スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深秋の六義園

 昨日の雨がウソのような秋晴れ。しかも少し暖かいとあっては外に出ない訳にはいかない。
最近少し寒いとはいうものの紅葉前線は遅れ気味で、来週末は京都に行くのだが多分この分だと色づき始めを見る事になるだろう。

 都電で大塚、山手線に乗り継いで駒込。ホント、大塚とか駒込って、駅があか抜けない。駅から本郷通りを渡った所に、今日の目的地である六義園がある。

 六義園は柳沢吉保の別邸庭園。この人はご存知五代将軍綱吉の側近で権勢をふるったが、今に残る大名庭園も残している。東京には他にも小石川後楽園とか清澄庭園とか大きな庭園がいくつかあるが、ここもその一つ。知り合いがこの近所に住んでいて紹介はしてもらっていたものの、今まで訪れることは無かった。紅葉には早かったけれど天気も良く、本日訪れてみた。

 いや、立派な大名庭園。吉保が好んでいたらしい紀伊和歌浦を庭に表現したものらしく、藤代峠とか妹背山など庭園の風景にもその辺りの名前が付けられている。雑木林から高台、東屋、広大な池など、その権勢が成したと思えるような様々な風景が庭園を成していて楽しい。水戸殿の小石川後楽園とか尾張大納言の庭園跡である戸山公園など、家柄が超一級であるのならその庭の広さも分かるのだけれど、川越城主の譜代でこのような造園が出来たのだから、その持っていた力が大きかったということだろう。

六義園園景その1
藤代峠からの園内

六義園園景その2
妹背山を望む

六義園園景その3
吹上茶屋方向


 来園者も多く賑やかで、案内ボランティアの人も面白く、有意義な回遊でした。

 帰りは上富士前からバス。妻は護国寺で降りて帰宅、自分は早稲田まで行ってジムで汗を流して帰ってきた。

●六義園
上58系統(早稲田~上野松坂屋)、茶51系統(駒込駅~秋葉原駅)にて「上富士前」下車。駒込駅側の染井門は期間限定で開いているようです。
スポンサーサイト

PageTop

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。