スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T8次 13年越しの成都脱出

 来る11月に西蔵(チベット)行を実行するべく準備中である。昨年開通した青蔵鉄路を走破する為である。多くの日本人ツアー客が乗車するのは青海省の西寧から西蔵自治区の拉薩までの区間であるが、私が手配中なのは上海発拉薩行T164次。沿海から南京、鄭州、西安、蘭州、西寧を経由して拉薩へ向かう。当然の事ながらこの青蔵鉄路は今回の旅の一大イベントであるし、楽しみの一つには間違い無い。が、私にとっては青蔵鉄路以上に是が非でも乗りたかった列車に乗車する機会を今回得る事が出来た。成都発北京西行のT8次である。この旅行は私にとっての中国旅行の区切りとなる事には間違い無く、しばらく訪れる事も無いだろう。旅の最後にT8次乗車計画を立てたのは、私なりの中国鉄道旅行の区切りとする為である。

 以前成都を訪れたのは13年前の94年。雲南省の麗江から攀枝花を経て成都に入ってきた。新しい街に来てまずやる事は次の街への交通手段の手配である。成都という街を地図上で見てもらえれば判るが、場所は四川盆地の中央に位置する。四川盆地そのものは肥沃な土地で中国の穀倉地帯であるのだが、非常に険しい山々に囲まれている。つまり、何処に行くにも非常に不便なのだ。私は雲南の方から来たので、ここ成都から外に出るルートは二つあった。すなわち、陽平関、蜀の桟道を抜けて宝鶏から西安へ抜けるルート、つまり諸葛孔明の北伐ルートと、重慶から白帝城を見、三峡を抜けて武漢へ抜けるルート、つまり劉備入蜀のルートである。要は西安方面へ向かう列車に乗るか重慶方面へ向かう列車に乗るかの選択だ。

 当時の成都は「一度入ったら抜け出せない街」と言われていた。居心地が良いのではない。鉄道の切符が全く取れないのである。飛行機も各方面一日一本とかで、状況は同じ。値段も高いし危険である。かろうじて重慶へは成都発重慶行という比較的取れやすいだろうと思われる列車が一日二本走っていたので、こちらに向かう方が可能大きそう。と言っても可能性の話である。

 首都北京と四川省会成都を結ぶ列車は、下りが7次(7列車)、上りが8次(8列車)。飛行機の次に早い交通手段がこの列車だ。7次が首都から地方へ向かう帰省列車であるのなら、8次は上京列車だ。かつての日本で東京から九州、上野から東北を結ぶ列車が、それぞれの地方都市では花形列車であったように、ここ四川でも看板列車は8次である。都会から田舎へ向かう列車と田舎から都会へ向かう列車は、その持つ意味合いが全く違う。上京列車とは一攫千金を狙う希望に溢れた者たちが乗る列車である。ここ四川は中国全土への民工(出稼ぎ労働者)の供給地である。であるならば、8次に乗る乗客というのは家族も夢も背負った者達が乗車する列車なのだ。
 人が動くのなら、人治国家中国では当然のように利権とコネがモノをいう。当時この列車には硬臥が5両(定員330名)つながっていたが、駅での販売枚数は予め決められており、それが何と5枚であった。他の325の寝台切符は駅で販売される前に、闇ルートで売りさばかれてしまうのである。当然普通のルートでは切符は手に入らない。だから、硬臥切符の欲しい者たちは、自分の持つあらゆるネットワークを利用して寝台を押さえる事に挑戦するが、手に入れられない事の方が多い。軟臥は高価で切符が買えない。それでもどうしても行かなくてはいけない者達は、硬座で32時間の苦行に耐えながら北京を目指すのである。
 私も8次の硬臥切符を手に入れようと試したが、旅行社の者でさえ「私達でも手に入れるのは無理です」と言う始末であった。どうしても取れなかった。結果的にこの時私は重慶を目指すのであるが、三峡ダムがその後に建造された事を考えると、重慶行を選択したのは正解だったのだけれど(この時も一週間待ちをしたが二本ある重慶行は取れず、広西自治区南寧行列車に乗って重慶に向かった)。

 このような過去を思う時、今回8次(現T8次)に乗る機会を得たことに感慨を覚えない筈は無い。時代が変わったのと、当時トライして乗車出来なかった列車に今回乗るチャンスを得たことを喜ばずしてどうしようか。当時32時間かかった8次は、現在26時間で成都と北京を結ぶ。今も四川省の看板列車であることには変わりが無い。
 いわく私の中国鉄道旅行の区切りとなるのにこれほど合うであろう列車は他に無いのである。
スポンサーサイト

「蒙古枯草大草原」 ~「北京~モスクワ国際連絡 第3/4列車」

 久しぶりに作成、反映しました
 弊サイト「北京~モスクワ国際連絡 第3/4列車」のコラム「RW19雑記」の第四回は、「蒙古枯草大草原」です。
 あなたの抱いているモンゴルは何色ですか?
 景色とは春夏秋冬全てを含んで景色となります。
 ぜひご覧ください。

http://rw19.net/

T97次在北京西站一站台

 さて、通された北京西站一站台は、広々としたガラガラのホームであった。九龍行T97次は19両編成であるが、前から11両と最後尾から2両目の荷物車だけが香港まで向かい、他の7両は途中の広州東までである。よって、出国審査を受けた香港までの乗客と広州東までの乗客は必然的に隔離される訳で、その境界線が食堂車で引かれる。
このホームの状態を見てこの九龍編成が空気を載せて走っているのはすぐに理解出来たが、私の乗る高包車は満席であった。最近思うのだが、中国の列車は高い等級、つまり軟臥から売れていくような気がしてならない。定員が少ないというだけではなく、乗車出来る層が確実に増えてきたからに思える。最初に私が中国を旅した90年代前半~半ばは軟臥切符は取りやすく、一室を一人で使用出来た事もあった。しかし再度中国に行くようになったこの2年ほどは、售票所の表示では軟臥は「無」又は「售完」となっていることが多い。乗りたくても乗れないようになった等級であり、つまりは中国の所得水準が上がってきたことを(誤解されるといけない。貧富の差が大きくなってきたことを)、見事に表しているように思う。私は今、11月の休暇に向け中国行の準備を進めているが、上海の旅行社とやりとりをしているのだが、「軟臥は難しく、硬臥になることも了承してください」と言われている。

 乗車した九龍行の場合、軟臥はガラガラであったが最上等級の高包は満席である。軟臥が4名1室のドア付コンパートメントであるのに対し、高包は2名1室のドア付コンパートメントである。昨年
乗車したモスクワ行K3次の高包は2段寝台の一人用ソファー付であったが、九龍行の高包は下段寝台2つの2人用。内装は明るい木目調でまとめてあるものの、通常の軟臥から上段寝台を取り払っただけのような構造である。上段が無い分だけ開放感があるものの、これだけガラガラの軟臥であれば一人で1室を占拠できる可能性もあるので、どうしても高包という列車ではないような気がした。一応シャワー室がありこれが当初は評判であったのだが、メンテナンスのいい加減さがたたって今では物置に化すという意味不明な事になっている。国際列車に準じる列車ということでそれなりに特別扱いをされていても良いし実際されていたのだが、現状のレベルはこんなものだ。とはいうものの、高包は高包。乗車した以上は旅を楽しまなくてはいけない。敢えて良いところを無理やりあげるとすれば隣が食堂車であること位でこれは非常に有り難い(そんな訳ないだろ)。

 食堂車と国内用車両の間には柵が置かれており、公安がお互いに入り込まないよう見張っている。柵の向こうでは国内客が乗車中。相変わらずの混雑を呈しているが、国内編成は硬臥のみで編成される事で客層も悪い訳でもないから、硬座でよく見られる非文明的光景(つまりは割り込みの横行他)は無い。もっとも彼らはこの列車に限っては食堂車が使えない(九龍行乗客専用となる)という被害を被るが。片方は出国審査を受けたあとなので、国内旅客と交わらせる事は出来ず、このような分割措置を受けざるを得ない。まあ間違いなく香港へ行く人間の方が金は持っている訳で、利用率も落とす金額も期待できる=香港客が優先される。資本主義の論理というのは判りやすい。おっと、この国は一応社会主義国だった。

ガラガラのホーム
ガラガラのホーム


硬臥客の乗車光景
硬臥客の乗車光景


亜州一!北京西站は驚(狂)異の駅

 さて一部では好評をいただいている9月の中国酷鉄旅行記。今回はアジア最大の(狂った)駅である「北京西站」の話である。

 線路容量が限界に近づいてきた北京駅の救済施設として1995年だか96年だかに造られた駅が北京西站である。一部では目前に迫った香港返還を目の前に突貫工事で造られた京九線の始発駅として建てられたと言われ、香港返還の美談の一部として語られたが、実態は中国最大の大幹線である京広線及び内陸の大幹線である隴海線方面への列車発着駅、つまりは鄭州、武漢、南昌、長沙、広州、南寧、貴陽、昆明、西安、成都、蘭州、烏魯木斉など省会(省都)行を主とした、需要がどうにもならないくらいにとてつもなく多い長距離列車をさばく為に造られたと言った方が正しい。駅建物は近代建築物の上に中国式楼閣を置いてしまうという、何とも不可解な造りをしており、その巨大さと相まって、何処に行っても巨大な中国の駅の中でも特筆に値する超巨大建築物である。
 一体、駅というのは切符を買って出発を待って改札を抜けて列車に向けて発車する(又はその逆)為の設備であるはずなのだが、この国の駅というのは、上記目的を見たしながらも、どのように考えても無駄に大きい施設となっている。巨大である理由の最大にして唯一の理由があるとすれば、人だけは無尽蔵に居るこの国において、無数に湧いてくる乗客とその巨大な荷物の居場所置場所を用意する事か。さもなければ、中国人にとって非常に大きな意味を持つ「見栄」~ここではその都市の見栄と言い換えてもよい~を示す場所としか考えられないのである。
 北京は中国の首都。つまり首都の「顔」は既存の駅とは格の違いを見せ付けなければならぬ。新たに駅を造るにあたり、この事が北京西站をこのような奇天烈な建物にしたのではなかろうか。
 私が最初にこの駅に行ったのは96年の夏、つまり建てられて供用されてすぐのことだった。駅に行く途中、復興門外大街から軍事博物館の交差点を左折して一直線。乗車しているバスの前方の高いところに楼閣が見えた。最初は「こんな所に丘があったかな」と思ったのだが、近づいてみると実は駅だった。とてつもなく強烈な印象であった。この駅から乗車した列車は特快5次ハノイ行。普段は広西南寧行なのだが、週二回は国境を超えてベトナムに向かう。実際は中越国境のドンタンというところで車両を乗り換えるのだが、北京西站の電光掲示板が「開往河内」(ハノイ行)を示していたのを強く覚えている。このハノイ行も長い中断から95年に運転再開になったばかりだった。

 久々に訪れた北京西站は相変わらずヘンテコな建物だった。九龍行が走るようになってから駅に造られた「出入境聯検庁」つまりは出入国審査場の構内は人影が少ない。パスポートに押されたスタンプの出国地は「北京鉄路」。検票口(改札)を抜けるとこれまたガラガラの広々としたホームが待っていた。

北京西站
北京西站

出入境聯検庁
出入境聯検庁

北京駅售票所の人間型自動券売機

さて天津に強制的に経由させられたが、とにもかくにも北京に着いた。あいにくの雨であるが、天気ばかりは時の運と割り切っているから、さしてショックも受けない。寄って来るホテルの客引きや地図売りを追いやりながらまずは售票所へ。明日の九龍行の手配をする為だ。
 電光掲示板では切符の売れ筋を示しているが、翌日以降は勿論、当日でも「有」の表示ばかり。ただここは他の都市と違って、座席に関わらず「その列車に空きがあるかどうか」を示す非常に不可解な表示の為、寝台があるかどうかは別であるが、昔と比べて比較にならないくらい列車に乗りやすくなったのは事実だ。
 初めて北京で切符を求めた時、つまり95年は、外国人用切符売り場は駅構内の軟席侯車室(一等車待合室)内にあったが、今は一般售票所内にある。ここで間違えてはいけないのは、外国人用切符売り場は「外国人を優先的に応対します」の意味であり、「英語が通じる」という事を意味しない。つまり、外国人用であっても応対は中国語にほぼ限られる場合が多く、中国語を知らない外国人が行っても殆ど意味が無い。昔はそれでも外国人用の席の割り当てが有ったので行く意味はあったが、今は優遇施策は無くなり一般中国人と同条件になったので、外国人用窓口に行っても一般窓口に行っても残席は同じ。つまり何処で買っても同じということだ。だから中国語の分からない日本人や西洋人旅行者は、手数料を払って旅行者やホテルのフロントに頼む方が、人間扱いをされないという屈辱を受けなくて済む。

駅の售票員は、中国でも最下等の人間が担当していると思って間違い無い。勿論感じの良いスタッフもまれにいるが、私の中国での何十度の切符購入人生で、感じが良かったのは今年6月の広州東駅と94年の武昌駅のみ。後は無表情での応対はマシな方で華畜售票員により人間扱いをされなかった事も幾度と無くある。そんな事を気にしていたら中国を個人旅行出来ないので、切符を手に入れた事を素直に喜ぶ事で納得はしているが。

 目的とする列車は翌日の九龍行である。九龍とは「カオルン」であるが、北京で広東語のカオルンと言ってもまず通じない。香港を「ホンコン」と言っても駄目だ。九龍は「ジュウロン」であり、香港は「シャンガン」である。列車は香港行なのだが、終着駅があるのが九龍地区なので「九龍行」となる。香港とは香港特別行政府か香港島を指すから、島や行政府名の「香港行」とはならない。

「明天的97次去九龍.....」(明日の97列車九龍までを...)
年配女性の售票員は無言で端末を叩く。示されたのは硬臥の料金だ。とにかく寝て行かれる事は分かったが、この列車については硬臥に乗るつもりは全く無い。
「不是.....」(いやそうでなくて...)
また端末を叩く。おい、こっちの話を最後まで聞けよ。窓口に私が立ってからここまで、一切こちらを見ておらず、表情も動きも固まったまま端末を凝視している。どうやら私が尋ねているのは人間の形をした自動券売機らしい。
示してきたものは軟臥である。コラ、座席等級を聞くつもりも無いのか。こっちは軟臥にも興味無いんですが。
「高包」
この私の一言でようやくこっちを見やがった。俺の見かけを見て驚いたのかコラ。こんな見かけが若い人間が高級軟臥に乗るとは思わなかったらしい。一発目で硬臥とは自分も低く見られたものだ。確かに高包料金は硬臥のほぼ二倍だからな。隣で割り込もうとしていた中国人も引き下がったぜ。季節割引で1083元。硬臥が600元弱だから、まあ驚くのも無理は無い。内外価格差から来る優越感を持ち出すのは嫌いだが、この国の售票所でだけは別だ。何故なら相手が華畜で人間以下の対応をされる事が多いので、金を多く出せば多少やり返す事が出来るから。うーん私も小さい人間だ。まだまだ心の修行が必要です。

この列車、ガラガラで空気を運んでいると聞いていたが案の定だ。硬臥も軟臥も選び放題。私の切符は.....どれどれ、「新空調高級軟臥特快 10車16号」
ん、10号車16番寝台ですと?この車両の定員は確か16人。中国の寝台は販売順に1番から埋まっていく。ということは最後の一枚。満席じゃないか!!!

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。