スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車の手配が面倒くさい

 9月の半ばの夏休みに友人Mさんと共に、北京と厦門(アモイ)を周ることになっている。Mさんと行く時は、大抵飛行機が彼で私が現地手配を行うのが暗黙の了解となっており、今回もホテルは早々に押えた。あとは北京西から厦門への列車だ。一応前もって押えるつもりではいたのだが、ここに来てどうしようかと思案している。理由は単に面倒くさくなってきたからで、北京に着いてから買いに行っても良かろうという気になってきた。Mさんは10何年振りかの北京ということだが、久し振りの来京で到着して最初に行く場所が北京駅とは哀れな話だ。同行が親とか旅に不慣れな者であるならば軟臥を使わなければいけないから予め現地に手配をしてもらうのだけれど、多少なりともバックパッカーをやっていたMさんなら硬臥でも良いだろうと勝手に思ってきた訳で、あれこれ考えるのが面倒になってきた。
 北京から福建省へは直通列車が4本あるが、その内今度の旅行に使えるのは2本。厦門直通快速(急行に相当)と省会福州への直達特快。直達であれば、福州からバスで到達できるし、何より福州まで2000kmと少しを突っ走って途中停車駅が2つというとんでもない列車なので、等級さえ選ばなければ寝台の心配は無く、こちらを考慮に入れれば必ず日程通りには旅行が出来るという算段だ。

 とまあ理由を並べてみたけれど、無精者発揮で本当に面倒になってきただけなのだが。
スポンサーサイト

遥か彼方の雲ノ平

 雲ノ平というところがある。
 黒部峡谷の源流に近い、北アルプスの奥の奥にある高原である。凡そ日本で一般の人が足を踏みいれられる地域の中でも有数の不便な場所にあると言って差し支えない。
 学生時代から社会人の初めにかけて少しだけ登山をかじっていた時があった。最初に向かったのは、お決まりのように上高地~涸沢~奥穂高である。一度目の奥穂高行は涸沢小屋まで登ったのだが、悪天候で上高地へ引き返した。2度目のチャレンジで奥穂高まで辿りつき、岳沢から上高地へ降りてきた。その後、父と共に中房温泉~燕岳~表銀座~槍ヶ岳~新穂高温泉と縦走したが、この時は4泊5日もかかった。社会人になって最初の頃、まだ体力があったので、黒部源流となる雲ノ平~三俣蓮華岳~双六岳~新穂高温泉のルートをとろうと計画をたてたのだが、この時も出発間近になって天気にたたられた為、断念した。以降この地に辿りついていない。
 雲ノ平は標高2,500m程のところにある高原である。どのような所かは、興味がおありならネット検索していただきたいのだが、調べれば調べるほど素晴らしい所であるとしか言い様が無い。勿論車ですっと行かれる訳ではなく、富山駅を早朝に出て折立経由でどんなに急いでも2日かかる。折立まではバスが行っているが、そこから山道を2日の勘定だ。富山早朝発ということは、大阪を「きたぐに」で出て未明に富山で降りなければならない。つまり日付上雲ノ平に辿りつく為には3日必要となる訳で、往復すれば最低でも4泊5日(内夜行1泊)の旅行になる。5日あれば海外へが癖になってしまったので、これでは山行など出来る訳がなく、そうこうしている内に体力が無くなるという情けない事態になってきた。

 こないだの週末、これも10年振りくらいに立山黒部アルペンルートを訪れた。大町温泉に宿を取ったが、朝起きたらざんざん降りの雨で死にたくなった。が、神がかり的な運を発揮し、扇沢で雨がやみ、トロリーバスを抜けた黒部ダムで晴れ。大観峰では雲にやられたが、立山をくぐり抜けて室堂でも晴れ。黒部平では後立山を楽しみ、室堂では立山の山並みに圧倒された。帰り、美女平まで降りてきたら雨だった。何てことは無い。雨雲の上にいたのである。

 久々に山を味わって昔を思い出した。久し振りに山行を計画してみるのも良いかと思う。勿論狙うは雲ノ平だ。

五輪表彰式と君が代

 こんな事を書くとまた国賊とか非国民とか言ってくるヤツがいるからアホらしくなるんだが、オリンピックを見ていて「やっぱりな」と思うのだから仕方がない。

 日本は国歌を新しくした方がいいんじゃないか。

 何故か?

 一言で言うが「暗い」んだよね。

 国歌の意義はお祭りで盛り上がる為ではないのは勿論だ。オリンピックやワールドカップの表彰台の為にある訳では無し。
 しかし国歌の意義の一つが、国(民)を統合する歌として奮い立たせる歌として在るべきものならば、もっと明るい力強い曲にするべきだ。
 「君」が何を意味するかとかその歴史的な複雑さとかで、いまだに歌う歌わないで揉めるのは不幸だ。歌いたいという気分にならない歌を強制するのが国歌の指導か?拒否反応がおおっぴらに語られる時点で、国歌としては失格じゃないか。お前らこれが国歌なんだから歌え、とか、よく判らないけど国歌だから歌っとくわ、とかで歌っているのなら、国歌の崇高さも意義もその時点で失ってしまっていることを証明するだけじゃないか。
 
 千代の歴史や国を背負っている歌だとかいうが、国や歴史を背負うというのはアメリカとかイギリスとかロシアとか中国とかの国歌の事を言うのだと思う。アメリカ国歌などアメリカ人じゃなくたって聴けばアメリカの国歌だと誰でも判るし、いかにもアメリカ的な力強いメロディだ。ロシアの国歌だって、元はといえばソ連邦歌のメロディを持ってきている。新生ロシア誕生の時にエリツィンが新しい国歌を定めたんだけど、誰も覚えなくて結局ソ連の曲を流用した。大体その成り立ちからしてスターリン時代に「インターナショナル」に代えて作られたメロディだから、そもそもが国威発揚を目的としているわけで、判りやすくそれでいて力強い。教える方も意味とか意義を教えやすいと思う。
 一般の日本人で君が代の意義とか意味とか歴史とかを説明できる人がどれだけいるか?特に君が代は日本の国歌だ、と声高に叫んでいるお偉方、あいつらがどれだけきっちり教えてくれるんだか聞いてみたいものだよ。おっと、「日本人の感性と心を歌ったものです」なんてもっともらしい嘘っぱちを語って欲しくないぜ。

 ま、オリンピックの晴れ舞台に、短調で終わる曲が流れるのは盛り上がるもんじゃないね。改めて今回の表彰式を見ていて思いましたが何か。

I氏

 この4月に東京から異動してきた人と話ていると、実は私と地元が同じであったことが判明した。それだけではない。私と同じ高校、同じ学年、3年生の時には隣のクラスであったのだ。彼は関東入社で私は関西入社。全く面識は無かったのだが、遠く離れた地で何とも不思議なこともあるもんだと、お互いカラカラと高笑いした。「文集を見たら出てんだよね」と、何とも恐ろしいことを言いやがる。今までは年も知らなかったので敬語を使っていたが、馬鹿馬鹿しくなった。当然お互いに知っている人間もいることで、仕事中に盛り上がっていたが、その後の部下たちの目が冷たいこと冷たいこと。
 関西に来て15年以上になるが、何とも嬉しい出来事だ。

やっぱり夏の甲子園

 昨年でしたか。当ブログで野球礼賛記事を書いたらサッカーファンの方から軽蔑のコメントをいただいたのは。まあそれは好みの問題なので宜しいんですが、年改めて多くの日本人にとって野球は特別なものである、との意をますます強くしているところです。
 もう一度書きますが、この国では国民的スポーツとしてサッカーは野球に勝てる日は来ないか、来たとしてもとてつもなく長い時間が必要であることでしょう。

 夏の甲子園とは、これもまた去年も書いたことなのですけれど、単に部活の全国大会であるだけでなく、郷里を意識する日本最大のイベントではないか、と思っております。少し前までは京都の高校駅伝もかなあ、なんて思っていたのですけれど、やっぱりレベルが違いますね。

 本日(7日)たまたま休みであったので、高校野球観戦に行ってきました。運よく地元の地区代表である横浜高校の試合が組まれていたので、勇んで甲子園に出向いてきました。今年の神奈川は北と南に分かれておりますが、東京や北海道のように毎年南北とか東西とかに分かれている訳ではないので、分割という意識は無く神奈川代表であれば、どちらも肩入れをします。先日慶応が勝ったのはめでたいのですが、私の地元は南神奈川に組み込まれているので、今日の横浜の試合は将に地元地区代表の試合でもあります。
 県大会レベルですと横浜高校にだけは出て欲しくないと思うのですが、甲子園だと今年こそは優勝してくれと思うから不思議なものです。前に優勝したのは松阪大輔がいた時ですから、そろそろとも思います。タレントの柳沢慎吾は小田原の人ですが、横浜高校のファンで「神奈川の人間は横浜高校の校歌のメロディを口ずさめるんです」なんてテレビで言っておりました。そんな訳ないだろと思いましたが、やっぱり私も口ずさめる訳で、これについては知らずに覚えてしまっているようです。自分の高校以外で校歌のメロディが出てくるのは、あとは横浜商業くらいでしょうか。いわゆる「Y校」というところです。何故かというと子供の頃の神奈川代表と言えばY校が多かった(ような記憶がある)ので、子供の頃によく聞く機会が多かったからだと思います。神奈川代表といえば私立高校ですが、Y校は市立です。最近甲子園には出られなくなりました。

 で、今日の横浜高校の試合開始は晩6時。久しぶりにナイターの高校野球を見ました。

 やっぱり野球はいいですね。来ている人たちが男女を問わず子供から老人まで。やっぱり性差年齢を問わず全世代が楽しめるスポーツなんです。みんなが盛り上がってました。

Google マップ ストリートビュー

 色々物議をかもし出している「Google マップ ストリートビュー」ですが、私の住居もカバーしていたので見てみました...これが便利な機能なのかどうなのかは意見が出てくるんでしょうけども、実際に自分のアパートが出てくるのを見るとあまりいい気持ちはしませんね。住所検索をされて、こんなところに住んでいるのか、と一発で判ってしまいますから。まあ私自身は見られて大したところに住んでいる訳ではないんですけれど、知られて嫌な人とか多そうですし。
 これからはおちおち住所も書けませんね。それが嫌なら絶対にカバーされないような山の中に引っ越しましょう。

室生寺避暑行

 こう暑いと家にいること自体が頭にくる。クーラーつければいいのだが、昼間から電気代を無駄に費やすのも馬鹿馬鹿しい。考えてみると、クーラーの効いているオフィスにいられるだけ、仕事をしているほうがマシか。クーラー代を会社が払ってくれるし。
 休みの日はこうもいかない。かと言って暑い家にいる訳にもいかぬ。晴れている休みにわざわざ建物の中に行くのももったいない。
 何処か涼しいところはないものか。ということで、昨日奈良の室生に行ってきた。
 大阪上本町から近鉄電車で1時間。更にバスで15分で室生寺に着いた。山の中の寺というのは暑いことは暑いがコンクリートの照り返しが無く、また木々が鬱蒼としているので、日陰を歩けるのが有難い。有名な国宝五重塔を過ぎ、奥の院まで登ると風が吹き抜けで気持ちよかった。ひんやりという程では無いけれど、爽やかな風が吹きさらしなのは体に宜しく、マイナスイオン全開で、これでもかという位の汗だらだらの日帰り旅行だったものの、気分よく帰ってきた。

 改めて奈良の地図を眺めていたが、結構日本離れした自然の見所が多いんですよね。近々曽爾高原と大台ヶ原を攻める予定です。

ミーシャって知ってますか?歌手じゃないです。

 北京五輪まであと一週間というのに、相変わらずマスコミのネガティブキャンペーンが激しい。ま、実際爆弾騒動とかデモとか起きてるのは事実だけど、起こってるのは陝西とか広東とか雲南とか新彊とかばっかりじゃないか。言ってみれば、東京五輪が行われるとして鹿児島や札幌や、距離だけで言ったら台北や上海あたりで直前に起きている暴動やら何やらを大々的に報道して、「オリンピック大丈夫でしょうかね」なんて言ってるようなものだよ。北京の水不足がどうとか大気汚染がどうとか、それがどうした。前から判っていることだろうに、そんなにギャーギャー言うならオリンピックの取材になんか行くな。あの国の一般論からすれば、そんなの問題の内に入らないよ。上海で精神病患者が強制的に病院に入院させられた→人権侵害では?だって。もうごちそう様だ。
 ま、こうしていつまでたっても報道されるのを見てると、「五輪の裏に隠された不安を暴きます」という理由付けの報道ではないな。
誰かはっきり言って欲しいよ。

「我々は単に中国が嫌いなだけです」

 どうしてこの一言が言えないんだ?

 私にとって最も古いオリンピックの記憶はモスクワ五輪である。といっても競技大会ではない。その頃私が持っていた下敷きが「ミーシャ」の下敷きだったのだ。これは何故かよく覚えている。ミーシャとはモスクワ五輪のマスコットキャラである熊だ。もっとも日本はソ連のアフガン侵攻に抗議したアメリカの巻き添えをくってオリンピックをボイコットしているのだが、何故かミーシャの下敷きが手元にあってよく使っていた。その次のロサンゼルスのキャラは鳥じゃなかったか?その後のソウル以降前回のアテネまでは記憶が飛んでいる。

 で、一昨年にモスクワ行った時に泊まったホテル。イズマイロボというホテルなのだが、これがモスクワ五輪の選手村跡をホテルにした所。アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ、ベガと分かれていて全部で何千室かある。ホテルがバカ高いモスクワにあって比較的リーズナブルで、部屋は無限にあり、目の前の駅から地下鉄一本15分ほどで赤の広場まで行かれるというそこそこ便利なこともあって、一般的外国人旅行客の御用達だ。
 記憶の中のかわいいミーシャとは全く無縁の極普通のホテルで雰囲気も何もありゃしないが。

 モスクワ五輪の時もネガティブキャンペーンが行われたのかしら。冷戦真っ最中の社会主義強権大国によるアフガン侵攻でつっこみどころ満載だっただろうに。

 個人的にはオリンピックの盛り上がりに興味を感じません。アメリカの得意な競技でアメリカに勝つという夢を見させてくれればそれで良いです。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。