FC2ブログ

相方、ごめん。そしていい加減にしろ!政治家!

 なんとも阿呆な話であるが、私の相方がこのブログの読者だとは、思ってもいなかった。一部に失礼な表現があった事について、心よりお詫び申し上げます。ごめんなさい。
--------------------------------------------------
 さて黙っておこうと思ったが、こうも続くと口をふさいでおくほうが難しい。新聞を騒がす大臣の裏金問題のつまらなさである。
 裏金の是非は別として、ここ何年かの政治家の顔が小さくなったように思う。全体的に小物になった。今の総理大臣や前総理大臣も弁舌はうまいと思うのだが、国の代表者が口を開く割には言葉に夢が無いのだ。指導者たるもの、国民に夢を持たせなければならない。一般の政治家もそうだ。本来政治家というのは立派な仕事で、国家の大計を図る偉い仕事だと思われていた。なのに、今「政治家になる」と口にすると、何か悪いことをしたいのか、と胡散臭く思われることさえある。
「末は博士か大臣か」なんて言葉、今時使わないだろう。
 少なくとも80年代までの政治家とは、「如何にも」という貫禄のある人が残っていた。その主張に共鳴できるかは別にしても、しっかりとした主義(信念)を持っている政治家がいた。最近は殆どいない。こないだの復党問題など、恥を世間にさらけ出してどうするのか、と思った。やっていることを冷静に見たら、「小物」という言葉以外、当てはまる言葉が無いではないか。政治家が主義と舌を汚してしまったら、これほど恥ずかしい話は無い筈である。

 かつてこのように演説をした政治家が居た。

「みなさんっ。新潟県と群馬県の境に三国峠があるでしょ。あれをダイナマイトで吹っ飛ばすのであります。そうしますと、日本海の季節風は太平洋側に吹き抜けて越後には雪は降らなくなる。みんな雪で苦しむこともなくなる。出てきた土砂は日本海に運んでいって埋め立てに使えば、佐渡と陸続きになるのであります。」(田中角栄)

今の政治家にこのような事が言えるか?都会の人間からみたら法螺で終わりだが、雪国に住む人が聞いたら法螺とわかっていても元気が出、夢を抱ける演説だったのだ。田中のやり方や主張に問題はあったが、少なくとも主義を持った政治家であることは紛れもない事実だし、その部分は賞賛されて良い。

世の政治家達よ。裏金や粉飾経理で小金を稼いでいる場合では無い。あなた方にはもっと国家の為にやらなくてはいけないことがある筈だ。

田中はこうも言っている。
「政治は数、数は力。しかし少数意見を尊重することも忘れてはいけない。それが民主主義である」

ヴェニス=シンプロン=オリエント=エクスプレスPageTop世界で最も偉大な食料。その名は「カップラーメン」

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/35-5688133b

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク