FC2ブログ

極光旅行

 来年初頭の極光旅行の計画を検討始めました。
 部下がカナダのオーロラ説明会で持ってきた資料を見ると、どうして今まで見に行かずにきたのかが不思議でなりません。
 昨日早速フィンランド航空の席を押さえました。成田を出て同日に、まずはペテルブルグに入る予定ですが、オーロラを見たあと、列車を乗り継いでヘルシンキ→ペテルブルグ→タリン(又はモスクワ→タリン)→ヘルシンキと周っても面白そうです。
 厳冬期に寒い所に行かれるということで、今からわくわくしてきます(うそ)。

 日本では元々オーロラを見ることが出来なかったので(厳密には北海道で、まれに見ることが出来るらしいですが)、オーロラにあたる日本語はありませんでした。で、「Northern lights」を和訳て「極光」としたそうです。この辺の意訳の仕方はとてもうまいですね。素晴らしいです。

 フィンランド内では「サンタクロースエキスプレス」という列車が極北へ向かって連れていってくれます。サンタクロース村も次いでに見てきたい。で、ヘルシンキ⇔ペテルブルグはシベリウス号。勿論列車です。ペテルブルグからタリンに向かうのなら、去年もペテルブルグを出る際に利用したとても趣のあるヴィテプスク駅から、伝統の社会主義色に染まった列車寝台の旅でしょう。「これぞ鉄道」という列車が待っているハズです。

と思って、今ロシアの時刻表サイトを見ていたら、ペテルブルグからタリンへの列車が無い。まあ、これから検討しよう。

 タリン→ヘルシンキは船。風景は灰色としか言いようがない陰鬱な灰色が保障されています。極北はまだしも、フィンランド→ロシア→エストニア→フィンランドは、晴天などハナから期待していませんし、灰色の低い空と体が凍る寒さとひたすら降る雪が待っているのが確定です。勿論こんな時期に訪れる観光客も皆無に近いので、去年のペテルブルグもとても閑散としていました。まあ、吹雪でなければいいです。

 オーロラは冬だから仕方が無いですが、この辺りの美しい景色に感動するのなら、是非初夏辺りに行く方がいいに決まっています。
 
 今日、ワールドカップの欧州予選では、激しくグループの首位を争っているドイツとロシアが、モスクワで激突。ドイツが本拠地に乗り込んで勝ち点を奪えるか。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク