FC2ブログ

政治家の顔

 以前、日本の政治家が軽くなったと書きました。自民党でも野党でも、かつては名前を聞けば「何かやりそう」という感じの人がいたと思うのですが、最近は例えば不祥事を起こすにしてもレベルが低すぎる。顔を見渡して凄みのある政治家が減ってしまたと思うのは私だけでしょうか。
 そんな中、参議院選の公示日に出た民主党の新聞広告(全面)は、久しぶりに政治家の迫力を見たように思います。私は小沢一郎氏とは考え方は異なりますが、あの新聞広告は「さすが大物」といった感がありました。キャッチコピーは確か「あなたにとってあなたの生活以上に大事なものはない」だったと思いますが、そのコピーの迫力と、小沢氏が演説している際のアップ写真の組み合わせが臨場感あふれ、ストレートに響く素晴らしい広告であったかと思います。

 政治家と言えば自民党なら田中角栄、佐藤栄作、福田赳夫です。過去の人ばかりですが、名前を聞くだけで「いい事も悪い事も、やるとしたらケタ違い」と言わしめるのはこれらの人でしょう。
 日本の政治家は、善悪は別にして地元への利益誘導がついて周らなくてはいけません。中央の官僚出身者は賢いかもしれませんが、スマートに立ち回る印象があります。つまり泥臭さが無い。日本という国は、ムラ社会の集合体であったのがいつの間にかあたりさわりの無いスマートな国になってしまいました。どうして地方の人が自民党に入れてきたのかと言えば、イデオロギーよりも「自分達の地域をどれだけ助けてくれるか」という事を重要視していたからであり、実際自民党は多分にそれらの声に応えてきました。地方の面倒を見る事は必然的に経済力の弱い多くの人達の声に応えてこなくてはいけない訳で、いくら自由主義と市場経済万歳政党を名乗っていても、実際の政策は「日本型社会主義」と言われるくらい弱者の立場にも相当の割合で立ってきたものでした。
 この10年くらいの内に国際競争力が叫ばれ、経済発展のために必然的に企業よりの政策をとってしまった事が自民党を変えてしまった。小泉前首相の極端とも言える経済政策がトドメを刺しました。本来の支持基盤である地方はたまったものではなく、自民党は自ら弱体化の道を選んでしまったと言えなくもありません。日本型社会主義の破壊とそれによる経済発展第一主義は、そもそもの日本社会や日本人の精神そのものと相容れない事に自民党は早く気づくべきです。

 今回の選挙戦を通じてこの部分を非常に上手く立ち回ったのが小沢氏です。この方は旧来の政治家の顔をしています。安部総理と小沢氏とどっちが凄みがあるかと言われれば比較になりません。私と主張は異なりますが街頭演説をわざわざ聴きに行こうと思わせるのは、小沢氏と小泉前総理だけでしょう。この二人は将来の総理候補と言われている人とは存在感のレベルが違う。演説の内容に賛成であろうが反対であろうが、聞いている人を引き込む迫力を持った人が他にいるでしょうか。
 自民党の全面広告は確かに政策をきっちり書き、安部総理を前面に出していましたが、スマート過ぎました。共産党の広告と似たものになってしまっており、丁寧な広告かもしれませんが心に響くものではありません。
 明日は選挙です。今の日本に必要なのは、意外と泥臭さを持った旧来の政治家なのではないかと思います。
 「やはりこの人は政治家だ」と感銘を受けるのは演説の場であり、主張はどうであれ、聴衆をその気にさせる人が国民の代表であるべきだと私は思うのです。何故なら、政治家の一番の使命は「国民に夢と希望を持たせる事」なのですから。
 そう考えると、安部総理は政治家としてまだまだでしょう。 

「餐車賛歌」~「北京~モスクワ国際連絡 第3/4列車」PageTop今年最高のギャグ「段ボール肉まん」

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/102-47606c6c

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク