FC2ブログ

ちょっとモスクワまで行こうか?列車で(その7)

 とまあ、このような感じで手配を行った。今回は鉄道であったけれど、海外のホテルを予約する際はもっと簡単で、現地サイトで予約してホテル支払いを指定すれば安心であるし、日本で予約するよりもお得な料金で手配できることが多い。
 インターネット時代、旅行の手配を依頼するのは、何も日本の業者だけでなくても良い。中国や韓国は日本語でやりとりが出来る場合が多いし、英語に問題が無ければその手配依頼は世界各地と直取引が出来る。

 大手と呼ばれる日本の旅行代理店も、メインの商売相手はパッケージツアーを申し込んでくれるお客さんであり、これだけ個人旅行者が増えた現在も、カウンターセールス担当者の知識不足が十分でないことも手伝って、個人旅行で色々手配をしたい人たちのニーズにこたえきれていないように思う。「個人旅行者」とは10年くらい前に流行った「バックパッカー」を指すのではなく、例えばハワイ、アメリカ、ソウル辺りへ個人で行きたい人たちの事を言う。みなさんが、旅行会社に行って例えばその街一番の見所は何処か、と質問して、ありきたりでない、ガイドブックに載っていない情報を答えてくれる旅行社の販売員がどれだけいるだろうか?パッケージツアーに参加し、添乗員の旗の後ろについていくだけで十分だった時代なら、それ程の知識は必要なかった。今の時代は違う。人それぞれ自分の見たい、やりたい事があり、それを手助けしてくれる情報、手段が欲しいのである。
 インターネットはそれを可能にした。旅行社で「わかりません」「難しい」と答えられることも、ネットの世界では回答や手段が転がっている。現地発着の商品も、今までなら高額の手数料を支払って日本の旅行会社で手配をしていたものが、現地と直接やり取りをすることで、日本で購入するよりも安く手配が出来る。情報だって旬のものが手に入る。
 インターネットを活用することがテレビや携帯電話を使うのと同じくらい普通になった時、このような手配も当たり前になるだろう。今の30代以上の世代はインターネットが無い時代を知っているけど、10代以下の世代は物心ついた時からインターネットに囲まれて生活している。情報の取り方が上の世代とは全く違ってくるのだ。常識が変化することに、果たしてどれだけの人たちが気付き対応出来るだろうか。
 傍から見ていると旅行代理店の競争は激しいと思うが、これからは海外の旅行業者とも競争していかなくてはいけないのである。このようなことに日本の旅行会社が気付いているかどうかは分からないが、今のような高額な手数料商売ではやっていかれない時代がすぐすこに来ていることを、認識するべきだ。
  
 今月、鉄道で中国よりロシアへ行くが、実際の旅行手配以外の部分でも多くのことを勉強させてもらった。

 一旦このスレは休止し、帰国後、乗車記を記していこうと思う。
 

或る土地のイメージPageTopちょっとモスクワまで行こうか?列車で(その6)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/13-5276f6ce

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク