スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のトランク

 思いますに、近代ツーリズムの興隆と発展には3つの要素が存在したのではないでしょうか。西洋に於いての旅行は長らく巡礼か商売の形をとっておりましたところ、19世紀になって異文化を見聞するという概念が生まれました。西洋に於いての異文化とはイスラム世界=東方世界=今の中近東に他なりません。19世紀後半にこれらの地域を訪れる事が西洋の上流社会で流行りだすのですが、流行を後押しするものとして同時期発展したのが、「団体旅行」という形態を発明したイギリスのトーマスクック社、ベルギー人の青年が失恋を契機として起こすに至った「国際寝台会社(ワゴン=リ)」と看板列車であるオリエント急行、そしてフランス人の皮職人ルイ=ヴィトンが作った旅行カバン(トランク)。つまりトーマスクック社の手配でオリエント急行に乗って東方に旅行に出る。家をそのまま持っていくような膨大な衣類は、軽くて持ち運びがしやすいヴィトンのカバンに詰めて、というスタイルです。

 私、ヴィトンの製品は何一つ持っておりませんし、財布やバッグなどを欲しいとは思わないのですが、この歴史あるトランクだけは欲しいと思っております。
 ヴィトンとはそもそもトランクなのです。「L」と「V」のモノグラムはそもそもトランクの為にあるのです。私の鉄道旅行の夢はシンプロン=オリエント急行に乗ることですが、このロンドン~ヴェネチアを3~40万円もする列車に乗る為には、ぜひともヴィトンのトランクが必要です。ええ必要ですが何か。

 ヴィトンはその生産を一括で行う事で知られますが、世のブランドが全てはこのような生産方式をとる訳ではありません。日本で知られたブランドはライセンスを付与して現地生産を行う事も多い。バーバリーなどはその代表で、百貨店の財布売り場で売っているのはこの形態が多い。ヴィトンをヴィトン足らしめるのはこの一括生産とそこで保障される確かな技術力です。決して「みんなが持っている高価なブランド」がその価値を生み出している訳ではありません。

 こんな訳で、私の人生目標の一つにヴィトンのトランクを手に入れる事があるのですが、親が聞いたら発狂しそうです。50万円ものお金をカバン一つにかけられるステータスが、私に果たしてやってくるのでしょうか?

天保山渡船PageTop韓国人の解放

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/109-6845b5e9

LOUIS VUITTON 【ルイヴィトン】マルチカラ

アイテム 手帳カバーPM型 番 R20895素 材 PVCカ ラ ー ブラックサイズ(約) W10cm×H14.5cm仕 様 ・カード入れ 3・ポケット 2リフィル(中身)は別売りになります。ルイヴィトン製品について仕様のマイナーチェンジにより画像と実際の商品が異なる場合がございます。ルイ

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。