スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト一旦閉鎖しました

2007年の開設以来、多くの方にご覧頂いていた私の私的サイト

北京-モスクワ国際連絡 第3/4列車(rw19.net/)

ですが、この度一旦閉鎖することとしました。

中国とロシアを結ぶ歴史ある国際列車の情報サイトでしたが、開設に先立って私が旅行した時とは走行ルートも代わって情報が陳腐化しつつあるのと、私自身もしばらく当サイトを更新していないこと、何より使用しているhtmlタグが滅茶苦茶で修正しなくてはとは思いながらも手をつけられないこと、そしてサーバー維持のコストカット(これが一番の理由か)などが理由です。

もっとも、情報サイトとしてよりも読物として楽しんでおられた方もいるようで、コンスタントにアクセス数もありましたので、暇を見て修正すべき点に手を加えた後、復活出来ればと考えております。。

ご覧頂いていた方、どうも有難うございました。

URLは廃止してしまったので、別で一から運営し直します。その際には当国際列車だけでなく、姉妹ブログ「都電紀行」のWEB化や、新たにチベット鉄道のサイトも展開したいと考えています。

今後ともよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

ビアホール

 最近のチェーン系居酒屋は急激にデフレを起こしていて、全くこだわりがなければ270円均一の店に行くのも変な壁が無くなってしまった。。勿論出てくるものに期待はしていないが、ビールと合わせてつまみが少し食べられればいい、くらいの感覚でしか行かないから、ビールさえ発泡酒とか第3のビールとかではなく本物さえ出してくれればあとは何でもいいです。これ、立ち飲みの延長かも。大阪梅田のガード下の立ち飲みとかだったりすると、カウンターに出来上がった料理が並べられていて、そこから勝手に取っていくシステムだったような気がするが、昨今の270円居酒屋だと一応レンジとかでチンして出てくるので、(多分)元が冷凍ものだったとしても温かいものが食べられるだけマシか。

 居酒屋はこんなであるが、本来はビアホールに行くのが好きだ。有名どころでいくと銀座ライオンとか数寄屋橋ニュートーキヨーとかのあれだ。居酒屋と比べて旧態依然の営業形態で全般的に値段も高いし、このご時世色々と厳しくはあろうけど、逆に言えばあの古さがたまらなかったりする。料理もド定番のものが殆どだが、サプライズが無い分だけ安心して頼めるし、ビールのジョッキも大きいのでケチケチしないで飲める。安い居酒屋みたいに何杯も、という訳にはいかないけれど、気は大きくなって店を出られるのは間違いない。
 居酒屋を新橋と例えれば、洗練されたワインバーは赤坂とか青山とか表参道で、意味不明な無国籍料理&酒のお店は渋谷とか六本木、日本酒割烹が神楽坂。とすると、ビアホールが銀座のイメージなのは、老舗があるというだけではない。多分銀座という街が、少し高めの、日本でありながら洋がかったモダンで、かといって今どき時代の最先端を行っている訳でもない。どちらかと言えば今の感覚で言うと古い部類の街なのだが、何故か店は銀座に集まってくる。それらの店が手が届きそうに見えて少し無理をしないと手が届かないような、微妙な立ち位置で並んでいる。いわばそこらの居酒屋と比べれば少し値段が高いビアホールのようだ。財布を大げさに気にする必要は無いが、居酒屋のようにはいかない。しかし、店を出てくる時は多分満足して出てこれる。銀座の店なら間違いないというのは、ビアホールの持つイメージにもそのまま及んでいるではないか。

 とかいいながら、昨日ビアホールで飲んできた。もっとも銀座ではなく新宿東口の「銀座ライオン」ですが。ここも1939年開店で歴史があります。

●銀座ライオン(新宿東口)
品97系統(新宿駅~品川駅)、早77系統(新宿駅~早稲田)にて「新宿追分」下車

雑司が谷~日比谷雪景色

 予報では大雪とのことだったが、それほどでもない。この三連休、このような天気が続くとのことなので、それなら用は今日済まそうということになり、街に出た。護国寺駅までの道、積もらないまでもそこそこの勢いで降っている。不思議なもので、雪国で降られる時と市街地で降られる時では、市街地の方が寒く感じられる。例えばスキー場では外でも平気でカレーを食べたりビールが飲めたりするのに、それよりかは暖かい筈の市街地の雪では底冷えがする気がするのは何故か?

 東京に雪が降るのは太平洋側に低気圧が通り過ぎた時で、このような低気圧が来る時は春に向かっていると、学校で習ったような。であるから、基本的には12月とかに東京に雪が降る事は無い訳で、ホワイトクリスマスというのは東京には余程のことが無ければありえない。歌のように「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう」は、東京の景色ではない、とつまらない授業を受けた。忠臣蔵は12月14~15日だが、あれはあくまで旧暦の話。西暦では1月終わりだか2月の初めだかで、そう考えれば、納得もいく。

 所用で訪れた日比谷公園は、住んでいる雑司が谷と比べたらまだマシな雪だった。さすがに今日の日比谷公園は人が少なく、園内のカフェも閉じていた。公園の向こうに建つ省庁の建物は無機質で、灰色の空に溶け込んでいる。僅かに旧日比谷公園管理事務所の建物が、小さな洋館で暖かく建っていた。

台東区浅草1丁目1番1号

 せっかくの週末なので街に出てみた。

 池袋駅から浅草までは草63系統浅草寿町行と草64系統浅草雷門行の2本のバスがあるが、たまたま来た草64に乗って池袋を出る。途中王子駅や日本堤を経由して浅草へ。三ノ輪の大関横町を過ぎて土手通りに入ると正面に東京スカイツリーが見えてくる。ただ今560mを超えたところで、いよいよ完成手前になってきた。雷門前からも吾妻橋の向こうに高くそびえているのが見えると東京の風景だなと思う。スカイツリーが一番綺麗に見えるのは、隅田公園の言問橋際からだと思うが、雷門前からのスカイツリーも立派なもので、多くの人がカメラを向けているのも良く分かる。

 浅草1丁目1番1号といえば神谷バー。今更ながらに説明する程がないが、妻は入ったことが無かったので、日は高いが連れ立って入ってみた。ここに来たらデンキブランを飲まなくてはいけない。明治の頃に産み出されたこの酒は、今でも一杯260円でいい気分になれる。この建物が大正年間に建てられたもので東京大空襲もくぐり抜けた名建築であり、その雰囲気と共に酔えるこの空間は気分が良い。この店、食券を買い相席上等で好きな所に座ると店員が食券を取りにくる。年配の人が多いが外国人もいて、飲んでいると知らない人とでも会話が始まる不思議な空間だ。今日もおじいさんが観光で来ているアメリカ人夫婦にメチャクチャな英語で絡んでいた。アメリカ人も嫌がっていなかったから楽しかったのだろう。おじいさんの英語が余程ひどかったので妻に通訳をさせようと思ったが、よく考えたらそんな適当な空気がこの店の特徴なのだ。
 今時こんな不思議な店は珍しい。浅草へ行ったのならこの店には足を寄せてみたい。知らない人と会話をするのがうざったいなど、この店では勿体ない。安い酒で適当に酔っぱらって喋ってフラフラと店を出る。一時代前の飲み方がこの空間にはある。

 酔ったその足で隅田川水上バス。丁度テレビロケが行われていて、ダウンタウンの浜田とかウド鈴木とかが隅田川を船で上っていた。近々「リンカーン」で放送されるみたいです。

●神谷バー
草64系統(池袋駅~浅草雷門)、東42系統(東京駅~南千住車庫)、都08系統(錦糸町駅~日暮里駅)などで東武浅草駅前下車

タハリール広場の怠惰な日

 エジプトと言えば友人O。大学時代の友人で、前にも書いたがアスワンで偶然に会い、ルクソールからハルガダまでを共に突っ走った。彼はハルガダでダイビングの資格を取るとかでしばらく滞在をしたので、私はそのまま北上し、スエズからイスマアレーヤを経てアレキサンドリアに向かった。 

 カイロのタハリール広場は今とても熱いことになっているが、エジプトを個人旅行をしていたのなら一度は必ずさまようところ。勿論考古学博物館があるとかも理由の一つだが、外国人登録をする為に訪れなくてはいけないモガンマア(入国管理局だったかな?)があるとか、郵便などに何かと便利だったナイルヒルトンがあるとかで、よく歩き回ったのを覚えている。カイロの滞在は到着後数日間と出発まで数日間。ギザのビラミッドに行ったのはエジプトを一回りしてからで、普通なら到着後すぐに行く所を単に「ギザまで行くのが面倒くさい」という理由だけで後回しにしていた。その代わりにタハリール広場周辺を意味なくブラブラしたり、カイロ動物園に行ったり、地下鉄で意味なく時間をつぶしたりなど、普通にエジプト旅行するにはあり得ないことをしていた。カイロに比べたら自分としてはアレキサンドリアの方が好きだったが、カイロ自体も嫌な思い出はない。

 早く落ち着いてくれることを望む。

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。