FC2ブログ

中秋のK307次

中秋連休を明日に控えた北京西駅は少しばかり混雑していた。1500km以内の近場の特快や快速のチケットは前日の時点でほぼ全滅で、この3連休を利用してどこかへ出かけようという人民達が西駅に集合していた。駅の候車室に入ったところで椅子は全て埋まってしまっているから、外でだべってようか、と思っているのか。駅舎の外にたむろしている塵民たちがうざい。我々の列車は第11候車室待ちだが、行ったところで椅子が空いてる訳は無いし、異様な空気が充満して環境が悪いのは判ってるので、外の食堂で適当に時間をつぶしていた。
北京西駅入り口の人ごみ
北京西駅入り口の人ごみ


 検票(改札)は出発30分前にきっかり始まる。時間を見計らっていくと案の定検票口には長蛇の列が出来ていた。検票が始まってしばらくすると、女性駅員のどなり声が響いた。どうやら切符を持たずに改札をくぐり抜けようとした輩がいるようで、揉めている。ただでさえ暑くてだるいのに不快指数を増してくれる。
第11候車室
第11候車室

 列車は9站台に停車している。自分の寝台は7号車の真ん中の下段だ。18両編成で、赤い色がまぶしい。定刻通り北京西駅を発車し、京九線をひた走る。しばらくして担当列車員が乗客登記にやってきた。登記は以前は軟臥だけだったが、今年に入って硬臥でも見られるようになった。前回の銀川行でもやってた。若い女性服務員が身分証を出せと言っている。見ない方が君のためだぜ。何かあった時には目の前の人間を最初に面倒みなきゃいけないことになるんだが。見れば、万一の際にやっかいな事にクビを突っ込むことになるんだぞ..と思いながらパスポートを出すと、列車員は表情豊かな女性で「あちゃー」という顔をしている。が、パスポートの中身を見ても何処を見たらいいのか判らないらしく、「見ても判んないだけど」とか言っている。で、住所欄を教えるなどのやりとりをしていると、周りの中国人が騒ぎ出した。「おい、日本人が乗っているぞ」「この日本人、中国語を喋るぞ」「何で外国人が硬臥に乗っているんだ」とか言っている。そんなに外国人が珍しいのか?アンタら北京や厦門の人間じゃあないな。言っちゃあなんだが、安徽か江西の人間か、福建の田舎の出か。

 餐車は相変わらずのぼったくり食堂だったが、服務員の年配の女性と若い女性が2名、それと空調電源車担当の技師が臨時で給仕をやっており、それぞれ非常にサービスが良かった。夕食時はそこそこ客の入りが良く相当忙しく立ち回っていたが、細かいところに気付く服務員だった。味は可も無く不可も無く。サービスが良かったので、殴り書きのメニューはまあ、勘弁してやろう。

 自分らの硬臥は北京西を出る時には6割くらいの乗車率だったが、一斉消灯手前の阜陽で寝台が満員になった。硬臥は軟臥と違って22時になったら一斉消灯をし、強制的に「もう寝ろ」という状態にしてくれるので、ある意味有難い。
阜陽駅
阜陽駅晩景

翌朝目を覚ますと列車は1時間半程遅れて走っていた。が、福建省内では相当ダイヤに余裕を持たせていたらしく、終着駅には30分遅れまで回復して到着した。厦門まで行く客は飛行機で行くだろうから殆どいないだろうと思っていたがそんなことはなく、自分らの車両の半分くらいの乗客は北京から32時間を乗り通して厦門に辿りついたのであった。
 夜の8時、南国らしい蒸し暑さが充満する厦門駅を抜け、予約していたホテルへ急いだ。
厦門駅
終着厦門駅

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク