スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数寄屋橋の雪

 今日(と行っても昨日か)数寄屋橋の際でハンバーグを食べていたら、空から雪が降ってきた。ん?初雪かな?
とにかく相当に寒い毎日だ。同じ温度でも雪国に行くと底冷えのような気はしないのだが、東京にいるとこの世の終わりくらいに寒く感じるのは何故だ?日本海側はとてつもないことになっているようで、テレビの天気予報では雪の話しかしていない。

 今の家は木造。隣の部屋は極寒の世界。寝るためにはそちらに移動しなくてはいけないのだが、そんな気分になれない。寒さには強い筈なんだがな。ヒートテックを下に着込もうっと。
スポンサーサイト

ディズニーシー

 今日ディズニーシーに行ってきた。基本的には日祝以外の休みは土曜に取るが、ディズニーに行くのにわざわざ土日の休みを利用して行く程に融通が効かない訳ではない。
 護国寺駅から有楽町線を新木場で乗り換えて、京葉線で舞浜へ。正味50分程の道のりで辿りついた。気合いの入りまくっている妻の手前もあり、当然のごとく開園時間に合わせて行ったのだ。

 何せ子供の頃、ディズニーランド開園の年に行ったっきりで全く行かずに来たので勝手が全く分からない。ましてやディズニーシーなど初めてなのでどんな所かと思ったのだが、そこは期待を裏切らない。アトラクションがたくさんある訳では無かったが、日本一の夢の国らしく理屈抜きで楽しめた。しかも寒い時期の平日ということで思っていた以上に空いており、ファストパスを駆使したこともあって最大でも15分程しか待たされずにアトラクションを楽しんだ。多分私の印象では「ディズニーって案外に空いているな」という誤った認識になるかもしれぬ。

 妻はどちらかと言えば大人しいというか控えめな方で、人が集まったり何かしていたりする時にはまずその集団が落ち着いたり用が済んだのを見計らってから行動するタイプの人物だ。だから自分が「何かを見たい」とか「何かしたい」ということがあったりしても、無理をして自分に引き寄せるということは無いのだが、記憶している限りではこの6年半の間で2回目の「私主張行動」に本日出ていた。お気に入りのキャラクターとどうしても写真が撮りたかったらしく、自分から率先して群がっていて自分自身をキャラクターにアピールしていた。非常に稀な出来事なので、余程撮りたかったに違いない。妻の普段見ない行動を発揮させる程にここのキャラクターには力があるのか、と内心驚いた。

 ハイ、楽しかったです。

ドモデドヴォ空港の花一輪

 モスクワのドモデドヴォ空港でテロだそうです。

 この空港では一度乗り継ぎをしたことがあります。ドバイからの便でモスクワに到着し、国内線に乗り換えてペテルブルグへ向かいました。主要都市で世界最悪の空港と評されていたシュレメチボ空港とは違い、ドモデドヴォ空港は同一の建物で国際線から国内線へ乗り継ぎができるという「極当たり前な」空港で、とても便利に思いました。今でこそシュレメチボはモスクワ市内との間に空港鉄道が通ったものの、私が訪れた時はそのようなものはなく、地下鉄でレチノイヴォクザールまで行って市内バスに乗るしかありませんでした。タクシー?ボッタくることで有名だったのですよ。ドモデドヴォ空港は市内のパヴェレツカヤ駅まで空港鉄道が走っていたので、どうしてこちらがモスクワの玄関とならないか、不思議でしょうがありませんでしたね。もっともシュレメチボの不便さと悪評に辟易したのか、各国の航空会社がドモデドヴォに移り始めた頃で、今では日本航空のモスクワ線もドモデドヴォに移りました。

 この空港の印象を良くしているのはもう一つ、別に取るにとらないことなんですけどね。

 乗り継ぎまで時間があったので、空港内をフラフラしていたんです。すると国内線到着ロビーに花屋があるを見つけた。そして丁度そこで中年の男性が花を一輪買ったのを見ました。そしてその花を持って到着ロビーで待つことしばらくすると、ゲートから女性が出てきました。太っている女性が多いロシアに於いては目につくスラッとした女性です。それを見付けた男性が女性に近づいて行って先ほど買った花を差し出した。単なる出迎えの風景なのですが、なるほどこういう光景も良く似合うものだ、と思ったものです。格好付けている訳ではなくいたって自然なんですよ。男性は小太りのハゲた頭の人でしたが、とても粋に見えましたね。

テレビ、雪、地震

 テレビを購入。
 一昨年、東京に出てきてからは買わずにいたのだが(まあ必要無かったし)、妻が上京するに当たり、私が仕事で不在にしていて家に居る時は暇だろうと思い、買うことにした。こうして気付くのは、自分はパソコンだけで生きてきたのだなということと、電化製品を色々とそろえてみれば、やっぱり便利だな、ということ。

 昨日(正確にはおととい)新宿駅で見た案内では、日本海側が強風他大荒れの天気のため、青森行の夜行列車が運休しますとのことだった。朝から新幹線が不通になってみたり、その前もやっぱり新幹線が不通になってみたりと、天気に限らず何かこの冬は荒れ模様だ。

 これを書いているのは深夜1時半。さっきまでは1月17日。1月17日と言えば阪神大震災。勿論その日、妻の実家は被害を受けました。私もその日は京都で地震に遭いました。

吹雪列車

 青森駅を定刻の3分遅れで発車した列車は、雪の闇の中にすぐに飛び込んだ。風が強いこともあり、雪煙を上げながら津軽の夜に走り出した。新青森を過ぎると光など無い。
 東北新幹線が青森に届いてからは、この列車の一時間後でもその日中に東京へ着く便があるので、歴史ある上野行夜行列車も青森からは空気を載せて走るものと思ってたが、自分のB寝台車の入りは3割くらい。上段にも人が入ってる所を見ると、下段は途中の何処かで埋まるのだろう。

 外は吹雪だ。
 今夜から明日にかけての青森県は、この冬一番に寒さと、天気予報が言っている。年末年始の大雪以下の予報なのか。青森で既に氷点下4℃を差していたが、この吹雪が途中でホームに出ることを億劫にさせる。
 車内の案内で、新津までは客扱いがあることを知らせている。日本海側の駅を丹念に停車する事を、アナウンスは告げている。こうして聞いていると、この列車が東京に案内する列車として十分に生きていることを宣言しているようだ。
 弘前駅の発車案内は、津軽じゃんから節だ。数人の客が乗ってきた。

 碇ヶ関から矢立峠を越えて秋田県に入り、大館を過ぎて~と言ってもまだ8時前だが~車内は無言の空間になった。それ迄は、隣のコンパートメントでは津軽弁の家族がワイワイやっていたが、何時の間にか黙り込んでしまったところを見ると、眠りに入ってしまったらしい。大館は一昨年に降りた駅だが、さすがに今日は雪の中だった。ここの駅弁「鶏めし」は有名で、事前に注文しておけば列車のドアまで届けてくれる。前に秋田で売っていたのを購入して食べたが、確かにいけていた。今回も注文して届けてもらおうかと思ったのだが、何となく別の夕食を食べてみたくてやめた。結局青森で、名物だとかいう牛バラ肉の炒め物定食で腹をふくらませ、トドメをさすように青森駅ホームの駅そば「八甲田」で天麩羅そばを氷点下の中で立ち食いしてきたから、あとはビールを入れるだけのスペースしかなかった。
 二ツ井を過ぎた。吹雪がますます激しくなってきた。ここでも何人かの人が乗車してきた。年配の人だけでない。若い女性もいる。夜行列車に最も異質なのが若い女性の一人旅だが、日本海側と東京を結ぶこの列車にはこういう乗客もいるのだ。
 東能代、森岳、八郎潟と雪の中を走れば、秋田である。
 秋田での乗客は思ったより少なかった。列車は13分遅れてます、のアナウンス。2つ向こうのコンパートメントに鉄道ファンらしき2人組がはしゃいで乗ってきたが、とてもじゃないがそんな雰囲気では無い。この列車は北斗星やトワイライトエクスプレスとは違うのだ。すぐに空気が読めたと見え、黙り込んでしまった。
 羽越本線に入って、また吹雪だした。進行方向右手は真っ暗闇で光が一切無いが、それは日本海だからだ。この分だと近付くなど以ての外の、大荒れだろう。羽越本線は日本海側の海のすぐそばを走るので、どうしても風との戦いになる。以前強風で事故もあったので、今夜のような日ではゆっくりとした運転を強いられるようだ。ますます定刻から遅れているらしい。凄まじい吹雪の羽後亀田を通過すると、車内消灯となった。ここは「砂の器」の舞台だが、今はただの暗闇でしかない。
 13分遅れの羽後本荘で、この車両の全ての寝台が埋まった。

 夜中、殆ど目が覚めなかった。羽後本荘を出てすぐに寝に入ってしまったため、6時過ぎに起きる予定でも8時間近く寝られることになる。上越線の何処かで一旦起きたような気もするが、またすぐに寝てしまった。
 目が覚めたのは6時20分。もうすぐ大宮に到着する頃だが、丁度車内放送があり、羽越本線内強風のため速度を落として走ったことにより、列車は定刻から40分遅れて走っています、とのこと。これはいい。まだ寝られる。
 7時に起きた。丁度駅を過ぎた。上尾ということは、さすがに大宮が近い。

 荒川鉄橋では向こうに東京スカイツリーが見える。結局上野に着いたのは7時43分。定刻の45分遅れだった。
 車両の床下には雪がこびりついている。機関車の先頭に行ってみると、遅れたのも十分に納得出来た。

上野駅13番ホーム
上野駅13番線到着

こびりついた雪
こびりついた雪

 

寒いのは嫌いじゃない

 週末の自分の目的地が「天候:雪/予想気温:氷点下8℃」と出ている。上等です。やっぱり冬はこうでないと。でも、東京も十分寒い。例年になく今年は寒いような気がする。そう言えば暖冬という言葉を今シーズンは聞いていないな。異常気象の典型みたいに言われていたけど、何処にいった?年末年始の大雪騒動のインパクトも強かったしな。暖冬とか酷暑とかは、本当は異常気象とかじゃなく、地球の何十年だか何百年だかにやってくる周期的なものとかなんじゃないか?
 東京に雪が降るのは太平洋側に低気圧が通った時だが、これが来るのは冬も後半の証拠と学校で習ったような気がする。晴れている内はまだまだ冬全開。

 周りからはスキーとかスノボとかいう声が全く聞こえてこない。

眠いけど

 死ぬほど眠い。もうすでに今日が何日か分かってない。いつになったら朝ゆっくり出来るのかしらん。ああ土曜ですか。あと3日ですね..と思ったが、上野発8時半過ぎの列車を予約してしまっている。これでどんなに粘っても7時には起きなくちゃいけない。え?普通ですか?

 遠出をする時には、乗車駅に少なくても遅くとも40分くらい前には行っていなくちゃいけない自分がいる。自由席ならまだしも指定なら、5分前に駅に行っても構わないのに、だ。これは空港でも同じことで、お陰で乗り遅れることは無いけれど、到着してからの時間を何をする訳でもない。こんな自分になってしまった理由の大きな一つは、多分中国のせいだ。中国で列車に乗り過ぎた。彼の国の列車は発車30分前に改札。しかも乗る人間が死ぬほど多いときているから、改札口に行くまでに大行列になる。勿論待合室もカオス状態だった。それに加えて何が起こるか分からないので、どうしても早めに駅に行くことになる。気が高ぶっては普段しないようなミスも起こすので、落ち着いて行動する為にも駅には早めに着くようにしていた。21世紀になってからはマシになったけど、20世紀の中国の駅は不可思議な空間だったのです...。

 あくびが止まらない。

タロット

 占いなど全く信じていない自分でも、年の初めのおみくじで大吉とか出ると嬉しいのは決まっている。

 今年の初詣は神戸湊川神社で、東京に引き籠ってた昨年の正月を除けば、毎年の恒例。ちなみに昨年は正月業務も過ぎて一段落した連休に訪れた京都北野天満宮だった。

 さて、そんな自分ではあるけれど、最近何となく楽しんでいるのがタロット。iPhoneアプリで手に入れてからは、今日は何が出るかなと引いてみるのが面白い。少し前までは西洋占星術とかをかじってみたが、タロットの方がまだ単純なので遊びとして楽しめる。勿論悪い結果に塞ぎこんだりはしない。あくまで遊びだと思ってやらなくちゃいけない。

 このタロットによると、私の守護カードはエンプレスだそうです。

さてさて仕事初め

 さて、今日から仕事初め。早くに終わって街に繰り出そうと思っていたが、思いの外かかってしまい、普段と変わらない時間に終わることになってしまった。

 とは言うものの、精神的には今までと違って(必要にかられてだが)早く終わろうとしているので、明日からの本格稼働からは上手く時間の調整を行っていく予定。

 週末三連休に妻が上京する予定だったが、急遽一週延びたので三連休にやることが無くなった。本格的な冬だし何処かそれらしき所に行こうかしら。去年は年末年始に出勤したお陰で3週連続旅行(海外含む)というバカなことをやったが、今年は大人しく温泉場でも行ってみようかと。ええ、北の方へ...。岩手と青森の県境辺りが狙い目です。ヘヘヘ...。

正月2日の大学ラグビー

 暇だったので、国立競技場へ行ってみた。

 毎年正月2日は実家で箱根駅伝を見、午後は大学ラグビーを見るというのが恒例だったが、今年は会社から意味不明な万一の場合の自宅待機とかいう社命が出たので、東京から出て行くことが出来ない。妻を実家に置いて一足先に帰ってきたので話相手もいなく、かと言ってテレビが無い生活で家に居てもムダにつまらないので、いつもはテレビで見ていた大学ラグビーを見に行こうと思い立ったのだ。

 関西の大学が残っていればいいのだけれど、四強に残るような時代でもないので、関東の対抗戦やリーグ戦の再現の場となっている。
 一回戦は東海大学対帝京大学。どちらも特に思い入れは無いが、対抗戦の伝統校と呼ばれる学校と違って外国人を入れることに躊躇しないんで、特にFW第3列あたりは迫力がある。東海大はもう少しやるかと思ったが、後半は結局帝京に良いようにやられた。

 で、二回戦。勿論こちらの試合を見にきた訳で、早稲田対明治。
 結果から言うと後半10分くらいで席を立ちました。前半を見ていたら良い勝負になるかなと思ったが、後半最初の10分で早稲田が3トライを決めてからは見る気が失せた。確かに早稲田の出足は早いし、個々のテクニックもすごい。対抗戦で慶応に負けたことが理解出来ん。

 次の日曜日、時間が空くようなら決勝を見に来ようかしらん。

新年快楽万事如意2011

 嫁さんの実家で年越し蕎麦を食べながら迎えた2011年。
今年最初の食事は天麩羅蕎麦でした。

 結婚して最初の年ということもあって、というか先月初めに籍を入れてから挨拶もせずに年の瀬を迎えてしまったので、あちらの実家に行くのが当然ということで、帰省ラッシュに揉まれて関西出撃。幸いにして雪にやられることはなく、寒かったけれども平和な正月を迎えられた。入籍してからあちらの妹に「はじめまして」とかいう会話をするのもどうかと思うが、まあ細かいことをあまり気にしてはいけない。

 振り返ってみると2010年とは激動の一年であったけれど、2011年は平和な年にしたいものだ。

 今年は大幅に海外旅行は制限される予定。私もとうとう●●の納め時か。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。