FC2ブログ

94年夏~直快151次上海発貴陽行 上海にて

 上海から西南へ向かう列車は3本あった。1本は雲南昆明行の特快、1本が貴陽経由重慶行特快、1本がこれから乗車する貴陽行の直快である。昆明行は貴陽行や重慶行と異なり広西を経由するもので、特に桂林へ向かう外国人バックパッカーなどは南寧行直快と併せて広西経由便の切符を取るのに血眼になっていたので、単に昆明へ向かう以外にも混み合う理由がある列車だった。桂林着深夜1時とかだけれど。自分の目的地も雲南であったけれど、直接昆明に向かうのでは切符を取るのが困難なように思えた。特別貴陽に用がある訳ではなかったけれど、こちらの方がまだ切符を得る確率が高く思えたのである。
 神戸から上海港に到着した翌日、目指す貴陽行列車の切符を求めてCITS(中国国際旅行社)に向かったが、対応はケンもホロロだった。そんなもんある訳ないでしょうといった感じで、一週間後の硬臥であれば取れるかもしれませんと言う。仕方が無いので上海駅へ向かった。どうして先に駅に向かわなかったのかと言えば、外国人にとっては切符を買える可能性が高いのは駅ではなく旅行社、それもCITSであったからだ。
 駅の售票所は今まで見た事もない光景だった。人人人!どの窓口も大行列で割り込みも横行。用がないのか切符が取れなくて途方にくれているのか分からないような人々が地べたに座り込んでいる。並んでいる人々も煙草をスパスパやっていて煙がもうもう。ところ構わず痰を吐いている。「禁止吸煙」「禁止吐痰」の大きな表示はただ存在するだけで誰も守っていない。夏の暑さも手伝って異様な空気が售票所内を支配していた。窓口は北行と南行に分かれている。今でこそ電光掲示の空席案内があるがその当時はそんな文明的なものは無く、わずかに窓口に紙で作った小さな残席案内が貼られていて3日後までの残席表示が出ていたが、何処まで正確かなど期待出来るものでもない。勿論軟臥、硬臥、硬座などの等級ごとの案内ではなくその列車に空きがあるか無いか、ただそれだけだ。それ以前にどの列車も「售完」(完売)なので空席案内の意味を全く成してなかった。
 船で知り合った中国語の出来る人と一緒に列に並んだ。この人は洛陽への硬臥を狙っていた。ようやく辿りついた窓口では、幸い日本人だとばれることはなくやり取りが進んだが、硬臥は当然のように無かった。それどころか硬座もなく「無座」ならあるとこと。基本的に座席指定となる中国の列車で、無座とは良く言えば自由席。席が空いていれば何処に座っても良いというやつだが、勿論座れる訳が無い。駅ごとに割り当てがあるとは言うものの、上海は始発駅であるので一番割り当てが多い筈で、そこで無座であるのなら「立って洛陽まで行け」ということを意味するのだ。洛陽へは洛陽行以外にも西安、成都、西寧、烏魯木斉行など何本か停まる列車がある筈だが、全くこれらの列車の切符は出てこない。当たり前だ。これらの列車に上海~洛陽の割り当てなど無いのだから。比較的近い鄭州までということで、鄭州行や石家庄行もあたってみたがどれもダメ。結局洛陽まで18時間半もかかる列車の無座票をこの人は購入した。これで彼の地獄以下の旅は保証された。勿論自分の貴陽行など寝台はおろか席などある筈も無かった。
 上海は暑かった上にこの售票所での体験が疲れを倍増した。いつ出られるか分かったものじゃない。一週間待ったところで出られる保証もない。幸い安宿で一泊30元ほどの所に泊まっていたので金には困らなかったが、そのような問題ではない。外灘での黄浦江は貨物船に混じって長江を登る旅客船などが通っていた。対岸の浦東は何も無く景色が開けている。疲れて上海市庁舎(現在の上海浦東発展銀行)の石段に腰掛けていたら警備員に追い払われた。

 翌朝、荷物をまとめてホテルを出た。この行動は今でも分からない。上海を何としても出なくてはいけないと思ったのだろうか。出る宛も無いのにホテルをチェックアウトするなど馬鹿な話だ。
 ロシア領事館の前で連接車のトロリーバスに乗り換え、上海駅へ向かった。到着してまっすぐ駅横にある龍門賓館に向かった。ここに外国人用の切符売り場があった。幸い窓口は空いておりすぐに自分の番が来た。ここでは外国人にしか切符を売らないので日本人である事を隠す必要は無い。今日の貴陽行の切符はあるか?と訪ねたら軟臥ならある、との返事が帰ってきた。何と当日の切符が出てきたのだ。荷物をまとめて来ている割に、このようなことで驚くのもおかしな話だが、奇跡だと思った。値段は人民料金の3倍以上の700元と少し。後ろで台湾人が「太貴!」(高い)とつぶやくのが聞こえた。勿論そんなのを気にしてはいけない。上海を出なくてはならないしそれが実現する切符が手に入ったのだ。喜び勇んでその足で上海駅の軟席候車室(一等待合室)へ向かった。
 そこからホームにどのように出たかは覚えていない。とにかく出られることに舞い上がっていた。

 上海発貴陽行直快151次。2番線に緑色の列車が乗客を待っていた。自分は軟臥であるので丁度編成の真ん中ほど、食堂車の隣。古ぼけた非空調の車両だったが、自分には十分過ぎる車両だった。

(続く)

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク