FC2ブログ

会津を出て一路南に向かふ

 会津に足を踏み入れるのは二回目だ。
 前回は3~4年程前、新津から阿賀野川沿いに入ってきて喜多方へ出た。で、会津若松に遊んで郡山へ出て投宿したあと、翌日猪苗代へ引き返して磐梯山を越え、米沢へ出た。
 今回は只見川沿いに会津川口の方から入ってきて会津若松に泊まり、会津田島から鬼怒川へ抜けた。そんなだから、前後二回の訪問で主要な出入口を全て通ったことになる。

 ホテルをチェックアウトした後は飯盛山へ出るつもりだった。前回も訪れているが、白虎隊の墓参りをした後、山の際にある「さざえ堂」という奇妙な建物をもう一度見てみようと思ったのだ。この建物、18世紀の築で、入り口から入って道なりにぐるりと廻ると入った所とは反対の出口から出てくる。一方通行で登り下りをする不思議な建物である。
さざえ堂ホームページ

 で、飯盛山に向かうバスに乗ろうと駅に向かった。何の気なしに駅に入ってみると、丁度会津田島への列車が出るところ。しかもトロッコ列車とか書いてある。他の地域のものから窓が無い開けっ放しの列車なのは想像がついたが、「トロッコ」の他にお座敷と展望の2車両も付いていた。この列車に乗れば割合にゆったりと南へ向かえそうな気がしたので、みどりの窓口で空席を訪ねた。すると「会津鉄道の列車でJRの持ち分は展望とお座敷しかありません。整理券で車両指定の自由席になります」とのこと。トロッコ車に乗りたきゃ車掌から買え、と言う。不思議と会津鉄道の切符売り場がここには無いのだ。車内に席を落ちつけたところで買うのはいいが、もし満席だったらどうするのだと聞いたら、「まあ降ろされることはないでしょうがどうなるんでしょうかねぇ」と要領を得ない。仕方が無いので展望席の整理券を購入してホームに出た。さざえ堂は次に訪れた時にも再訪しよう。

 ホームで待っているとすぐに列車が入ってきた。全てディーゼルカーの三両編成。待合の客を全て合わせてもトロッコ車が満席になるようには思えない。乗車する前に車掌に尋ねたら、「満席にはなりませんから好きな車両に乗ってください」とか言う。冷房の効いた展望車でも良かったのだが、天気は良く晴れているし、走ってれば風も気持ちよいだろうから、せっかくだしトロッコ車にしてみた。
 なるほど、これは気持ちがいい。昨日の列車とは違い、窓なんてものではない。開けっ放しだ。
トロッコ車

 会津鉄道は国鉄時代は会津線と言い、会津滝の原までの盲腸線だったが、滝の原から先、鬼怒川の方まで野岩鉄道という第三セクターの鉄道につながるにあたって、東武鉄道を介して一気に浅草まで結ばれることとなった。こんな開けっ放しの列車が走るくらいだからトンネルなんか無いんだろうと思っていたが、ところがどっこい山を分け入るローカル線でトンネルも存分にあった。後で調べてみたら、会津若松の標高が200mと少し、途中の会津田島が500m程、終点の会津高原尾瀬口(旧会津滝の原)が700m以上だから、500mも登る路線。トンネルも多い訳だが、トロッコ車はこれでもかというくらいのトンネル内での無修正の音の跳ね返りなどでは動じない。まあ、こまかいこと気にするな、うるさかったらお座敷か展望に座れとのことらしい。トロッコ車の埋まりは7割程、お座敷車は老人が1組、展望車にいたっては無人だった。一人でそこにぽつりと座っていたことになってたかと思うと情けない。
 このような列車だから観光列車も兼ねており、沿線の見所らしき所で少し停車するなどの時間を取りながら進んでいく。見所と言っても高い橋の上とかだけど。途中の駅では猫が駅長をやっていたり、日本で唯一らしい萱ぶきの駅舎があったりと、それなりに観光熱心だったが、途中の塔のへつりという景勝地の駅で殆どが降り、それ以降は自分ともう一組の家族連れしか残らない。結局終点会津田島には私とその家族の二組で辿りついたのである。
 ちなみにその家族連れはその先に行く訳でもなく、かと言って会津田島に用あった訳でもなく、折り返しのトロッコ列車で会津若松の方へ下っていった。

 乗継列車まで会津田島で1時間程時間をつぶす。尾瀬の入り口である沼山峠までこの駅からバスが出ている。運賃が2700円ちょっとだった。さすが特殊な場所へ連れていくバスだけあって高いなあと思っていたが、あとで標識を見たら会津田島駅から沼山峠まで70kmくらいあるらしい。バスで2時間近くかかる。道理で結構な運賃を取る訳だ。
 会津田島は南会津の中心地で山合いの町ながらも思った以上の集落である。ここからは線路がつながっている恩恵で、浅草まで電車が一本でつないでおり、次に自分が乗る列車も浅草行区間快速だ。
(続く)
スポンサーサイト



PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク