スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の志集」

 夜の九時過ぎに新宿大ガードから西口方向に行くのを普段としている人なら、丸ノ内線への降り口を少し進んだ所の柱に一人の女性が立っているのをご存知だろう。そう、「私の志集」のプラカードを首から下げているあの女性である。

 ご存知無い方にもう少し詳しく書くと、今でこそ黒いオーバーコートを着ているが、普段は白いブラウスに濃い色のスカート、今時珍しく髪は染めているようでなく黒色で、目鼻立ちが整っているほっそりとした人だ。年の頃は私より少し上くらいかと思っていたのだが、40の半ばを過ぎているらしい。

 この人、かなりの有名な人で、と言ってマスコミとかに出るように有名なのではなく、その見立てとはあまりにも場違いな場所、場違いな時間にいつも同じ所に立っているのである。当然通りがかりの人からは奇異な目で見られるが、ご本人は全くその目を気にするようでもない。いつも少し前の辺りを凝視しているので、見方によっては気味が悪くもある。
 東京に来てしばらく経った頃、この女性がいつも同じ場所に立っているのに気付いた。

 気付かない方がおかしい。

 出ているオーラは昭和のもので、服装も今時無いだろうという格好。この辺りは物売りも見かけるけど、売っているのが「志集」ときている。勿論詩集である。いつも見るけれども買っている客を見た事がない。それ以前に近寄るのに勇気がいる雰囲気が満開なので、一冊くらい買ってみようかと思うのだけれど、今ひとつ声をかけるきっかけが掴めない、それ程に街の雰囲気とは場違いな人なのである。
 私と同じように気になっている人はいるようで、調べてみるとこの人について書かれた文章が出てくる出てくる。詳細は控えるけれども、立ち続けてこの道25年だか26年だかの人らしい。夫の意思を継いでここに立ち続けているというのだからそれなりの事情がありそうだが、余計な詮索はしない。

 新宿という街がそういう街だ。若い人達が集まり新しいビルやら店やらが立ってくるのだけれど、何処かに古い空気が流れている。大ガード際の「思い出横町」がその最たるものだし、東口の繁華街も少し奥に入ると昔のままの食堂が残っていて、煙草の煙の中でご飯をかきこむ人達の姿が見えるのだ。渋谷の路地裏の古い飲食店街とは違う、どちらかと言えば上野の場末に通ずる景色である。少し偏った見方をするのなら上野も新宿も別の地域から人が集まる所で渋谷にはそれが無い。だから洗練さの裏側に古い雰囲気を見るのかもしれぬ。

 西口ヨドバシカメラ前のバス発着場は、昼夜を問わずあちこちへのバスが発着している。新南口が主に東北、上越に向かうバスが出るのに対し、こちらは主に信州、東海、関西、果ては福岡まで。西口繁華街のネオンの脇にあるこのバス乗り場も、何処となく雑然とした雰囲気で、時代が止まった感を受けるのは私だけか。
スポンサーサイト

姉妹ブログ 「都電紀行」第三十九話をアップしました

 今回のテーマは「夕焼けの階段~都電40系統の風景」です。

 東京でも人気の「谷根千」地域。その内の一つ、谷中の中心にある谷中銀座は昭和の風景の商店街です。
 数年前より昭和ノスタルジーが人気でありますけれど、その風景は我々現代社会に生活する人々が本能的に求める生活ペースなのかもしれないとも思うのです。 
 是非ご覧ください。

「都電紀行」夕焼けの階段

雑司が谷墓地

 取りあえず引越しが済み、あとは前の家の不用品を回収屋に取りに来てもらえば引き渡しをするだけだ。
 明治通り沿いの賑やかな場所から、住宅街の奥まった場所へ引越したのだが、周りが静かで仕方がない。町名は変わらないが番地が変わるだけでこうも変わるものか。久しぶりに部屋が広くなったので気分はいいのだが、同居人がまだ来ないので部屋を持て余す。結局電気が付いているのは一部屋のみだ。
 使える駅も変わった。雑司が谷と鬼子母神前は変わらないが、目白が遠くなった代わりに護国寺が近くなった。池袋までも少しだけ遠くなったけど歩けないことは無い。まあ地下鉄か自転車を使うけど。池袋まで最短を行こうと思うと畢竟雑司が谷墓地のど真ん中を通ることになる。街灯もあるし通行人もいるので夜に通ったってどうってことはないのだけれど、どうなんだろうな。青山墓地の近くに住んでいる人達はどうしてるんだろうか?夏目漱石の墓裏を通って、つまりは毎度墓参りをして行く事になるのはまあ贅沢なことなのかもしれない。わざわざここまで来る人もいるのだから。そう言えば確か高校時代だったかと思うが、漱石の墓はどんなもんかと思ってこの墓地を訪れたことがある。まさかこの近所に住むことになるとは思わなかった。

 明日は東京スカイツリービューの部屋ともおさらばです。

見世物小屋

 歌舞伎町の花園神社で酉の市。二の酉ということで今年最後の縁日で、それはそれは多くの人達で賑わっていた。熊手屋がそこかしこに出て人を集め、買った人々に拍子木で拍子を打っているところを見てるとそれだけで年代物に会った気分で楽しくなる。仕事を中座してきたので、縁日の出店で酔うことは出来ない。別に縁起物を購入する訳でもない。では何をしに来たのかというと、縁日の出し物として出店している見世物小屋を見に来たのだ。
 
 明治通り側の入り口を入ってすぐ左手に目指す小屋は出ていた。一見して分かるその妖しさは、それだけでタイムスリップである。デカデカと飾られた看板の絵は、蛇女とか奇形の子供の絵とか、まあ普通の生活をしている分には出会うことのない類。呼び込みの男性が口上を連ねていて、結構な人だかりが出来ている。出し物の中心は蛇であるようで、男性の目の前には蛇が入れられた箱があり、口上の途中で蛇を取り出して観客に触らせていた。入場料は大人から幼児まで値段が出ているが、現代の基準でいくと凡そ「青少年には有害」と烙印を押されること間違いなしの絵に囲まれていて、子供相手にも商売しているのだから面白い。丁度周辺の会社は退勤の時間のようで男性会社員は勿論のこと、若い女性OLとかも一人で小屋の中に入っていったりしている。勿論私も小屋に入る。
 
 早速見た出し物が、蛇を頭から食べる女性の芸。見世物業界期待の後継者とかいう若い女性だったが、業界といったところで平成の今ではこの小屋しか営業していないのだから、業界も何もあったものじゃない。次いで垂れてくる蝋燭を口に含んで火を噴く老女。この道40年(60年だったかな)とかでとても気合が入っている。そのあとはガラスを通りぬける蛇とか、頭が二つある牛のミイラとか最後は文字通りの大蛇が出てきて触らせるとか、確かに現代ではあり得ない見世物を出していた。

 とにかく雰囲気がレトロ。テレビとかでやるマジックとかアクションに慣れてしまっていると物足りないが、このような縁日の出し物として歴史があることを考えれば、そのレトロな雰囲気で多少のレベルダウンに目をつぶっても十分に見る価値はある。大正だか昭和の初めだかにはこのような小屋が300軒ほどあったらしいが、次々に廃業してしまって残るはこの小屋のみ。

 元々の見世物小屋とは蛇を食べるとかのレベルではなく、今日の観点から見れば「人権侵害」と思われることを当然のごとくやっていたようだ。分かりやすい例では身体障害者(ハンディキャッパー)が「親の因果が子に乗り移り...」とかの口上で見世物にされていたりしたのだが、現代ではさすがに環境が許さないに決まっているので、代わりに蛇が食べられていたりする。昔のこの辺りの状況は江戸川乱歩の話によく出てきていて、「一寸法師」などその最たるものだ。このようなのを全国の縁日を巡業して大人にも子供にも見せていたのが形を変えて今に残っている。子供の頃、ポプラ社の少年探偵団シリーズで侏儒がよく出ていたのだけれど、最近の少年探偵団ではこの手の話を見ない。説明では「作者代筆によるもののため割愛しました」とか言ってるけど、本当の理由は別にあるんじゃないか?

 勿論人権問題とかに立てつくつもりは無いのだが、日本全体があらゆる意味で無菌状態になっている部分があるのも事実だと思う。今の基準でいけば幼稚園児とか小学校低学年とかに蛇を食べる女性を見せて教育上良い訳ないのだが、入場の年齢制限が無いところを見ると昔はこのようなものをみんなで見るのが当たり前だったのだろうと思う。このようなものを通じて身に付く社会もあった筈だ。でなければ、子供向けの本として「一寸法師」が出る訳がないだろう。

 どちらがいい悪いではない。

 時代がかった小屋でレトロな雰囲気で子供だましのような芸もあったにせよ、全体的には楽しめた。「面白くなければ御代は結構」とかの口上だったけれど、見終わったあとにしっかり入場料800円を払って出てきた。

Country Road

John Denver。
別に田舎に帰りたいという訳ではないのだが、ラジオをかけてたら流れてきたので口ずさんでみる。最近忙しいのに加えて、引越しの用意でてんやわんや。救われるのは引越し先が近所であること。ちょっとした確認にも行かれるのが助かっている。

今週末は歌舞伎町の花園神社で酉の市。見世物小屋が出るというので行ってみようかしら。

見世物屋って何?っていう方はこちら

雑司が谷鬼子母神の万灯会には来てなかった。

明治~大正~昭和の遺物です。江戸川乱歩とか好きな人はご存知だろうかと。

姉妹ブログ「都電紀行」第三十七話をアップしました

 今回のテーマは「遊園地の子供達~都電27系統の風景」です。

 あらかわ遊園の話です。小さい子供も親も安心して楽しめる遊園地がめっきり減ってしまいました。荒川区にあるこの遊園地は、東京にも数少ない小さな子供も楽しめる区立遊園地。観覧車やコーヒーカップなど一時代前の遊園地ですけれど、子供達が楽しめることには今も昔も変わりはありません。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」遊園地の子供達

姉妹ブログ「都電紀行」第三十六話をアップしました

 今回のテーマは「書店街の喫茶店~都電2系統の風景」です。

 神田神保町は全国に名前の知られた書店街。歴史あるこの街は、何処か時間に無縁な雰囲気があります。この街の一角にある喫茶店も、そのような街の雰囲気にぴったりなもの。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」書店街の喫茶店

姉妹ブログ「都電紀行」第三十五話をアップしました

 今回のテーマは「深川の郷土料理~都電38系統の風景」です。

 下町の深川は、元々は東京湾に面した漁師町として、また木場に代表される木材の集積地として長い歴史を誇ります。この地には「深川めし」が名物としてあり、あさりと御飯のその組み合わせは絶妙です。東京にはこのような「郷土料理」と言えるものも存在するのです。
 是非ご覧ください。

「都電紀行」深川の郷土料理

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。