FC2ブログ

22型軟臥車を手に入れた

 ようやく手に入ったぜ!

 初めて中国を訪れた際、最初に乗った列車は上海発貴陽行直快151次だった。今と違って列車の切符の取りにくさは普通ではなく、指定切符は窓口ごとの割当制で、隣の窓口では切符があっても並んだ列には「無い」などというのは当たり前。それ以前に裏での販売が激しく、窓口で発売開始する前に席が売り切れなどというのも珍しくなかった。自分も翌日出発の硬臥を狙っていたが、今思うと無知の極致でそんなの取れる訳がない。やむなく人民料金での購入を断念し、外国人料金で購入することにして、外国人用切符売り場に並んだのだった。そこで、当日発の軟臥下段の切符を手に入れ、貴州に向けて出発することが出来た。今は二重価格制はなくなり、外国人用切符売り場も無くなった。いや、一応大都市の駅にはあるが、切符売りが外国語を喋られる訳ではなく、それ以前に外国人料金と引き換えの外賓優遇施策もなくなったので、何処の切符売り場で購入しても条件は同じである。当時はこの二重価格制に頭が来てばかりいたが、今思うと古き中国が急激に無くなっていっている現状が、ある意味寂しくないこともない。二重価格の存在は、「外国人料金が正規の価格で貧しい人民には割引価格で発売している」というおよそ非文明的思考ここに極まれりという文明国日本の人々には決して思いつくことの出来ない理屈で平気で語られていた。やっぱり二重価格だけは二度と出てこなくていい。

 今までの文章は前置きです。

 ようやく出ました。この私が初めて乗車した軟臥車の模型が。早速手に入れた。所属の表記は「成局成段」。自分が乗車したのは「成局貴段」だったが、まあいいでしょう。これでこの非空調22型の軟、硬臥、餐、硬座、行李の各車が勢揃い。
 コミュニストグリーンの車体に黄色二本線。この一時代前の非空調車を現在の中国で見ることは少なくなってきた。客車列車は直達、特快、快速、普快、普客に概ね分けられるが、この非冷房車が使われるのは普快以下。最近は普快でも空調車が入ってきており、非空調車でも外観がごつごつした昔ながらの車両は減ってきている。ここ数年中国に訪れた際に乗ったのは快速以上が殆どであるので基本的には空調車を利用しているが、2006年に東北を訪れた時、昔ながらのごつごつした非空調硬座を利用した。

 このような文章を書いていたら、直快151次を思い出してきた。次回あたりはこの列車の旅を書き記したいと思う。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク