FC2ブログ

T164/165次 上海→拉薩~第三日 可可西里平原と乗警給仕の食堂車

崑崙山脈を越えた我T165次は、「可可西里」という天上の大平原に入った。見渡す限りの野原、と言っても標高4,500m前後の凍土地帯であり、己の国が引き起こす地球温暖化によって走る線路の路盤が既に危険にさらされているのではないか、という一帯である。ここは中国の一大自然保護区となっており、窓から見えるヤクの群れやガゼルの群れは、この路線の一つも見所だ。案内書「天空列車」ではさらっと流しているが、香港の出版社が出している「青蔵鉄路」には、この動物達を密猟から守ろうとして命を落とした人物の話が詳しく書いてある。不凍泉駅は標高4,611m。ところどころ見える川は凍っているのだが、多分凍らない泉がこの辺りにあるのだろう。ここから自然保護区を守るために造られた橋である「清水河特大橋」。長さ11.7km。この橋の下をガゼルやヤクが自由に通りに抜けできるとのことだが、生態系を維持し自然を保護する為に最も良いことは、この線路を造らないことだった。
 最初は動物の群れを見て歓声をあげ、バシャバシャ写真を撮っていた中国人旅行客もすぐに飽きたのか、コンパートメントに篭って寝てしまっている。
 11時半すぎ、風火山隧道。ここは世界で最も高い所にあるところで、標高4,905m。おっと、僅かに5,000mに届かないか。

 昼食を食べに食堂車へ。何処かの華巣がトイレの窓を開けっぱなしにしていたお陰で、公称「平地の8割」の空気が薄くなっている。頭痛が出てきた。

 食堂車では、乗警や列車員が集まってテレビを見ている。ジャッキーチェンのビデオらしい。煙草をスパスパやっている華畜集団で人間でいる資格が無い。この列車は中国自慢の観光列車で、最高の乗務員で編成されているんでは無かったのか。食堂車の服務員は昼寝中。注文取り、料理の給仕は乗警がやってくれた。警察官に食事を給仕されるなんてありえねぇ。
この食事の途中で沱沱河に到達した。

疲れたので今夜はここまで....すみません。散々前置きをした割に、河の話までたどりつきませんでした。

可可西里の青蔵公路を走るトラック
可可西里の青蔵公路を走るトラック

可可西里の動物の群れと崑崙山脈
可可西里の動物の群れと崑崙山脈

地上最高地点での食事
地上最高地点での食事
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク