FC2ブログ

隅田川を渡って山の手へ走る走る走る

 所用で錦糸町へ出ました。総武線で浅草橋を過ぎるとすぐに隅田川を渡る鉄橋に。昨日の雨が嘘のように綺麗に晴れ渡っていたので、非常に気持ちがいい。渡るとすぐに両国駅。際に両国国技館があります。一度相撲は見に来たいと思っています。
 いわゆる下町と言う場合、台東区、荒川区、墨田区、江東区、葛飾区あたりをさすのでしょうが、概ね山手線の内(それも北~西より)を山の手と言うのであれば、下町としては墨田区を中心とする隅田川と荒川に挟まれた地域がその中心と言っていいのだろうと思います。この地域は街が碁盤の目状で東西南北が非常に整然としています。走る電車は主に東西を結ぶもので、最近になってようやく地下鉄が走ったものの、南北方向の移動については主にバスがその役割を担ってきました。錦糸町駅は東京でも有数の都バスのターミナル。あちこちからバスが集まってきます。

 錦糸町から帰る時、さてどうしたものかと思いましたが、山の手から唯一隅田川を渡ってくる都02系統の都バスで帰ることにしました。
 都02系統は都電16系統のルートを忠実に走るバスで、錦糸町駅と大塚駅を結びます。路線バスとしては距離を走りますが、相当本数が多く、大体10分に一本程度やってきます。30分に一本とか1時間に一本とかいう路線が多くがある中でこのような路線は重要です。都電の時代、東京中に多くの路線が張り巡らされ、最盛期には41の系統がありましたが、山の手から下町へは厩橋とか永代橋などまではそれなりに来るものの、隅田川を渡る路線は多くはありませんでした。この都電16系統=都02系統は錦糸町から厩橋で隅田川を渡り、蔵前、御徒町、湯島、本郷、春日、小石川を過ぎて大塚駅に至ります。
 地下鉄やJRで行けばもっと早く帰れるのですが、こう晴れていては地下鉄に乗るなどもったいなく、JRで帰る程急いでなければ、バスで帰る方が楽しい。地下鉄も丸の内線とか銀座線とかの地表浅く走る路線ならいいのですけれど、自分の生活路線である副都心線とかになると、駅まで降りるのが面倒臭い。であればそのまま乗れるバスで行く方が景色も見れて楽というものです。都内は休日であればそんなに言うほど渋滞がある訳でもないので、時間にもそれ程神経質になる必要もありません。自分の乗ったバスも爽快そのものでした。錦糸町からバスは満員、上野広小路でそっくり入れ替わりましたが、文京区内も程良い混雑で走っていきます。途中で過ぎる隅田川の水上バスや湯島天神、小石川伝通院も一度行かなくてはいけませんね。
 大塚駅まで約1時間弱。ここからは都電で鬼子母神前まで。いい小旅行になりました。

●山の手~下町を結ぶものとしては
都02系統(大塚駅~錦糸町駅)
他、草63系統(池袋駅~千駄木経由~浅草雷門)など
※あまり無いです。JRか地下鉄を使えとのことでしょうか。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク