FC2ブログ

T164/165次 上海→拉薩~第二日 西域漂う蘭州

列車は甘粛に抜ける峡谷を走る。険しい山中を縫うように走り、一旦抜け出すところが天水だ。我が列車はこの駅を通過するが、小さな駅ではない。チベットを行き来する列車以外は、この駅に停車する。ここは、諸葛孔明が自分の後継者として蜀の命運を託した姜維の出身地。元々魏の武将であったが、蜀に降ってからは孔明の遺志を継いで総大将として魏と戦う事になる。そんな事を考えながら、天水を通過。

所謂シルクロードと呼ばれる西域への出発点は、西安だと思ってきた。実際歴史を紐解くと前漢から唐までの大体1,000年間は長安が都であることが多く、NHKの番組の影響もあって、シルクロードの起点は西安とされている。歴史から考えるとそれが正しいのだが、現在の中国では少々違うように思えてくる。確かに西安は今でも西方への列車のターミナルとして機能しており、西安発西行の列車は多い。が、西安はあくまで漢民族の街であり、一見すると他の中国の街と殆ど変わらず趣に欠ける。では、中国の西の入り口は何処かというと、個人的には蘭州でないかと思う。

蘭州は、甘粛省の省会。黄河沿いに横に長く開けた大都市である。またあまり知られていないが、実は中国のへその部分にある街で、中国の真ん中に位置する都市でもある。この街が他の街と違うのは、明らかに西方の人々=イスラム教徒が多く見られることだ。この街を通るのは二回目であるが、前回は未明だったので全く記憶が無い。なので、訪れるのは実質今回が初めてある。第七番目の停車駅であるこの駅で、特に硬座からは多くの乗客が下車した。一目でイスラム教徒と判る人々や、ウイグル人も多く降りた。そうである。ここまでくると西域のウイグル人の姿が多いのだ。
 現在でも新疆地方で幅を利かせているのはウイグル人である。彼らの殆どはイスラム教徒であり、中原の漢民族が無宗教なんだか仏教徒だかわからない、つまりは日本人のように自分に都合よく宗教と付き合ってるのに対し、ウイグル人は生活の中にイスラム教を据えて日々過ごしている。本来共産主義では宗教は毒の筈なのだが、そのような思想があったのは文化大革命まで。以降は国家=共産党=漢民族社会に迷惑をかけない程度の信仰は保証されている。ちなみに法輪功が徹底弾圧をされるのは、共産党をボロカスにこき下ろすからで、香港の天星碼頭ではいつも法輪功がアジっていてにぎやかだ。
 イスラム教徒が多いということであれば、まずモスクがついてまわるが、ここ蘭州にも大きなモスクがある。西安の中心を成すのは中華風の鐘楼であり、仏塔だ。考えてみれば、長安が都だったのは唐代までで、それも1,000年も前の話だから、西安に西域の雰囲気を追い求めようとしても無理なのかもしれない。いわゆる玄関口、「とうとう西域に向かう」という雰囲気を味わいたければ、この蘭州に滞在するのが良いだろう。

 T165次(徐州で列車番号が変わった)は、ここ蘭州で機関車を電気機関車からディーゼル機関車に付け替える。併せて空調発電車という車両も新たに連結する。今までの区間は機関車から冷暖房用の電源を供電していたのだが、ディーゼル機関車にはその設備が無い為、発電車を連結するのである。
 相変わらず列車は1時間遅れていた。蘭州を出発してしばらくの河口南というところで、西域に向かう蘭新線と別れ、蘭青線に入る。蘭州は西域への入り口と書いたが、実はもう一つの「域」である「雪域」への入り口でもある。
 雪域とはチベットの事。黄河を渡り、ここから本格的に高度を上げていく。

次回は第二日 西寧編

mosque.jpg
蘭州のモスク

ss7e.jpg
SS7E型電気機関車 最高時速170km/h 速い

kd25t.jpg
空調発電車を連結する
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク