FC2ブログ

天晴御江戸春満開

 はっきり言って朝から仕事のヤル気ゼロ。天気が良く暖かくなって、こんな時に建物の中にこもっているのは不健康以外の何物でもない。ひたすら夜が来るのを待っていた。終業とほぼ同時に会社を出る。この季節のこの陽気に、だらだらと半分はクセで残業しているヤツらはバカ以外に形容する言葉が無い。近くの駅から地下鉄で早々に新宿を後にした。目指すは九段下だ。
 九段下駅は混雑していた。みなさん目的はただ一つ。桜を見るために訪れている。
 少し前に書いたけれど、まさに同じように九段下の駅を降りて坂道を、人の流れを追い越していくと、左に田安門とその向こうに日本武道館を、右に靖国神社を見る。靖国通りの歩道は人で埋まっていた。そりゃそうだ。都内でも有数の桜の名所である千鳥ヶ淵に行く人波だ。
 今日は朝からここに来ると決めていた。有名な桜並木だが、どんなものかと期待して行ったのだが、結論から言うとこれまで見た桜並木の中で最もスケールの大きい、形容し難い桜桜桜であった。京都、大阪、神戸の桜の名所は大抵は行っていると思うが、この千鳥ヶ淵は比べるべくもなくとてつもない。勿論並木が多いから綺麗と言う訳ではなく、数が少なくても主張する桜並木はあるものだけれど、ここは美しいことについてもケチのつけようが無い。北の丸公園側にも桜並木が淵に向かって咲き降りており、それがお濠の水面に映って「逆さ桜並木」を描いている。だから余計に迫力がある。これぞ日本の風景の真骨頂。お濠も広いので、遠くに抜けるような光景で息をのんだ。

 こりゃすげぇや。

 残念ながら京阪神にはこのようなスケールも美しさも兼ね備えた桜並木は無かった。いやあ、東京の人、この景色を放って他に見に行くのは勿体無いです。

 もし関西でこのような息をのむ桜があるとしたら、吉野の桜ではないだろうか。おおそうだ、思い出した。吉野は山全体を取り囲むように桜が咲いていた。奥千本まで行くとなると相当に歩かされるけれど、歩いた価値はあったように思う。

 千鳥ヶ淵で相当に満足したが、日本が最も美しくなる季節。ここだけで今年を終えてはいけない。取りあえず明日は、徳川吉宗が整備した桜の名所である飛鳥山に攻め込みます。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク