FC2ブログ

ドブ板通り

 どちらかと言えばマイナスの名称を積極的に売り出しているところが日本で他にあるとしたら教えてほしい。

 京浜急行を横須賀中央で降り、まっすぐ三笠公園へ向かった。横須賀へ来る時はいつも横須賀線だったので中央で降りるのは初めてなような気がする。三笠公園まではゆっくり歩いて15分てところか。午後遅いこともあって、記念艦「三笠」には殆ど客はいなかった。制服姿の軍人の団体がいたが、韓国語を喋っていたので韓国海軍の視察(と言っても観光旅行だろう)かもしれない。この三笠へ来るのも初めてだ。日本海海戦の戦艦であるがコンクリートに固められていて陸の砲台と化している。予想通り日露戦争の意義と東郷元帥の偉業を並べ立てている博物館だった。時間があれば猿島へ渡るのだが、夕方ということでもう渡船は無いようだ。とにかく寒いだけなので、次に来るのなら暖かい時期にしたい。

 三笠公園の北側、横須賀学院を挟んだ向こう側は米軍基地だ。アジアを管轄する第七艦隊の本拠地で、かつて空母とかが入港する時は反対デモに連れられて来たことがあったような。今、沖縄は熱いことになっているが、こちらはひっそりとしている。勿論部外者が少し歩いただけではわからない事はあるのだろうが、英語の看板がとたんに増えたことは、ここが基地の街であることを実感させてくれた。

 米軍基地からすぐ、国道16号線を本町一丁目で曲がり、またすぐに北へ曲がったところがドブ板通りである。

 父は横須賀出身。もっとも横須賀の市街地から山を越えて三崎へ行く途中の相模湾に向いた方の出なので、ここからさらに田舎に入ることになる。とは言うものの、横須賀の人であることには変わりなく、高校も横須賀の高校であった。そんなだからか分からないが、子供の頃にドブ板通りの話は聞いていた。米軍払い下げのジャンパーなどを売る店が並び、基地の軍人相手に開いている飲食店が軒を連ねる通り。当然ここの表記は英語が主で、中央駅の商店街とは雰囲気が違う。父が若い頃は汚い通りだったようだが、今は綺麗に整備されており、街頭には「DOBUITA STREET」とかいう派手な旗が並んでいた。昼間にも関わらず非番の軍人らしきアメリカ人が騒いでいたが、通り全体は古い店が多く静かだった。というか、さびれた昔の商店街と言った方が正しいかも。「米国直輸入」とかの表記が踊るけれど、輸入品がありふれている現代、今時「アメリカ」の文字に心踊ることもない。かつて日本で「USA」が目標だった時代は、この通りの文化が最先端を行っていたというのを何かで読んだことがある。確かにこの通り、さびれてはいるけれど、昔はハイカラだったんだろうなと思わせる雰囲気は漂っているし、カーキ色のスカジャンを着てサングラスをしマルボロを口にくわえた白髪のじいさんとかが出てきそうだ。今日もひょっとしたら夜になれば雰囲気は変わるのかもしれない。が、横須賀の人がこの通りに何かを求めて足を運んでいるようには思えず、市外の人であるなら、わざわざ来るような場所でもない。大体海軍カレーで売り出し中の街で、どうして過去になりつつある米軍の遺産に興味を持って来るだろうか。そもそもドブ板通りなど知らない人も今となっては多いだろう。

 帝国海軍とアメリカ第七艦隊によって発展してきた横須賀は、父や叔父の先生である井上大将の話から自分の中では心情的に東京は勿論横浜よりも近い街なのだが、足を運んでみると少々寂しく感じるのは、かつて父から聞いていたドブ板通りの繁栄とそのギャップをこうして目の辺りにしているからかもしれぬ。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク