FC2ブログ

朝から会話のレッスンですかそうですか

 天津駅で乗り込んだ日本国新幹線型中国版高速列車「パクリ号」は、定刻通りに天津を出発した。八戸新幹線と同じ形の車両である。と言っても日本では当新幹線に乗ったことが無いので比較は出来ないが、一つ間違いなく言えることは座席間隔が日本の新幹線と比べて著しく狭いことだ。やはりこの国の設計思想では人を詰め込むことが第一にくるのか。

 私の席は三列シートの窓側であったが、私の列では中年婦人が三席を二名で使用していた。一応「幾号您們的座位?」(あなた方の座席番号は何番ですか?)と丁寧に尋ねたが、ここは私達の席だと言ってニヤニヤ笑ってやがる。なおかつ小声で「コイツ日本人だ」と言うのを私は聞き逃さなかった。
 日本人と知られたからには強気でいかなくてはならぬ。私は窓側上等の者であるが、相手に対する最低限の礼儀はわきまえているつもりだ。特にこの国では「老(老人)、幼(子供、幼児)、病(病人)、残(障害者)、孕(妊婦)」という区分けがあり、これらの人々に対しては積極的に席を譲る風習が日本以上に強く、これらの人を目の前にして若者が座っていれば周囲から白い目で見られかねず、周りから注意される事もある。しかし相手は私より長生きしそうな中年婦人だ。日本人としてナメられてもいけない。この国でこのような時に遠慮するのは愚の骨頂。礼に反しない限り、権利を主張しなければ自分が馬鹿を見るだけだ。直接的な表現であったが「滾開。這是我的座位」(「どっか行けやコラ。そこは俺の席だ」の意。直接的すぎるので、本当は「滾開」は使わないほうがいいと思います)と言ったら、驚きながらも私の席を私に差し出した。その後もブツクサ言っているが、私も中国語は初心者レベルなので何を言っているのか分からない。まあこのような中年腐人達を全く気にかける必要は無い。
 京津鉄路はいたって快適。朝から中国語会話の勉強をさせてくれたので、心地良い疲れでずっと寝ていたけれど。起きるとちょうど豊台の操車場を過ぎたところ。列車は北京の中心に入ってくる。東便門のカーブを曲がりきると北京駅である。
 定刻通り、雨の北京が私を迎えてくれた。雨だけは余計であるが。

北京駅售票所の人間型自動券売機PageTopT238次~南北横断特急

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/115-70a1436c

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク