FC2ブログ

札幌行列車寝台考

 仕事を適当に切り上げたあと、新宿駅へ走った。西口改札前のみどりの窓口で月末の札幌行を確認すると、B個室は全て満室、開放のみあと5席とのことだった。下段が空いていたので購入。しかしこの時代に寝台列車がほぼ満席とは。去年9月の青森行も上段があと数枚しか無いという売れ行きだった。大阪発のガラガラの寝台列車が本邦でのメインだった私としては、上野発のこの乗車の多さには首をかしげる。JRの営業施策は何か間違っているんじゃないか?バシバシ減らしていく神経が分からん。あとで調べてみると、この「北斗星」のB個室は非常に人気が高くチケットが手に入りにくいとのことだった。私としては開放寝台でも全く問題が無いが、あまり列車に慣れない人だと今時個室でないときついと言いだすかもしれない。
 私の場合、最も寝台を利用しているのは距離的にも時間的にも中国であるけれど、今時の硬臥だとそこそこレベルにあるので、年季の入った日本のB寝台は陳腐に見えてくる。A寝台に至っては移動手段の為に乗るものではなく、乗ること自体が観光の一部であることが殆どのようで、まあ豪華主義に走って寝台料金が吊りあがるのも仕方が無いのかもしれない。まあ中国の硬臥と比較すれば、カーテンも浴衣もあるのでその分では日本のB寝台に軍配が上がるが、車両が大きくその分揺れも比較的少ないので寝心地としては中国の方が上かも。
 で、肝心の食事。食堂車がついている以上、「夕食を取る手段として」必ず利用することになろう。勿論わざわざ予約して7,800円のフランス料理のコースなど食べる気はなく、せいぜいパブタイムにハンバーグを食べるくらいだろうが。食事についてはトワイライトエクスプレスでの悪夢が脳裏に焼き付いているが、調べてみる限りでは、途中駅にも停車する北斗星の方が良心的なようにも思う。

 さて再度上野駅13番ホームに立つ機会を得た。寝台番号は1号車11番。1月11日に出ることはできないが、1月出発ということでは1が並んだことになり、何となく気分が良い。

台北翌週の北行き。勿論目当ては食事とスキーです。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク