FC2ブログ

乃木坂

 乃木大将の功罪についてはいくらでも詳しいサイトがあるし、語れる程自分も詳しい訳ではないので、そのうんちくを記すのはやめておく。近所に学習院があるので、そこの院長であった乃木大将については、こちらに来てから自然と触れる機会が多くなった。西南戦争で旗を奪われてみたり日露戦争に於ける旅順要塞での苦戦ぶり、日露戦争では結果的に二百三高地を落としたことと敵将ステッセルの降伏が乃木の第三軍に対して行われたこと、そして明治天皇への殉死ということで評価があまり悪くは無い印象だけれども、帝国陸軍の将としてはどちらかといえば凡将としてのイメージが本当だろう。

 久しぶりによく晴れた気がするので、これは外にでなくてはいけない。さて何処に行こうかと地下鉄の路線図を見ていて、そういえば東京ミッドタウンにアップルの店が出来た事を思い出し、六本木に出ることにした。我が家から六本木に出るのは結構不便で、新宿三丁目と霞ヶ関の二カ所で乗り換えなくてはいけない。面倒なので、明治神宮前で乗り換えて乃木坂で降り、そこから歩くことにした。
 乃木坂の一番出口を出た所にあるのが乃木神社だ。丁度七五三のお祝いで着飾った子供たちが多かったことと、丁度結婚式をやっていたこともあって、そちらの見物も兼ねた人が本殿に集まっていた。乃木神社は乃木邸の側に建てられた神社。今でも乃木邸は残っており、建物の中に入る事は出来ないまでも、外からは見る事が出来る。明治の建物はどちらかといえば石造りの洋館が多いけれども、この乃木将軍の家はこじんまりとした木造建築物であった。何でも当時のフランス軍の営舎を似せて建てられたそうで、派手さは一切なく、軍人の家と言えば軍人の家らしい。当時の建物がそのまま残っているので、勿論将軍殉死の部屋というのも残っている。
 東京はふとした所に緑が昔のままに残っていたりするけれども、ここ乃木邸も周りは高いビルが建っているけれども、ここだけは緑が生い茂る静かな空間だ。外苑東通りに面しているがさして交通量も多い訳ではなく、少し南に下った六本木とは全く違った空気が流れている。乃木坂は勿論乃木邸の前にあるからその名前がある。下ると赤坂。赤坂通りは大きな通りではなく、TBSの社屋があるが、総じて落ち着いて雰囲気の場所で嫌いではない。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク