FC2ブログ

ダーランの夜景

 10年と少し前、シンガポール航空のシンガポール~イスタンブール線はダーランという街を経由していた。ダーランはサウジアラビアの都市。石油産業の街である。
 アジアから中東に向かう便はとんでもない時間に中東地域の街に到達する。それが欧州行の経由地として到達するのなら、出発地と目的地の時間帯をそれなりのものにするため、地理的に未明到達になるのも致し方が無いのだが、中東発着の特にアジア線なども何故か深夜とか早朝に到着、出発することが多い。今日本からドバイとドーハに直行便が飛んでいるけれども、現地着は早朝、現地発も未明で、夜景を見ながらその街を入ったり出たりする。シンガポール航空のダーラン到着も未明であった。
 砂漠の街の夜景とは、何処までも続く街灯の風景だ。道路が一直線に伸びるので、街灯も直線に伸びる。畢竟、その景色は幾何学模様を描くことになり、昼間の砂の風景と異なり夜景は思いの外美しい。特にダーランは石油関連で豊かな街であるので、インフラが整備されていたのだろう。オレンジ色の光の美しい模様を造りだしてくれたのである。
 サウジアラビアは普通の観光旅行では入国するのが困難なので、中東関連の仕事につくかイスラム教徒にでもならなければ、まず訪れるアテが無い。
 ダーラン空港は今ではサウジアラビア空軍基地となってしまい、近隣の街のダンマンがその門戸に代わった。

 ロマノフ作戦の発動まであと10日です。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク