FC2ブログ

南部坂

 ただいま深夜2時。
 丁度この文を書いている今日は「南部坂 雪の別れ」です。去年の12月14日は日曜にあたり、播州赤穂に行っていました。今日(正確に言うと昨日13日 日曜日)は所用で赤坂に出たので、これいいあんばいと、近くにある南部坂に行ってみました。

 忠臣蔵のこの名場面を今更繰り返すような事はしませんが、討ち入り前の大きな見どころ。嘘八百を並べなくてはいけない大石内蔵助に対し瑶泉院が激怒するこの場面が無いと、討ち入りの描写も盛り上がりません。史実ではこの場面は無いんですけれど、それは言いっこなし。

 東京には南部坂という坂が2か所あります。忠臣蔵関連の南部坂は、赤坂の方。六本木通りから赤坂駅の方へ抜ける閑静な住宅街にあります。想像していたよりも細い坂で、テレビとかで出てくる「お屋敷前の広い坂」ではありません。ちなみにもう一か所は広尾駅近くにあり、有栖川記念公園の脇に位置します。ここは先日訪れました。どちらも盛岡南部藩の屋敷絡みで名づけられ、歴史的には赤坂の南部坂の方が古く、丁度お家取りつぶしの頃は赤坂の方は元の南部藩の屋敷を赤穂浅野家が引き継いで使用していました。刃傷沙汰後、瑶泉院は実家の江戸屋敷に住んでいましたので、この場面は作り話なんですけれど、いつも申してます通りお話はお話、史実は史実ということで、雰囲気を楽しまなくてはいけません。実際この赤坂南部坂に浅野家の屋敷があったのは事実ですから。

 この赤坂南部坂は別名「難歩坂」と言うようです。登るのに険しいということかららしいのですが、歩いて登るのには大したことはないような。駕籠とか人力車とかだったら苦労しそうですけれど。

nambuzaka.jpg

●南部坂(赤坂)・・↑写真の坂
都01系統(渋谷駅~新橋駅)で「六本木一丁目駅」下車

●南部坂(南麻生)
品97系統(新宿駅~品川駅)、黒77系統(目黒駅~千駄ヶ谷駅)、
橋86系統(目黒駅~東京タワー、新橋駅)にて「広尾橋」下車

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク