スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国ではサッカーは野球に勝てない

 多くの同世代の人も多分そうであるように、私も生まれた時から高校野球を見せられてきました。本日も甲子園に観戦に行ってまいりました。
 一体、この国に住む上で野球を知っているのと知らない、100歩譲って、野球を見る気になるのと興味が無いのとでは、生きる楽しみの度合いが変わってくる、と言ったら暴言になるでしょうか?大体8月の炎天下に野球大会を開くのも狂っていると思いますが、それをわざわざ暑い思いをして見に行く人間が毎日何万人もいるというのは、日本人にとって野球が国民的スポーツであるからだとしか言いようがありません。テレビの向こうで見ている人たちを加えたら、どれだけの人が高校野球を意識しているのか想像もつきません。尤も高校野球が人気のある理由を他にあげるとすれば、一年に一度郷土を意識する機会だから、という事と、日本人の大好きな感覚「これで負けたら終わる」(3年生)も言えると思うのですが。
 世界で最も人気のあるスポーツはサッカーでありますけれど、ワールドカップにも出、A代表の試合は必ずと言っていいほど放映されるようになったと言っても、日本では野球人気に絶対に勝てません。この国にとってのサッカーは国際試合がメインで、残念ながらJリーグや高校サッカーの熱狂度は野球の比では無い。野球人気の低下が叫ばれていますけれど、この時期になると、日本人にとってどれだけ野球が生活の側にあるスポーツかが良くわかります。サッカーファンには申し訳ありませんが、競技として見るか生活に染み付いているかのレベルの差の話であり、比較の対象になりえないのです。
 サッカーに阪神タイガースや読売巨人軍がありますか?

 日本人にとっての野球の話をもう一つ。
 日本代表といえどもサッカーには上をいくチームがいくつもある。野球は違います。国際レベルでいけば、日本人にとっての野球のライバルはアメリカだけです。競技人口が違うと言うのは否定する理屈になりません。
 日本人の潜在的な憧れであり卑屈も感じてしまう国は、以前にも書きましたがアメリカであり、日本でもアメリカでもメジャーな競技でかつ対等に戦える競技は野球しかない。サッカーでブラジルに負けるのは当たり前でありますが、メジャーリーグで日本人が活躍するようになった今、野球ならアメリカと対等に戦えると思っている。物量や国力その他ではコテンパに負けるアメリカでありますが、野球なら打ち負かす事もできるのです。
 ワールドベースボールクラシックの優勝は素晴らしかった。私がスポーツで涙を流したのは、生きてきてあの大会の優勝の一瞬だけです。一旦日本に勝った韓国が、トーナメントで日本に敗れた時に「こんなルールは間違っている」と訳判らない事を言っておりましたが、納得できなければ最初から参加しなければよいのです。肝心な所で勝った日本に底力があり、負ける韓国が弱かっただけの事です。尤もあの大会では韓国は眼中になく、日本もプロが出た時点でアメリカしか見ておりませんでしたが。

 これだけ生活に密着したスポーツは野球を於いて他にありません。こんな勝手な事を言いながら、この猛暑の中をまた甲子園に足を運ぶのです。

驚異の三仏寺投入堂PageTop天皇の国民

Comment

とは言うけども

うーん、多分思われてるほど野球は人気はないと思いますよ。
メジャーリーグ中継の視聴率は2%程度だし、
関東での巨人が絡まない試合とJリーグの試合中継の視聴率だとJリーグが3%台で巨人以外は2%台が多いみたいですし、
仙台では楽天より地元Jリーグのチームの方が数字が良いみたいですしね。
高校野球も今年は10%を越えたのは数本程度で、決勝は11%でした。
今年は平日だからと言う理由は立ちますが、大体決勝は土日でも例年15~18%程度です。
殆どの試合は4~7%で、言われるほど取れてる訳ではありません。
数年に一度高くなるだけと言うのが妥当だと思います。

こうした意見を聞くといつも思うのですが、
マスコミの報道量=人気と勘違いしているのだと思います。
またマスコミが数字が高い時のみ記事とするので、高い印象が残り
それを元に発言する人が多い様に思われます。
例えば阪神などは、ここ数年では巨人戦の場合は20%近くまで行く事もありますが
他の試合だと10%台前半という事も多い様です。
ちなみにゴールデンの平均は13%です

○プロ野球について
オールスター前までのナイター全局平均視聴率は、 全ナイター平均が、 10.1%(前年比△1.8%)
巨人戦ナイター平均が、 9.9%(前年比△1.3%)
阪神戦ナイター平均が、 12.8%(前年比△2.7%)
http://ktv.co.jp/info/press/070803.html

野球がまだ人気があるという点に関しては否定はしませんが、
以前の20%、30%と取れていた時代とは変わりつつある事を見てみぬ振りをするのは、
野球界自身のためにならないでしょう。

テレビ視聴率だけが人気の指標ではありません。

テレビの視聴率を以って反論をいただきました。確かに視聴率だけを見れば落ち目ではありますが、文を読んでお分かりいただける通り、テレビを見る=報道の度合い=人気があると言っている訳ではなく、この国における普及度の具合(競技の裾野)と競技を知る知らないに関わらずみんなで楽しめるか盛り上がれるかどうかを申しているわけです。瞬間的な視聴率だけで言うのなら、プロ野球よりもサッカーの国際試合の方が高い訳ですが、それでも今のところ野球の方が人気が高いのはご指摘をいただいている通りです。ちなみに私は仕事でWEBの世界に生きておりますから、テレビは全くといっていいほど見ません。私のような人間を基準にテレビ報道の度合いだけで人気を図るのなら、野球の人気度はゼロに近いでしょう。

勝手に野球(笑)を国民的スポーツにしないでください

反論は大歓迎ですが、主張する言葉を「勝手に」と切り捨てる偏狭さは持ち合わせたくないものです。では私もこのように申し上げます。
「勝手に野球を国民的スポーツでないと否定するな」
上記コメントのレベルはこの反論程度のレベルです。ふごご様のほうが数字を持ち出されているだけまだましですね。

はじめまして
本文を読ませていただきましたがやはりblog主さんの主観がかなり入っていると思います。

高校野球の件
まず高校野球の件ですがこと東京に住んでいる限り一生懸命見ている人の比率は多くありません。東京ではテレビで見るくらいしか試合を見る手段はないですから視聴率=高校野球の影響力と言っていいでしょう。

プロ野球の件
阪神や巨人に匹敵するクラブがあるか?
巨人戦が関東で視聴者数激減で地上波全国テレビ中継が毎年劇的に減っているのは御承知の通り。もはやJリーグとプロ野球の影響力の差は関東ではあまりないと思います。平均観客数だけならレッズの方が阪神や巨人の方が多い。

関西の方のようですが関東ではナビスコカップの決勝戦も天皇杯の決勝戦もスタは一杯になります。

最後に野球ファンであるあなたが”サッカーはこの国では勝てない”と意識していること自体野球がサッカーに凌駕されるとの危機感の現れでしょう。バレーはこの国では野球に勝てない、ラグビーはこの国では勝てないとわざわざ主張する方がいるでしょうか?
サッカーだけがなぜか引き合いに出されることが多いです。それだけ野球ファンがサッカーを意識せざるを得なくなったからだと思います。

日本に実力は4位です

オリンピックにて日本は予選4位、決勝4位の完全な4位でした。
しかも4勝5敗の負け越しで明に力負けです。

この現実から目をそらしていては日本は強くなることはできません。
むしろWBCがフロックだったと思うべきではないかと私は思います。

すみません。この記事2007年に書かれたものですね。
北京後さらに日本の野球における環境も厳しさを増したと思いますがどうでしょう

ご意見について

あとむ様
コメント有難うございます。確かにこの記事は2007年のものでして、ほぼ同内容の記事を2008年にも懲りずに展開しております。
 この記事については賛否両論、それこそ激しい反論もいただいております。サッカー好きの方がどれだけのめりこんでいるかも承知しております。浦和レッズの話を持ち出すまでもなく、コアなファンが存在するのも存じております。
 ここで私が野球最強論の根拠として申し上げたいのは、子供から大人まで男性も女性も年齢も問わずして楽しんでいるという現実があるのでは、ということです。全てと断ずる程乱暴ではなく、多くのという意味でです。北京五輪の敗戦と、また他の方が挙げられている通りWBCのフロックの件、そのような意見が出るものもっともです。が、「環境も厳しさを増した」との事ですが、勝って当然と思われる(ていた)野球と、世界(ここではワールドカップの事)では負けても仕方がないと思われるサッカーとは、比較するレベルが違うように思います(これはチームとしての強弱の話ではありません)。
 私としては比較対象はラグビーでもバレーでも良いのですが、現在の日本の団体球技としてはサッカーと野球が代表的であると一般的にとらえられているのは間違いなかろうという現実を考えていてのこと。また、元々サッカーがこの20年弱くらいのスポーツとも考えてはおりません。五輪で惨敗のサッカーと負け越した野球は結果では同類ですし否定はしません。が、敢えて比較するのならば、サッカーは「まあこんなもんでしょ」という論調が多いように思えますが(スポーツ紙など)、野球は「プロを出してふざけるな星野」ということになる。年齢制限があるなしでは無いと思えます。この風当たりの強さが即ちこの国に於ける注目度を表しているように思えるのです。
 マスコミの書くことだから何処まで信用できるのか、と言われてしまえばそれまでですが、国民全員の意見を聞くことが出来ない以上は、報道を参考にして意見を述べるのもあながち乱暴なことではないと思います。

コメントありがとうございます。

サッカーと野球の比較論は結局その人がどこに住んでいてどう影響を受けそこの地域住民がどちらを支持しているかにつまるところ行き着くと思います。

すでに地域住民のコミュニケーションツールとして野球が成立しなくなった関東と未だに”どこのファン”と聞いたら野球チームの話と暗黙の了解で通じる関西では感覚の違いは生じて当然だと思います。これは高校野球のメッカでまだまだ地元球団が地域住民に愛され続けている関西と六大学野球がすでに過去のものとなり地元プロ野球チームの人気が衰退の一途をたどっている関東の地域事情によると思います。

野球も今回バッシングされていますが、サッカーもドイツ大会惨敗の時も叩かれたものです。野球が金メダルを取って当然と思われたのはWBCで優勝したことも要因かのしれなせんがそり以上に野球は世界的普及度が低く今回のオリンピックでもキューバ(アマチュア)、韓国(格下)、アメリカ(マイナーリーグで選手構成)くらいでファンばかりかマスコミも”組み易し”との空気が支配的であったにも関わらずメダルすら取れなかったふがいなさがバッシングの対象になっているのであって、国民的スポーツ云々は関係ないかと思います。

ところで日本では野球が一番盛んな地域があってもいいと思いますが"
その他の競技が野球以上に盛ん"
なところがあってもいいじゃないですか?
関東住民の私としては”野球=ジャパンスタンダード”との認識は抵抗があります(おそらく甲信越静岡及び山形、大分住民も同じ考えだと思います)。



 再度コメントをいただけるとは有難いお話です。
 もとより「野球ファン立派、サッカーファン馬鹿」というような類の主張ではないのはご理解いただけてると思います。また、地域により野球よりも他に愛されるスポーツがあるのも至極当然の事ですし、それを否定する意図もありません。「未だに~関西」という表現は、ではサッカーを好きな集団が(それが関東で主流かどうかは別にして)そんなに進取の集団なのか、とも思いますが、裏を返せば私が「サッカーは野球に勝てない」と記述した事が「偉そうに勝手なことを言うな」と思われるのと同じようなものか、とも思う訳で、そこは人それぞれ異なる興味へのプライドから出たものとも言えるかもしれません。
 オリンピックの敗戦へのパッシングについてのご意見には同意致しかねますが、それらも含めたあとむ様のコメントと私のコメントは、私が浦和や鹿島に行き、あとむ様が3月か8月にでも甲子園に来られれば、お互いの意見について「なるほどそういうことか」と思うところがあるのでしょう。

サッカーも人気はありますよ。
全日本少年サッカー大会は、約七千チームが参加していますし、
高校サッカーの視聴率は、1981年の決勝・韮崎×武南の試合以来たいてい二桁いってます。
ACLの浦和レッズ戦や日本代表もかなり人気があります。
Jリーグについては、確かに人気がありません。
冬の選手権や全日本少年サッカー大会を成功させた読売のクラブの試合は、JSL時代から人気が高かったのですが、
企業名をつけてはいけない決まりがあり、95年ごろからは、読売の名前が聞けなくなってしまい、テレビ中継も激減しました。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/105-8d673bf4

野球をあなたに捧げます

1BOXで度会選手の直筆サインカード。90枚と多いが直筆サインカードを引けたので、こちらの評価。何か直筆を引きたい場合は、ヤクルトか楽天の購入をお薦めします。サインなどの封入率が高いのでおすすめです。お友達にプレゼントしましたが、大変喜ばれました。いろんな選手

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。