FC2ブログ

言霊~「ことだま」

 例えば文章を書く仕事をしているとして、そこにはどうしても外受けの言葉が出てしまうのは致し方が無いことだろう。当ブログのような私的なものであれば多少言いたい放題も可能であるが、多くの人に見てもらうことを前提として書くのならば、内容は勿論のこと選ぶ言葉も変わってくる。

 言葉の持つ力を日本人は「言霊(ことだま)」といった。
 何か言葉を発するとする。例えば「暑い」と言うとしよう。それを聞いた人は、実際に暑ければ「そうだよね」となるし、そんなことがなければ「別に暑く無い」と思うだろう。そのように受け手によって言葉の受け方は異なってくるが、「暑い」と発して暑さそのもの、またそこから連想させる内容を受け手に思わせるのは、環境の「暑いこと」が思わせるのではなく「暑さ」という言葉の力が受け手に色々な印象を持たせるという、その力のことを「言霊」と呼んだのだ。

 日本人は言葉に対する感覚が非常に繊細なのを上手く言い表した話だと思う。この力は発信者と受け手が同様の言語的感覚を持っていて初めて力を持つので(感受性とは別次元)、むやみやたらの横文字の連発、例えば「アジェンダ」などは受け手にその力が伝わらない。これは一例だけれど、言葉をその武器とする政治家にとっては致命的な用い方だ。

 文章を書く業務をしている場合は、特にこの「言霊」を意識する必要があろうと改めて強く思うのである。
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク