌してまわったというのは本当ですか?

春節

 昨日は旧正月、つまり春節である。日本を除く東亜諸国は西洋の正月よりもこの農暦正月を事の外祝う。昨晩の中国各都市はお祭り騒ぎだったようで、また旧正月からみの帰省客で各交通機関は大変だったようだ。
 日本も江戸時代までは大陰暦だったので、その暦が続いていれば昨日18日が正月だったのである。明治以降の日本の脱亜入欧政策の一つが改暦であり、今の日本で旧暦を当てはめて考えてみることは殆どないけれど、世界的に見るとグレゴリオ暦を用いているのにも関わらず大陰暦でモノを考える人々、地域は多い。代表的なのがイスラム暦だ。古代文明暦は大陰暦を採用することが多かったようなので、どちらかといえばそちらの方が自然なのかも。
 日本でも「立春」とか「大寒」とかいうのは大陰暦だから言える日な訳で、昔の人の方がもっと季節を大事にしたような気がするのである。
 今は正月から働く人も多い。交通機関は仕方無いにしても、デパートやスーパーが店を開けるのは全く理解できない。経済活動に没頭するよりも季節を意識する方が余程人間としては大事なような気がするのだが。

「北京~モスクワ 国際連絡第3/4列車」

 先日乗車した中国~モンゴル~ロシアを走る国際列車の紹介サイトを、ようやく反映することが出来ました。まだ6割程の出来ですが、当列車の魅力をそれなりに紹介出来るレベルまできましたので公開します。当列車は勿論、シベリア鉄道に興味のある方、中国の鉄道に興味のある方、ロシア旅行、モンゴル旅行に興味のある方にも楽しんでいただき、また旅行する際の参考になるのではないかと思います。
 今後は「車両」「乗務員と乗客」「雑記(主に特徴的な沿線風景と車内設備)」の項を作成、反映していく予定です。
 是非ご覧下さい。

 http://rw19.net/



ハッキり言って「ディープ」インパクト(自画自賛)

しばらく更新をサボってたのは出来なかったのは、Webサイトの作成に没頭していたからです。
 ようやくメドがついて、今晩にもあげられそうです。全体の完成はまだ先になりますが、一部の友人等期待していただいた方々にはそこそこ満足できるのではないか、と思います。
 ではまた後ほど。

「北京-モスクワ 国際連絡第3/4列車」

日・英・中・露の4カ国語対応です。ハイ。ごくごく一部だけ。

集まれ!コスプレーヤー

 こんなニュースを見つけました。
 「全国コスプレ大会開催(在広州)」
http://news.livedoor.com/article/detail/3017399/

ここまでやっていて「小日本」なんて言わせないぜ!

 そういえばこないだテレビで、OLのオタク現象が広がっている、とやっていました。一見普通の若い女性が秋葉原に集まってフィギュアとか買っているらしいです(リカちゃんやバービーじゃなくて漫画キャラの人形)。そこそこ可愛いごく普通の20代の女性が、一番好きなものは?と質問されて「5050系」と言っていました。おいおい鉄オタかよ。さすがにこれには引きましたが。

I have a dream!

 別に私の夢を語りたいのではありません。これは、マーチン=ルーサー=キングの有名な演説の一節です。この後、「ジョージアの赤い丘で奴隷の子孫と奴隷所有者の子孫が手を取り合って~」と公民権運動の演説が続きます。
 思うに、西欧語とは非常に直接的な言語であると思います。ストレートに意思を伝えるのに長けた言語なのです。なので、西洋言語を訳した時の日本文~当然訳者の上手いか下手とかはありますが~結構ハッと思わせるような言葉や言い回しが多い。多分計算して言った言葉では無いと思うのですが、「日本人はこのような若者が自国にいることを誇りに思うべきだ」(パウエル前国務長官)などということは、日本語ではインタビューですっと言えないでしょう。
 日本語とは、言葉を「読む」言語あると思います。あいまいな言い回しの裏にある感情を受け手は読まなくてはいけない。そもそも日本語ははっきりと相手に意思を伝えるようには出来ていないんです。だから「もののあわれ」とか「言霊(ことだま)」とかいう思想が生まれるのです。よく外国人に「日本人ははっきりとものを言わない」と言われますよね。当たり前です。我々の文化が、「言葉や現象の裏にある感情を読む文化」なのですから。だから、はっきりと口に出して言われると、それが正しい意見だったとしてもハラが立つことがあるんです。外国人に「はっきりしない」と言われようと、それを美徳としてきたのだから仕方が無い。異文化交流万歳と騒ぐのなら、日本人はものをはっきり言わないとの非難は「余計なお世話だコラ」というのが正しい答えでしょう。もっとも、はっきり言わないのと意思をはっきりするしないは別の事です。結構、嫌なものは嫌という態度を多くの日本人はとっていると思いますが。
 とは言うものの、このような曖昧な言語に囲まれているからこそ、英語やフランス語のスピーチなどにハッとする時があります。「この人こんな事をスラスラというのか」と。そのスピーチが非常に詩的に聞こえる事もあるんですね。先の国務長官の言葉は一部分の引用で申し訳ないんですけれど、あの言葉は以前イラクで日本人3人が誘拐、解放をされた時の論評でして、無茶な行為それ自体は咎められるべきだが、その行動精神自体(イラクの現状を世界へアピールすることとストリートチルドレンの世話)は尊敬されるべきである、という文脈の中で出てきたものです。その時の日本は一億総非難の風潮でしたから、余計にハッとさせられたのでしょうか。

 最後にミッテラン前大統領の退任の演説より。
「何の感慨も無い。私は人生が何たるかを知っているし、その空しさもよく理解している」
 まさにシャンソンの世界だと思いますね。詩的です。

「丑の刻参り」 こわ。

 みなさん「丑の刻参り」ってご存知ですか?女性が白装束で顔も真っ白にして、夜中の2時に木にわら人形を打ちつけるっていうあれです。ハチマキで灯がついたろうそくを三本ほど頭につけたりもして。「呪いのわら人形」ってやつですね。オソロシや~。
 昔は良くテレビとか漫画とかでパロってやってましたけど、最近見ませんね~。あれを見て「女性って怖い」と、刷り込まれたものです。男性のみなさん、夜な夜なあのような事をやろうと思いますか?そのような話を見たり読んだりしているから、男は外でいばっていても、嫁さんや彼女には頭が上がらないんです、きっと。本能的に「女性は怖い」って思っているんでしょうね。
 あの話、一体何処の話だろうと思ってました。大体の日本昔話には、由来する話や場所があるものです。「丑の刻参り」も何処かに出所があるもんだと思ってったんですが、今日ようやくその秘密が解けました。
 出所は、京都の地主神社です。清水寺の境内にあります。京都最古の縁結びの神様だというこの神社は、何故かお寺の中にあります。そこに、なんと!「丑の刻参り」で使われたという杉の木が残っているのです。木の前に神棚とお賽銭箱がありますが、神棚の裏を見ると、杉の木には見事に釘を刺した跡がいくつか残っております。それだけでなく、恐ろしいことに錆びた釘が一本刺されて残っておりました。

 おっかね~!

 ...かつて呪い殺された人がいるのでしょうか?

 男性のみなさん、女性は大事にしましょうね。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。