スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊蹄山

 小樽を出た時はそこそこに混んでいた2両編成のディーゼルカーは、余市でそこそこの人が降り、次いで倶知安で殆どの人が降り、ニセコで私と隣の車両の一人を除いては皆降りてしまった。
 函館本線を名乗るこの区間も、函館から札幌までのメインルートは伊達紋別~東室蘭~苫小牧を経る室蘭本線~千歳線であり、倶知安廻りの山線は日に数本のローカル列車しか走っていない。
 倶知安辺りでは昼間なら羊蹄山が綺麗な山肌を見せているのだろうけれど、秋も深まる今の時期は18時前後と言えども真っ暗。ましてやここは北海道の山の中、東京では昼間のように街が輝いているけれど、同じ時間と言いながらも周囲に灯りなどある訳がない。こんなだから、窓に顔を押しつけると月明かりに羊蹄山が浮かんで見える。遠くから見たことは何度もあるけれど、なるほど、これは綺麗な山に違いない。蝦夷富士と言うだけのことはある。
 地元は旭川だというニセコ在住の年配の女性がニセコあたりの説明をしてくれた。私の知識はせいぜい巨大なスキー場がある、ということくらいだが、最近は中国人が大挙してこの辺りの土地を買い占め、別荘みたいなものをあちこちに建てているらしい。で、冬に訪れてスキーを楽しむのだそうだ。まあ、金の使い方が日本人とは違うからな。そういう事もあるやもしれぬ。

 暗闇を走り続けた列車が終点長万部に着いた。室蘭本線との分岐点なので、そこそこ開いている駅かと思ったが、改札を出て愕然。駅員は既に営業を終了してしまって、無人駅になっていた。全く光の無い駅前にはタクシーが2台ばかし停まっているのみ。飲食店はおろか雑貨屋さえも見当たらない。駅前通りを遠く眺めると、遥か彼方にコンビニが見えたが、乗継列車の待ち時間では行って帰ってこれそうにない。なるほど、これがもう一つの日本の現実というものか。
 20時過ぎ、上野行の寝台列車が入ってきた。乗客は自分ともう一人。乗った開放寝台は下段は埋まっているものの、上段はガラガラだった。
 荷物を置いてすぐ、食堂車のパブタイム営業の案内が流れてきた。21時過ぎからと思っていたがこんなに早いとは、予約ディナーを注文する人が余程少なかったのだろう。勿論すぐに食堂車に向かった。1月に乗った時のように混んではいなく、満席になることも無かった。ハンバーグセットとサッポロクラシックで腹を満たした。
スポンサーサイト

姉妹ブログ「都電紀行」第三十四話をアップしました

 今回のテーマは「荒川の風~都電26系統の風景」です。

 建物が密集した地域に居を置く者にとって景色が広がる空間はとても気分がいいものです。幅広の荒川ではその意を一層強くします。それは関西在住時代の淀川と同じような感覚。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」荒川の風

10本の夜行列車

 何度も書いているけど、ブルートレインと言ってもそんなに感慨がある訳じゃないし、一部鉄道ファンのように乗ってわくわく寝られませんなんてことはなくて、時間が来れば死んだように寝てしまうに決まってるのだ。

 昔むかしの話だが、北海道から帰る時、勿論列車でだけれど、青森から上野に出る列車を「はくつる」にするか「八甲田」にするかで迷ったことがある。前者は寝台特急で後者は座席急行。全く同じルートを通るが疲労度が違う。その当時はまだあったワイド周遊券を使っていたので、急行で帰るには特別料金がかからなかった。9月の半ばだったが、札幌駅で調べたら「はくつる」にはまだ寝台があるという。「八甲田」はハナから自由席なので、多少早めに青森に着けば席にはありつけるだろう。往路北海道に行く時は「八甲田」だったので帰りは秋田廻りの急行「津軽」にしようかと思っていたのだが、座席でしかも上野まで確か13時間くらいかかったので気が萎えてやめた。まあ「八甲田」にしても11時間の行程だったけど。ずっと座りっぱなしで旅行してきたから奮発して特急寝台にしようと決めて取りあえず札幌を出た。函館で出札に向かったのだが、貧乏人の根性と不思議と体力的に元気が残っていて、余計な金を使う必要もないだろと気が変わって、結局「八甲田」で帰ってしまったのだ。
 そのころは「北斗星」が札幌から3本、青森からは前述の「はくつる」、「八甲田」、「津軽」に加えて、常磐線経由の「ゆうづる」が2本、奥羽本線廻りの「あけぼの」、羽越本線廻りの「鳥海」と、夜行だけで10本の選択肢があった。今は北斗星1本と、あけぼのと、「観光列車」カシオペアだけ。寂しい話です。

ストックホルムの密使

 佐々木譲の「エトロフ発緊急電」を読んだ時、なんだかんだ言ってスパイ物とか戦争物とかは、理屈抜きでのめり込んでしまうもんだと思った記憶がある。この手の話の場合、そこに戦争の悲惨さとかを重ね合わせるおかしな方向に行ってしまうので、出来るだけ頭をまっさらにして読まなくちゃいけない。この小説は非常に出来た話で掛け値無しに非常に面白かった。で、当然のように「ベルリン飛行指令」に手を付ける訳だが、これも「エトロフ~」に劣らないくらい一気に読み進んだ。
 このシリーズは三部作なのだが、最後の一つを手に取る前に色々とばたばたしていたのだろう、すっかり読むことを忘れていた。この間の日曜にふと思い出してようやく手に取ったのが三部作の最後である「ストックホルムの密使」。
 はい。今のめり込んでいます。これで週末の夜行列車は退屈しないな。

寝台券

 変な癖で、海外で乗った列車の切符を手元に残している。一部ヨーロッパの列車や強制回収に遭ったパキスタンとかの切符は無いのだが、中国、ロシア、ウクライナとかの共産圏の列車の切符は概ね残っている。こうして見ると我ながらあちこちに行ったなあという感慨と、そう言えば最近は乗っていないなあという感覚。ここで言う列車とは文字通り列車で長距離列車のことだが、日本でも大して遠くに行ってないし、大体500kmを越える列車など殆ど新幹線しか残っていないのだから、そんな感覚になるのも無理は無い。
 そんなんで、引っ越しを目の前にしながらもたまには遠出してみようかという気になり、今週末の札幌発上野行開放寝台の切符を手に入れた。向こうを夕方に出て上野に午前に着くので時間帯も良い。その日の午後、人に会う予定があるのだかそれにも十分間に合う。

 九州行が走っていたら多分迷わずそちらに乗っていただろう。

 北海道は秋が深まっているようだ。

姉妹ブログ「都電紀行」第三十三話をアップしました

 今回のテーマは「アメ横の外国人~都電16系統の風景」です。

 東京に住んでいて外国人観光客を見ない日はありません。東京を代表する商店街であるアメ横にも多くの外国人が訪れるようです、彼らはそこにどんな日本の色を見るのでしょうか?
 是非ご覧ください。

「都電紀行」アメ横の外国人

迷路の街

 東京スカイツリーの展望台あたりが明るくなっていて、まるでタワーが営業しているようだ。勿論工事の明かりなのだが。
 新しい引っ越し先は決まったが、同じ町内。雑司が谷からは出ない。スカイツリ-を景色として見れなくはなるが、東京の古い住宅街にどっぷり浸かる生活になる。とにかく細い道が網の目になっている町内。確か大塚から茗荷谷にかけてもこんな感じだったような。不動産屋の話だと、田端とか上中里とかの「外れ」の方もこんな感じらしい。要は空襲の影響を受けなかったんだろう。区画整理がされずに古い住宅街が化石のように残った感じだ。滅茶苦茶になった墨田区でも奇跡的に空襲にやられなかった地域があって、その当たりはやっぱり同じように迷路みたいな地区だというのを何かで読んだことがある。
 次は洋館とかが残る入り組んだ地域です。

東京でも銭湯

 今日は近くの銭湯へ。
 学生時代は銭湯生活だったこともあって全く抵抗感は無いけれど、今の若い人達は中々足が向かないような話も聞いた。我が家から行かれる範囲では知っているだけで2軒ある。1軒は日本女子大学生寮の際あたりで古い閑静な住宅街のど真ん中、もう一軒は面影橋の方へ坂を下がったところ。。
 シャワー生活をしていると時たま無性に広い風呂に入りたくなる。450円払ってでも十分に行く価値はあります。

姉妹ブログ「都電紀行」第三十二話をアップしました

 今回のテーマは「外堀の中央線~都電3系統の風景」です。

 中央線を神田方面から来ると、昌平橋付近で神田川とぶつかり、次いで飯田橋からは外堀と並んで走る風景となります。この外堀付近の開ける風景が好きで都心の中央線は乗っていて楽しい電車というイメージがあります。またこの風景が東京には緑が多い印象を持たせる風景の一つともなっているのです。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」外堀の中央線

もうクリスマスですかそうですか

 久しぶりに家に帰って会社の制作。今回は時間にゆとりがあるので、じっくり作れる。

 さてさてどうしたものか。テーマはイルミネーションである。自分には今迄無かった仕事だけれど、こういうのは夢があっていい。ディズニーランドみたいなキラキラサイトを作ってみるのもたまには楽しいねぇ。という訳で、自分の中では今、既に紅葉を通り越してクリスマスまで行ってしまっているのだ。

トイレの神様

疲れた時にふとかける曲が関西弁とは泣けてくる。

この人の歌って他にも関西の地名とか内容とかが連発するけど、他の地域の人にはわからないトコロもあるだろう。

ま、歌には場所はあんまり関係ないかしら。でも方言は多少身に染みるものがある。

引っ越し予定

 来月に引っ越しを検討中。
 色々考えたが、結局今住んでいるところの近所に8割方しようかという気になっている。引っ越しは最大の気分転換で、20代の頃は2~3年に一度やってきたが、神戸には一か所にどっぷりと浸かった。で、東京に来て1年と8か月で今住んでいる場所は気に入っているのだが、まあ仕方がない。
 池袋の不動産屋をいくつか回ったが、何とか予算に合いそうな所が見えてきた。その家の辺り、実は今住んでいる部屋から見ることが出来る。雑司が谷の住宅街のど真ん中。今は高層に住んでいて景色はいいがどうも落ち着かない。次は2階とか3階にします。

 来月は忙しくなりそう。

姉妹ブログ「都電紀行」第三十一話をアップしました

 今回のテーマは「軍神の神社~都電33系統の風景」です。

 乃木坂の駅を出てすぐに見える緑は乃木神社の境内です。日露戦争の司令官の一人である乃木希典はここに居を構えていました。六本木の北側は元々軍隊の街から発展した地域ですが、乃木神社はとても閑静な神社で南に位置する六本木の喧騒に疲れた時、ホっとするには心地良い空間です。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」軍神の神社

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。