FC2ブログ

走れ趙行徳!いざ西夏の都へ~北京西→銀川 K177次列車

 銀川と聞いてピンと来る方は少ないかもしれないですが、興慶と聞けば、ああと思う方は多いのではないでしょうか。興慶は西夏の都、井上靖の名作「敦煌」で主人公趙行徳が先ず目指す都市です。

 趙行徳の時代は宋。都は東京開封府です。科挙の試験の為に上京してきた趙行徳が、ふとした事から摩訶不思議の文字である西夏文字に魅せられ、当時宋の西方に勢力を拡大してきた西夏に乗り込むところから、「敦煌」は盛り上がっていきます。
 敦煌は中国の超一級の観光地であり、シルクロードを目指す観光客(特に長期旅行者)は、大抵西安を経て敦煌を目指します。日本でも紹介される事も多く、ここで話すのは今更ながらといったところですが、この敦煌が日本人にとって興味深い観光地となった一つのきっかけは、この小説ではないでしょうか。
 しかし、どういう訳か興慶の末となる銀川が訪問先として紹介される事はまずありません。日本のみならず、中国に於いてでさえも銀川は地方の小都市扱いで、観光先として注目されている街でもありません。その理由の一つとして、西夏がモンゴルのチンギス=ハーンによって徹底的に打ちのめされ、以降衰退してしまい、今では遺跡と呼べるものが殆ど無いこと。そして、主要な中国の観光ルートから外れており、この街に訪れようとしたら、「寄ってみるか」ではなくわざわざ「行こう」と思わないと行かれない場所にある事です。
 私も今まで行く機会が無かったのですが、来週四連休が取れたので、かねてより興味が有りながらもきっかけが無かった銀川に訪れてみようと計画しています。

 銀川は寧夏回族自治区の区都であり立派な行政の中心なのですが、情報を集めてみると中国のド田舎都市で街の規模も非常に小さいようです。列車の発着本数もチベットの拉薩と海南島の海口という特殊な都市を除いては、省会・区都・直轄市の中で中国最少の14本。調べれば調べるほど情報が少ない事が判るだけで、これは久しぶりに出たとこ勝負か、と思っています。勿論旅のメインは西夏の遺構です。郊外に西夏の王陵があり、これがまた奇妙な墓なのでこちらを見ることと、回族自治区、つまりイスラム教を信奉する回族が(名目上)メインの地域なのでそちら系の建物が少なからずあるようで、久しぶりにイスラム世界に多少ではあるけれど浸ってみようかといったところです。

 北京(北京西駅)より銀川まではK177次という列車で、河北、山西、内蒙古を経る京包・包蘭線1,300km強の旅路となります。趙行徳を追いかけるのなら、開封を通る上海発銀川行がいいのかもしれませんが、銀川着の時間が悪いので、北京発を利用してみます。また、北京の滞在も飽きたので、初日は天津で宿泊します。天津では狗不理の饅頭を賞味するのも楽しみです。

 中国の行政区域は23省、5自治区、4直轄市、2特別行政区から成りますが、この内で訪れていないのは今回の寧夏と華南の福建だけとなりました。寧夏は今回訪問を果たすので残るは福建のみ。
果たして今回はどのような旅になるでしょうか。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク