FC2ブログ

昭和を見たけりゃ大阪に行け!

 日本の風景として代表的な街をあげる際、京都と奈良が有力な街であることには異論は無いでしょう。丁度今は桜の季節。JR東海のポスターが醍醐寺の桜の風景をデカデカと東京の街に飾り立てています。

 京都に6年ほど住んでいたこともあり、多くの人が持つようにお寺の風景と「和の心」を日本の風景と考えていたことがありました。東京での関西の紹介と言えば一に京都、二に神戸ですが、昭和を日本の風景という点から見たら、実は最も「日本」を色濃く残している街は大阪では無いかと思うのです。

 「三丁目の夕日」シリーズや「プロジェクトX」が話題になった何年か前、日本の風景は「昭和」でありました。ひょっとしたら今でもそうかもしれません。お寺の風景に心のよりどころを求めるよりも昭和という時代にノスタルジックを感じることに日本を意識するという空気がそれとなく流行りました。遠い昔のお寺の話よりも東京オリンピックや新幹線などが造られた「日本が元気だった」時代を振り返ることに日本を感じ取る等々。

 大阪で最もレトロな雰囲気を持つディープな空間は「新世界」でしょう。古いのに「新世界」。通天閣があるところですが、ここは街並みから雰囲気から、多くの人が想像する「昭和」そのものです。勿論街並み保存などという美辞麗句から守られたのでは無く、再開発から取り残された街といった方が正しい。新世界の北西の出口が恵美須町。ここから堺の方にこれまた時代に取り残された郊外電車「阪堺電車」が走っています。一体平成も二十年が過ぎたというのに、この時代の止まり方は何なんでしょうか?駅はオンボロ。郊外電車とは言うものの、所々は路面電車になります。最近は新しい車両も入りましたが、旧大阪市電にそっくりの昭和30年代の車両や、なんと昭和3年製造の車両も走っています。他の電鉄会社と違い、保存する為に残していたのではなく、単に廃車する必要が無かったから走らせているらしいです。私も二回ほど阪堺電車を利用したことがあるのですが、二度ともたまたまこの最古参の車両にあたりました。日本で営業用に残っている電車としては最も古いそうです。なんせ、D51が出てくる前から走っていますから。
 この電車で恵美須町から住吉大社へ行ってみるとよろしい。西成のど真ん中をつっきっていくのですが、残念ながらこの線路筋の街並みは京都や神戸では殆ど見られなくなりました。住吉大社に参拝したあとは、南海電車で岸里玉出へ。ここからは南海汐見橋線に乗り換えます。
 この汐見橋線、大阪の「区」を走る路線としては信じられませんが、ラッシュ時も含めて一時間に綺麗に二本しか走っていません。元々は南海高野線の一部ですが、難波にターミナルを集約したあおりを受けて、この末端部分だけ切られました。この路線がまたディープ。鉄道ファン的に言うと線路とか架線柱とかもすごいのですが、カタギの方向けには西天下茶屋駅周辺の西天下茶屋商店街などの西成ど真ん中の風景がおすすめ。確か連続テレビ小説の舞台にもなったハズです。この西天下茶屋駅も見るからにレトロの三文字で、大正の終わりとか昭和の初めとかに造られた雰囲気で泣きたくなります。その先にある木津川駅も「モダンな建物」ですが、ウィキペディアによれば一日の乗降客数は平均88人(2007年度)。駅舎は大正時代製。ここも一応大阪の都市圏です。終点の汐見橋はついこないだ阪神なんば線が真下を通るようになりましが、この駅も強烈です。駅には、「昭和30年代のものです」と書かれた「南海沿線観光案内図」が残っています。これもわざと残していたようには到底思えるものではありません。今にもはがれ落ちそうです。保存しているのならきっちり修復をしているハズで、ずうっと放っておいたらいつの間にか40年ほど経ったという感じでしょう。「現在の沿線案内については係員におたずねください」と但し書きがあるくらいで、今は無き「淡路交通」の電車路線図とか、和歌山~白浜航路とかいうのが書かれています。しかし昔の人は丁寧な仕事をしますね。この汐見橋駅も古臭いのですが、駅舎内はアーチ型の柱とか石造りの出札所など非常に「モダン」に造られています。そういえば阪堺電車の昭和3年生まれの電車もそうでした。内装は非常に凝っています。今の機能第一の設計とは対極にあるのですが、このような建物や車両が造られないのは、単に「古いから」とか「非実用的だから」という理由だけでしょうか?
 とてもそうには思えませんね。
 「昭和レトロ」が人気を集めるのはこのような「理由」ではないかと思います。「昭和」に日本を求める方は、是非大阪を訪れては如何でしょうか?京都にも神戸にも無い不思議な日本がそこにはあります。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク