スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊就館

 とにかく、太平洋戦争に於いて日本が敗北したのは事実なのですが、そのことをそもそも認めることが出来ない人が多いようです。今、小林某や田母神某を中心とする「愛国派」が盛んに支那事変~太平洋戦争について、非侵略戦争論を声高に語られております。まあこの手の話は勿論今に始まったことでは無いのですが、朝鮮脅威論と結びつけて自論を全て正しいとする風潮には首をかしげだくなります。「自存自衛」と語れば、他国に軍を進めることが出来るのかと言えば本来はそうでは無い筈なのですが、蘭印の石油を中心とする資源の確保とそれに伴う日本との通商路の確保=アジア全域を勢力下に置こうとした事実は、共に語られた大東亜共栄圏という言葉でそもそも日本を盟主に他国と結びつきを強める=欧米勢力の駆逐が、あくまで日本の為だけに必要とされた理屈だということを証明することに他なりません。これが上手いこと外交がいっている時代ならば、何も軍事力に頼らなくてもいい訳ですけれど、ハルノートに代表されるような対日強硬派に包囲されていた時分であれば、米、英、仏、蘭の列強に支配されていた資源地域の確保に軍事力を以て行うことは(列強の要求をのむという当時としては困難な状況に於いては)、必然でありました。
 ただ、この資源確保の為の軍事進出に「欧米列強からの東亜の解放」という大義名分をつけてしまう(何かを行う時には名分が必要なものです)ことで、今もって戦争そのものを肯定したがる人々を勢いづけます。「自衛の為の戦争」が「大東亜共栄圏」に、理屈があまり上手くない程度に巧妙にすり替えられている。「自衛の為」と言えば日本のことしか考えていないのですが、「東亜」と言えば他国の為でもあるからです。
 もう一度言いますが、下の兵隊個人レベルではまだしも、上の指導部は東亜の共栄など考えておりませんし、41年12月以降は日本が勝つ=日本の自存自衛の為「だけ」に戦争を行っています。で、「自衛の為」でありますから、端目から侵略と思われても、当事者には「侵略」という意図が無いのも(まあ何処まで自己を正当化しようとしていたかは別として)、うなずけます。そこを以て現代の「愛国派」の方々は「自衛の為の戦争だった」と言う訳ですから、彼らが侵略戦争と認識しないのも当然です。けれど、科学の立場からみればあくまで両方の考えを吟味し客観的に結論を導かなくてはいけませんので、畢竟小林某や田母神某は一方からしか物事が見えていない。こんな訳で私は「愛国派」の方々が言う「自虐史観」に全面的に同意する訳ではありませんが、「自由主義史観」には絶対に組みする者でもありません。

 さて、どうしてこんな事を書いているのかと言いますと、今日靖国神社の付属施設「遊就館」に行ってきたからです。靖国神社については前にも書いたので繰り返しませんけれど、遊就館とはその立場をもとに「大東亜戦争」について延々と説明している「資料館」です。如何に日本の為に多くの人が崇高な心で身を捧げたか、について展示案内がされていました。私もその精神自体を全否定することはしませんけれど、今一つ心に響いてこないのは、どんなに戦争が悲惨なものかというのがこれっぽっちも案内されていないからです。戦争資料館ではないということでしょうか。戊辰戦役~日清戦争くらいまではまがりなりにも何が起こってどうのというような客観的な表現があるのですが、日露戦争あたりからおかしくなってきました。乃木将軍のステッセルに対する態度が武士道に沿ったものだったなどと案内されてから、どうも精神論についての展示が多くなったような気がします。
 もっともその立場上、博物館に求められる客観性など期待していなかったのですが、特攻隊のあたりから「自衛の為の戦争」も何処かにいってしまって「殉国忠勇」を叫ぶだけの展示になってしまいました。ここには絶対に上原良司の遺書など展示案内されることなど無いでしょう。
 特攻隊だって、本来ならそれを引き起こした無謀さとその悲劇について語られなくてはいけないと思うのですが、「忠義」の面からしか説明がないので全く心に響きません。知覧の特攻記念館の方が見るべきものがあったように思います。
 国の為に死ぬとか死んだ、とかいうのはそもそも大した思想だとは思えません。戦死した人もそうでない人も、個人の本音の部分では、国とか天皇とかでは無く、別の思いがあったと思うのですがね。
 ましてや侵略戦争では死んだ者が浮かばれない、という情の話をしていては、人情としては理解できますけれど、太平洋戦争とは何であったかということに対して永久に答えを導くことは出来ないと思います。
 違いますでしょうか?

 遊就館ですが、訪れている人の多くが若い女性であったのが印象的でした。もっと年配の人が多いのかと思っていましたが、新宿や池袋あたりにいそうな女性が結構来ていました。カップルでも真剣に見ていたのは女性の方でしたから。

 今日の九段は恐ろしく暑かった。今年も8月がやってきますね。15日の靖国神社がどのようなものか見に行きたいとも思っていたのですが、結局年中行事の五山の送り火を見に京都へ向かうことになりました。

(※文中敬称略)
スポンサーサイト

マンションから東京タワーが見えた

先ほど、マンションの非常階段から隅田川の花火を見ていて目を別の方角に向けると、東京タワーが見えた。私の家からほぼ丁度東側が上野で、その向こうに浅草あたりでやっているであろう花火が見える。で、南の方に六本木ヒルズと(方角的に)そのそばにタワーを目にすることが出来た。今まで階段を登ることなどなかったから気付かなかったのだが、何となく気分が良い。やっぱり東京タワーは東京の象徴だなと思う。私のような田舎出にとっては。

 ちなみに、部屋からも花火が見えました。上野方面~サンシャイン60までは邪魔する高層ビルもなく、綺麗な夜景です。

久しぶりに東京フラフラ

 ずっと更新していなかったものの、活動をサボッていた訳ではなく、むしろ動き回っていたくらいだ。
 
 先週、相方が実家を訪れた。面倒で来るとも言っていなかった、というか、この一年程は相方の話などしていなかったので、親は別れたくらいには思っていたかもしれぬ。どっこい、普段から「どないしてウチの人生に責任取るん?」と言っているような女性なので、私が逃げ切れる筈もない。親と会うのは多分二年ぶりくらいだと思う。神戸の土産だけ置いていった。

 今日の昼は予定が急きょ空いたので、久しぶりに都内バス旅行をしていた。都電で王子駅。そこから王45系統。このバス、隅田川と荒川に挟まれた土手上を快走する路線で、天気にも恵まれ、荒川沿いの抜けるような景色が気持ちいい。首都高速のジャンクションもこのような景色の中であれば存外に綺麗なものだ。

 もう一本。本屋にでも行こうと思い、東京駅へ。新宿や池袋のジュンク堂や神田駿河台辺りが私の本屋なのだが、気分を変えて丸善に足を伸ばしてみる。東京駅の丸の内口は土日ともなれば閑散とした雰囲気があるが、丸善が入っているオアゾだけは、そこそこ人が入っていた。まあ殆ど丸善の客だけど。で、丸善からの帰り、そのまま山手線や丸の内線はつまらないので、バスで出ることにする。東43系統。このバス、東京駅から駿河台、東大赤門を経由して田端駅の方へ行く。山手線の内側で東京駅を北へ向かう唯一のバスだ。まあなんてことのない都市バスなのだけれど、先ほど乗った王45系統と荒川付近で交差するので、都バスの中ではかなり遠くまで行く。で、田端駅で降り、山手線で帰ってきました。

 今日は隅田川の花火大会。わざわざ下町まで出なくても、私のマンションの非常階段から見えます。会社のビルもついでに見えて嫌な気分にもなりますが。

王45系統:王子駅~北千住駅
東43系統:東京駅~荒川土手・江北駅
どちらも一時間に一~二本。結構お客さん乗ってたんですけどね。

K3次に引き寄せられた旅行者

 先日あるネットコミュニティで、私のサイトをご覧いただいたのがきっかけで、北京からモスクワまで鉄道で行ったという記事を見ました。2006年に私が乗車したのと同じ列車です。簡単に行かれるような地域の案内では無いのですが、その方の経験の一助に自分自身がなったのかと思うととても嬉しいですね。
 私が訪れた時とは一部走行区間が変わってもいますが、走行時間6日の長旅に惹きつけられた方が他にもいるかと思うと、そのきっかけの一つと私の旅がなったのかと思うと感慨深いものがあります。

詳しい旅行記をブログにあげられていますので、是非ご覧ください。
西方快車

私はエミレーツ航空

 明日、関西に行きます。おっと、正確には今日ですね。
 普段なら新幹線を使うのですが、今回は飛行機です。

 全日空と日本航空。基本的に同料金ですが、団体券を使うのでなければ、なるべくJALを使うようにしています。理由はマイレージ。おっと、JALマイレージバンクではありません。エミレーツ航空の「スカイワーズ」です。何でエミレーツかと言うと、単純に乗る機会が多かったから。毎年乗っている時もありましたからね。ドバイだけという訳にはいかず、その先も必ず区間がついてくる=長距離確定なので、持っていて損は無かろうと思ったのです。エミレーツは日本航空のマイルが加算されるので、結局国内線もなるべくJALということに。

 数年来、旅行に行くとなれば中国か中東・ヨーロッパだったので、これで良かったのですが、アジアとか行くのならアジアマイルズ(キャセイパシフィック航空)なんかあってもいいかも。以前私も持っていたのですが、香港ならまだしもヨーロッパ行に一回使った時、香港~ヨーロッパが余りに長くて二度と乗るまいと思ったので、もうカードも何処かに行ってしまいました。アジア系では何気に大韓航空の「スカイパス」も使っています。

でも

東京からはエミレーツは飛んでいない。羽田から関空乗継。これって仕事のあとそのまま旅行へ、というフライト時間では無いんですよ。大阪で働いていた時はそれが可能だったのに。エミレーツの関空線は関空発着のエアラインの中でもいつも搭乗率がいいイメージがあるのですが、それは関西の搭乗客だけでなく、接続するように千歳や羽田と提携便を飛ばしているので、そちらの乗客も連れてくるからです。この辺り、非常に賢い。でもいつか成田に乗りこんでくる事を期待して、地道にマイルを稼いでいきます。

 で、明日の国内線ですけれど、クラスJです。全日空と違ってプラス1,000円でプチ上級クラスを使えるのも、私にとってはポイント高いです。小さなシアワセですけど。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。