FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目坂を経て牛込界隈

 午後遅く、取りあえず食事をしに早稲田へ出た。都電を大塚へ向かうかどうかで迷ったが、食事の後に大塚を出るのは山手線か都バス都02系統しかないので、早稲田に出たあとバスか地下鉄で都内に向かえばいいやと思ったのだ。
 先週とはうって代わり、天気がすこぶる良い。早稲田の電停を降りたあと、大隈講堂の方にてくてく歩いた。この辺りで昼食を取るつもりだったのだが、早大正門のバス停で丁度渋谷行のバスが停車していた。一瞬どうしようか迷ったが、そんなに腹が空いている訳でもなく、バスに乗ってしまった。
 早稲田大学からは高田馬場駅、新宿駅、渋谷駅に路線が伸びている。早稲田と渋谷を結ぶのも奇妙な話だが、途中に国立競技場などがあることを思えば、シーズン中には学生を外苑に運び込む足となるのかもしれぬ。早稲田を出てすぐ、地下鉄早稲田駅のある馬場下町から喜久井町を結ぶ坂、この坂を夏目坂という。早稲田大学の関係者や地元の人でなくてこの両町の名を知っている人がいたら、その人は十中八九、夏目漱石の愛読者であるに違い無い。漱石の実家はこの馬場下町あたりの名主であり、漱石も晩年この辺りに住んでいる。夏目坂というのも漱石どうのというより、ここ辺りを明治の頃に治めていた夏目家から来ている。
 この早稲田通りから四ツ谷の靖国通りまで、概ね牛込と言われる地域は細い通りが多くバス通りでも片側一車線。自分の夜な夜なサイクリングの通り道でもある。典型的な住宅街で、およそ東京とは思えない閑静な地域。同じ都心の住宅街でも不忍通り沿いや文京区から日暮里にかけてとは雰囲気も全く異なり、通りも細い道が主で山手とは本来こういうことを言うのではなかろうかという家が立ち並ぶ。空襲にやられていないこともあり、特に牛込柳町から市ヶ谷にかけては庭付きの大きな家がそこら中にあり、広尾や番町あたりとは違った高級住宅街といったところ。このような大きな家でなくとも、次に住むのならこの辺りでも良いかと思わせるような雰囲気を持っている。
 バスはうねうねと細い道を走ったあと、靖国通りを超えてからは東京らしい都会の道へ。

 本当は千駄ヶ谷駅で降りて外苑を歩こうかとおもったが、そのまま渋谷駅まで走り通してしまった。自分の中では日本で一番おいしいラーメンではないかと思っている博多の「一蘭」が、バス停の近くに店を出しているのを見つけたので、早速入ってみた。ラーメンを集中して食え、とのことでカウンターがひとりひとり仕切られているのだが、そんなに偉そうな接客はしていない。同じ博多の一風堂はたいしてウマくもないのに行列が出来ていい気になっているが、こっちは同じ行列店でも感じは良い。ただ、かつて天神で食べた時の方が美味しく感じたのは気のせいか。

●夏目坂
早81系統(早大正門~渋谷駅)にて馬場下町下車
他、学02系統(高田馬場駅~早大正門)、早77系統(新宿駅~早稲田)など
地下鉄早稲田駅もこちら

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。