スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅海で学んだこと

 エジプト旅行での話だ。

 アスワンで偶然に会った大学の友人Oとルクソールで再会し、昼は王家の谷やカルナック神殿、夜は土産物屋を散々に荒らしまわった後、彼と一緒にそのままハルガダへ向かった。バスで沙漠を横切ること数時間、紅海に面したハルガダの街へ到着した。
 日本人にとってはハルガダと言っても馴染みが無いが、ヨーロッパ人にとってはシナイ半島シャルムエルシェイクと共にエジプトのリゾートとしてよく知られている。季節は三月だが、日差しの照り返しが強く、泳ぐのには申し分無い。この位の暑さなら当然半袖で過ごしたい所なのだが、海辺と言っても街は沙漠の延長にある為、肌を出していては体の水分が抜き取られて非常に危険だ。こんなであるから、この街で海に入るのに期待感を持ってたどり着いた。
 Oはこの街でダイビングのライセンスを取るという。まずは日本人の集まる宿として有名なパッカー宿にチェックインした。ここでダイビングの講習を申し込めるとのこともあった。が、結局この宿は一泊だけして別の宿に移った。ここで幅を利かしていた日本人男性がどうにも頭にきたからである。私はライセンスを取る予定は無かったが、Oがまずその男性とのやり取りに頭に来てしまった。ここに泊まるのなら俺の言う事を聞け位の態度だったので、私も、またその場にいた日本人数名もさすがに腹に立ってしまい、連れ立って別の宿へ移ったのである。幸いにして次の宿でもダイビング講習の扱いはあり、こちらは親切な人であったらしい(こちらも確か日本人だったかもしれない)。ハルガダに着いて3日目からOと同宿の日本人の人がライセンス講習に参加した。私は取る予定は無いが、かと言ってここまで来て海に入らないのもおかしな話。そもそもここは海の透明度では有名な場所であり、沙漠の旅に疲れたのをリフレッシュする為に来たのだ。私も近くのビーチで海を楽しんだ。

 到着日の宿で腹が立った男性、本当に頭に来たが、彼の言ったことで一つだけ共感したことは、「海も旅するべき一つの世界です」ということ。陸を移動して見どころを見るだけではない。海もまた見るべき「世界」である。

 ビーチリゾートとは無縁できたけれど、旅の途中で、日本人があまり泳がないような所で実は泳いでいたりする。紅海の他にもエーゲ海(トルコ)とかアラビア湾(ドバイ)とか。今回モルディブでも、とてもマイナーな赤道より南の珊瑚礁で泳いできました。
スポンサーサイト

寒い所にMr.Problemあり ~ 一月に極光観賞予定

 今年も長期休暇を検討する時期が来ました。

 何処に行こうかしら?
 
 去年までは11月に行っていたが、今年は思うところがあって1月に取ることにしました。で、どうするって?
 昨年は、氷のペテルブルグ、猛吹雪のミンスク、厳寒のキエフと幽霊列車キエフ発ソフィア行で、寒さに散々にやられました。何せ、前回の冬で最も寒かったのが、この旅行でしたから。日本の2月よりもです。まあ場所が場所だけに仕方が無いんですけど。寒い時期に暖かい場所へ旅行しないことで色々とご指導もいただきました。私自身もさすがに「寒い所はもうええわ」と思いましたよ。

 で、今年、検討した結果、

 オーロラを見に、北欧に行きます。

 ここまで来るとMですね。寒さフェチと言われても仕方がないです。2007年11月はチベット、2006年11月がシベリア横断でした。おととしのチベットは氷点下を少し切ったくらいでした(氷点下10℃まではいってなかったと思う)けど、シベリアも去年も余裕で氷点下10~20℃の世界でしたから。

 一応、ペテルブルグから入ってフィンランドを走り抜け、オーロラとサンタクロース村を見て船でバルト海を渡り、エストニアのタリンを目指すつもりです。どうやらパスポートに4枚目のロシアビザが貼られることになりそうです。

 いつもなら自分で検討するのですけれど、今回の旅行は後輩のアカリちゃん(彼女の少しヘビーな人生については前に書きました)がプランニングをします。元々ヨーロッパの旅行手配にも従事していた彼女にこの話をしたら、「それは私に計画させなきゃダメです。私がやります」だと。当人はフィンランドでオーロラを見ておりますので、ここは任せてみようかなと。

 1月の厳寒期に北極圏へGO!です。

 とその前に、

 遅ればせながらの夏季休暇。今晩は日比谷の帝国ホテル泊。明日、モルディブへ向かいます。今までになくお金のことを考えずに旅行するつもりです。超一級のリゾートでケチケチしてもつまらないですから。

小田原城址公園のウメ子

 小田原城址公園の動物園。子供の頃からよく行きました。そこのヌシ、象のウメ子が死んだとの新聞記事を読みました。

 この動物園、無料なんです。だから、動物園とはタダで遊べる場所だと思っており、上野とかがお金を取るのが、子供の頃は理解出来ませんでした。今考えると逆なんですけどね。動物だって食べなくてはいけない訳で、タダの方がおかしい。

 この象、当たり前ですけれど子供の頃から見てましたからね。1950年に推定3歳で来園ということですから、私の母よりも年上です。天守閣を見上げる動物園のど真ん中にある象舎。一頭だけですけれど、屋外でいつものそりのそりと歩いておりました。

 象と言えばもう一頭。
 昨年、神戸で近所の王子動物園にいた諏訪子も死にました。推定65歳の大往生。この象もよく見に行きましたね。王子動物園に引っ越してきた時、電車通りを歩いてきたのですけれど、市電の警笛にびっくりし、暴れて警官騒ぎになったという逸話の持ち主。神戸について書かれた何かの本で読みました。とにかくこの象は頭が良かった。餌を与える前に芸をするんですよ。で、ご褒美のエサを上手いこと食べる。

 私は動物園の中でも象が一番好きなのですが、諏訪子もウメ子もいなくなりました。
 
 城址公園の動物園は、ウメ子が死んだら閉園するみたいな話になっていたらしい。自分の知らぬ間に、ライオンもアシカも熊もいなくなっていたようです。
 なるほど、子供の頃に慣れ親しんだ動物園もこれで終わりですかそうですか。飼育環境が悪いとか何とか色々言われた動物園でしたが、それなりに記憶もあるのですよ。

 合掌。

しょこたん

 日本で一番長距離列車が似合う上野駅13番ホームに、8両編成という決して長くはないブルートレインが入ってきた。行き止まり式のこのホームには、尾久の客車区から「推進運転」といって、機関車が編成を押しながら入ってくる。

 私が人生で唯一会った秋田県民であるしょこたんは、大館の出身である。今は東京の表参道のアパレルでOLをやっている。完璧に標準語を操り、本人が口に出さなければ、東京か神奈川の出身だと言っても信じてしまうだろう。東京に来て出会った人間で最もおしゃれで目の覚めるような秋田小町。しょこたんといい、佐々木希といい、秋田には「小町」の言葉通り、何かあるのか、などと馬鹿な事を考えてみてもした。そもそもこの旅行はゴールデンウィークの頃に計画していたのだけれど、しょこたんから十和田湖や奥入瀬の話を聞いて、期待を持って秋田に乗り込むことになった。

 車内のアナウンスが、今日は満席であることを告げている。かつての北のターミナル上野駅も、寝台特急は札幌と金沢、そしてこの羽越線まわりの青森行の計3本のみ。それらとは別に豪華寝台が札幌に行くものの、観光列車の性格を帯びており、移動の手段として生きているのはこの3本のみとなった。他に金沢行の座席急行が夜行として走っている。
 自分の開放B寝台コンパートメントでは私が一番若かった。あとはみな60代前後と思われる人たち。隣のコンパートメントは私と同じくらいの男性4人組であったが、ずうっと喋り通しでうるさくて仕方がない。夜行列車のルールを知らん連中だ。少なくとも彼らが越後湯沢までは寝台灯をつけて話込んでたのはわかっていた。何故なら私もその辺りまで通路の椅子で本を読んでた=起きていたからだ。
 象潟で一度目が覚めたが本格的に起きたのは秋田に到着する寸前だった。朝7時前であったけれど、寝台列車といいながらもここからは立席特急券で普通の座席特急と同じように乗れるとあって、大量に人が乗り込んできた。
 車内に方言が充満した。こちらの言葉は同じ日本語と言えども何を言っているのか分からない。
 私のコンパートメントでは、まず初老のスーツをきっちりと着こなした男性が二ツ井で降りた。この方、余程律儀な人と見えて、シーツや布団を綺麗に畳んで窓側にそろえ、その上にハンガーを丁寧に建てかけた。私は上段であったので通路の椅子に座っていたが、下段のもう一人の男性が「空いた寝台に座りなさい」と席をすすめてくれた。弘前まで行くこの男性は、時代がかったお決まりの話を始めた。いわく集団就職列車で東京に出てきた。親の調子が悪いので弘前に戻る等々。津軽に行くのにはこの列車がなんだかんだ言っても一番便利だ。でもJRも新しい車両を作らないから、その内この列車も無くなるのだろうが、新幹線が青森まで来たとしても、勿論秋田まで来ている今でも、乗り換えもいらず夜東京を出て朝田舎に帰れるのだから、これほど便利な列車は無い...。
 もう一人、私の向かいの上段に寝ていた女性は結局降りてこなかった。昨日の検札で見た感じでは、青森まで行くようだった。

 8時半過ぎに大館で列車を下りた。駅前には何もなく、秋田犬の銅像だけがポツリと鎮座していた。最近、日本の地方都市は何処に行っても寂しく感じられて仕方が無いのだが、しょこたんの印象があるだけに余計に暗くなった。
 かつてこの駅前が繁盛していたのは容易に想像できた。店らしきものはいくつかあった。しかし、朝とは言っても開いている店が、駅の正面に見える今から自分が向かおうとしているレンタカー屋しかない。タクシーが数台、駅前にたむろしているが、長距離列車が到着したこの時間でも乗る人がいなかった。大体駅にだって人などいやしない。駅員と、キオスクの売り場の女性と、地元の人が10人程度。それも高校生くらいの若者だ。待合室も黙りこくっている。音の無い空間で、喋ることを拒否してしまっているようだ。もし似合う音があるとすれば、風が吹きつける音だけだろう。

 表参道のしゃれた雰囲気と、このうら寂しい大館駅前との差は一体何なんだろうか。とても同一人物に関係するところには思えなかった。間違いなくこの駅前に立ったことはある筈だが、どうしてもおしゃれなアパレルOLがこの駅頭に立つような光景は想像することが出来ない。高校を卒業して東京の専門学校に来たということだったが、無理もない。10代の若者をとどめ置けるだけの理由がここにあるのだろうか。唯一あるとすれば故郷の二文字だけ。若者の流出が地方都市の問題になっているけれども、その現実をまざまざと見せつけられた気がした。

 少し暗い気分でレンタカーを借り、十和田湖へ走らせた。

九月十一日徒然

 今日から三連休。
 昼前に大学時代の友人と会い、彼の年末年始旅行の相談に渋谷の旅行会社へ付き合った。イタリアに行くのだと。
 彼と別れたあとは髪でも切ろうと思い、バスで早稲田に出る。前に切ったのは七月末で、自分としては短いサイクルなのだが、どうも以前の店が失敗したように思えたので、先日たまたま見つけたカット屋に入った。出てきた担当が腕のたつ人で、完璧に仕上げてくれたので気分がいい。次もここで決まりだな。
 
 髪切る前に時間つぶしに入った早稲田鶴巻町の喫茶店は、昔ながらの喫茶店だった。一言で言えば薄暗い照明の、あまり綺麗でないレトロなのだが、こちらに来てからはもちろん、神戸でもこの手の喫茶店は多くなかった。神戸は喫茶店というよりカフェの街だし。学生時代、京都にはこのような店があちこちにあったのだけれど、ここ数年でことごとく店を閉めてしまったので、今訪れても見つけるのが難しくなってしまっている。自分も最近はちょっとした時間つぶしなら、チェーン系の店に入るようになってしまったが、今日は久しぶりにこのような店に入って、何もしないゆったりした時間を楽しんだ。

 さて今晩から東北行でしゅ。
 上野発21時15分の夜行列車で大館へ向かいます。十和田湖と弘前を巡って帰ってきます。日本全国全ての都道府県に踏み入れたけど、唯一足を地に着けていないのが秋田県。四月からことあるごとに計画していたのだが、なかなか時間が取れず、ようやく今回行かれることになった。この三連休を利用して出撃します。

夏目坂を経て牛込界隈

 午後遅く、取りあえず食事をしに早稲田へ出た。都電を大塚へ向かうかどうかで迷ったが、食事の後に大塚を出るのは山手線か都バス都02系統しかないので、早稲田に出たあとバスか地下鉄で都内に向かえばいいやと思ったのだ。
 先週とはうって代わり、天気がすこぶる良い。早稲田の電停を降りたあと、大隈講堂の方にてくてく歩いた。この辺りで昼食を取るつもりだったのだが、早大正門のバス停で丁度渋谷行のバスが停車していた。一瞬どうしようか迷ったが、そんなに腹が空いている訳でもなく、バスに乗ってしまった。
 早稲田大学からは高田馬場駅、新宿駅、渋谷駅に路線が伸びている。早稲田と渋谷を結ぶのも奇妙な話だが、途中に国立競技場などがあることを思えば、シーズン中には学生を外苑に運び込む足となるのかもしれぬ。早稲田を出てすぐ、地下鉄早稲田駅のある馬場下町から喜久井町を結ぶ坂、この坂を夏目坂という。早稲田大学の関係者や地元の人でなくてこの両町の名を知っている人がいたら、その人は十中八九、夏目漱石の愛読者であるに違い無い。漱石の実家はこの馬場下町あたりの名主であり、漱石も晩年この辺りに住んでいる。夏目坂というのも漱石どうのというより、ここ辺りを明治の頃に治めていた夏目家から来ている。
 この早稲田通りから四ツ谷の靖国通りまで、概ね牛込と言われる地域は細い通りが多くバス通りでも片側一車線。自分の夜な夜なサイクリングの通り道でもある。典型的な住宅街で、およそ東京とは思えない閑静な地域。同じ都心の住宅街でも不忍通り沿いや文京区から日暮里にかけてとは雰囲気も全く異なり、通りも細い道が主で山手とは本来こういうことを言うのではなかろうかという家が立ち並ぶ。空襲にやられていないこともあり、特に牛込柳町から市ヶ谷にかけては庭付きの大きな家がそこら中にあり、広尾や番町あたりとは違った高級住宅街といったところ。このような大きな家でなくとも、次に住むのならこの辺りでも良いかと思わせるような雰囲気を持っている。
 バスはうねうねと細い道を走ったあと、靖国通りを超えてからは東京らしい都会の道へ。

 本当は千駄ヶ谷駅で降りて外苑を歩こうかとおもったが、そのまま渋谷駅まで走り通してしまった。自分の中では日本で一番おいしいラーメンではないかと思っている博多の「一蘭」が、バス停の近くに店を出しているのを見つけたので、早速入ってみた。ラーメンを集中して食え、とのことでカウンターがひとりひとり仕切られているのだが、そんなに偉そうな接客はしていない。同じ博多の一風堂はたいしてウマくもないのに行列が出来ていい気になっているが、こっちは同じ行列店でも感じは良い。ただ、かつて天神で食べた時の方が美味しく感じたのは気のせいか。

●夏目坂
早81系統(早大正門~渋谷駅)にて馬場下町下車
他、学02系統(高田馬場駅~早大正門)、早77系統(新宿駅~早稲田)など
地下鉄早稲田駅もこちら

モルディブと東京と

 少し遅い夏休み、モルディブ行きが決定しました。

 でもどうしてもエコノミークラスが片道取れませんでした。いや、徐々に空いてきたからギリギリまで待てばいけたかもしれませんが、発券期限が無茶苦茶厳しいチケット(その代わりとんでもなく安い値段)なので仕方がない。ですから帰りのマーレ→成田は

ビジネスクラス

です。

 自腹切ってビジネスに乗るのは初めてです。以前、大学の卒業旅行でロンドンから戻る際、今は無きロンドン→大阪線の英国航空でビジネスに乗ったことがあります。勿論オーバーブックというヤツによるものです。自分でお金を払った訳ではなく、貧乏旅行しかしたことが無かった私には「社会に出るご褒美だ」などと楽天的に思っていた記憶があります。
 まあビジネスクラスと言っても世間で売られている値段の●割しか払っていないので、会社の同僚からは「この値段で行かれるなら最高じゃないですか」と慰められております。お前が出す訳じゃねーだろ!と一瞬思いましたが、考えてみれば世界的にも超一級のリゾート。ホテルはシャングリラの水上ヴィラとなれば、お殿様になるのも悪くないと最近思えてきました。
 
 勿論同行者はこの件に関しては最高に機嫌が良いです。当たり前です。多分彼女の人生で最も「安い」旅行な筈ですから。普通に払えば同内容で50万円以上の旅行が10万円台で行かれるとなれば、色々耐えて●年間コイツとやってきた甲斐があった、くらいのことは思っていると思います。思ってくれなきゃ困ります。
 前日上京してきますが、デカい(と宣言していた)であろう荷物を抱えてウチに来られても困りますので、宿を押さえました。これはまだ本人には言っていません。多分このブログも旅行に行くまでは読まないと思いますので書きますけど、宿泊は

帝国ホテル

です。
勿論じゃらんで見つけた一番安いプランですけど。

 私の持論なのですけれど、たまには自分の住んでいる街でもホテルライフって必要じゃないかと思うんですよ。それもハイクラスと言われるホテルで。気分転換は当然ですけれど、一流のサービスとは何かみたいなの身に付けるのは、豊かな人生を送る上ではとても大事だと思う訳です。で、「一流」足るものを体験出来る場所は、ホテルが最も手っとり早い訳じゃあないですか。食事とかでもいいんですけれど、こちらは値段一流 サービス二流 料理三流というのが結構ありますからね。構えている店でも。ですから、ホテルなら間違いないと思うのです。実際今までも外れたことが無いし。まあ泊まらないまでも、ホテルの喫茶等で1,000円以上もするコーヒを飲めば、サービスを体験できますけどね。けどこの場合も、「自分で金を払」わなくてはダメです。オゴリではダメなんです。ありがたみがありません。自分で身を切ることで自分自身の経験として残るのだと思います。
 関西なら間違いなくリッツカールトンです。東京来ては今回が初めてです。東京は名の通ったホテルが多数ありますが、口コミとかの評判でいくと、どうも帝国ホテルに落ち着くようです。ペニンシュラとかコンラッドとかもいいのですが、同じ超一流なら値段が決定打になりました。そんなに裕福でも無いので。
 

 まあとにもかくにも決まって良かったです。何も知らずに東京に来る同行者は幸せ者です。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。