FC2ブログ

天使と悪魔~ヴァチカンのセキュリティ

 仕事が早く終わったので、TSUTAYAでDVDを借りて帰る。久しぶりだな、家で映画を見るのは。借りてきたのは「天使と悪魔」。映画館で見ようと思ったのだが機会を逃して結局見れなかった。去年モルディブに行った時、暇つぶしにと思って成田で買って持っていったら、丁度滞在期間中に3巻全部読み終えた。で、ストーリーはまあまあ覚えているのだけれど、ローマの観光旅行だと思ってDVDを借りてきたのだ。

 ヴァチカンと言えば、自分にとってはヨハネ=パウロ二世。以前も書いたが、ある大晦日にヨハネ=パウロ二世の説教をサン=ピエトロ大聖堂で聞いたことがある。広場でではなく聖堂内でだ。すぐ目の前、まさに5mくらい前を司教冠を付けた白装束の教皇が通って、聖堂奥の説教台に上がった。見るからに弱ってはいたが、声には張りがあったのを強く覚えている。

 しかし

 その聖堂内にいる人々の中で最も教皇に遠い筈の私であったが、どうして私が聖堂内に入れたのだろうか。私はキリスト教徒ではない。
 サン=ピエトロ広場は世界中から集まった信徒でいっぱいだった。当然この人達も生で教皇の説教を聞きたかった筈だ。広場には長い行列が出来ており、自分も並んでいたらいつの間にか入ることが出来たのである。別に割り込んだ訳ではない。そもそも説教を聞けるということも知らず何か貰えるのかしらという卑しい理由で並んでいたのだが、どうも周りの声を聞いていると説教の為の列らしいということで、そのまま並んでいたら中に入れたのだ。確かシスティナ礼拝堂でも行くつもりであの辺りを歩いていたのだが、ヴァチカンは2度目であったこともあり勿論礼拝堂よりも説教の方が大事だ。キリスト教徒ではなくとも歴史と宗教学に首を突っ込んだ私としては聞けるものなら聞いてみたかったのだ。

 で、不思議に思った訳。

 聖堂に入る際、荷物検査を受けた記憶が無い。いや、鞄くらいは見られたような気もするが、空港でやるようなセキュリティチェックをやっていないのは間違いない。てことは、もし私がテロを起こそうとする輩だったとしたら、あの日きっと成功しただろう。そう考えると大丈夫か?ヴァチカンのセキュリティは。実際に何処のウマの骨か分からん奴を聖堂に入れてしまったことは私の経験が証明している。私を入れてしまってはまずいんじゃないか?と思うのだ。ま、私としては至上の経験を得たのでこれほど有意義な日も人生史上でそれ程無いから良かったのだけれど。勿論テロリストではありませんよ。

 「天使と悪魔」はヴァチカンの話だけれど、見ててふと自分の経験を思い出した。勿論未だに神の怒りには触れていない、と思う。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク