FC2ブログ

偽りの解放軍

しばらく更新をご無沙汰していたのは、仕事で毎日がにっちもさっちもいかず、更新まで手が回らなかったことによる。一部の方々にはご迷惑をおかけした。お詫びを申し上げる。

 2006年もあとわずかとなって、衝撃的、かつ予想通りのニュースが飛び込んできた。独裁者への死刑執行である。先日死刑確定となって「30日以内執行」との事であったから、この時期に執行された事自体は不思議ではない。米軍の目的がフセイン政権打倒であったとすれば、これで目的は達成された訳だ。本来の予定なら、これに加えて米国にたてつくイランとシリアの間に親米政権が出来て万々歳であった筈である。しかしこれは未だに達成されていない。
 独裁者が倒され、米軍は自由をもたらす「解放軍」であった筈だ。少なくともアメリカの意識としてはそのように迎えられる筈だった。
 そもそも米軍の海外派兵は、歴史的に解放者として迎えられることが多かった。不干渉主義から第一次世界大戦参戦、第二次世界大戦のパリ入城、ライン河渡河、朝鮮戦争の仁川上陸etc。それがベトナム戦争で一変し、歴史上初めて戦争に負けたのは、周知の事実だ。
 だいたい米軍の出兵には「自由と解放の為に」という大義名分が必ず付いてまわる。本来なら抑圧された民衆にとっては非常に魅力的なスローガンな筈なのだが、いざ出兵してみるとそうもいかぬ。大方のイラク人に嫌われているのは誰が見ても分かる。

 独裁者の打倒は民衆の解放を約束したものではなかったのか?現実は、あわよくば国の権力を握らんと欲する者達の絶好の機会になっただけではないか。

 解放された人々が日々殺される現実を見ると、アメリカの言う平和とは一体何か?その嘘を分かっていながら、堂々と「アメリカのやっていることに間違いは無い」と言える日本の政治家の厚顔無恥と、その人たちに一票を投じている国民が情けなくて仕方が無いのである。

VIVA 2007!一富士!二鷹!三スタープロブレム!PageTop日韓似たもの同士

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/28-db07e78c

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク