FC2ブログ

I have a dream!

 別に私の夢を語りたいのではありません。これは、マーチン=ルーサー=キングの有名な演説の一節です。この後、「ジョージアの赤い丘で奴隷の子孫と奴隷所有者の子孫が手を取り合って~」と公民権運動の演説が続きます。
 思うに、西欧語とは非常に直接的な言語であると思います。ストレートに意思を伝えるのに長けた言語なのです。なので、西洋言語を訳した時の日本文~当然訳者の上手いか下手とかはありますが~結構ハッと思わせるような言葉や言い回しが多い。多分計算して言った言葉では無いと思うのですが、「日本人はこのような若者が自国にいることを誇りに思うべきだ」(パウエル前国務長官)などということは、日本語ではインタビューですっと言えないでしょう。
 日本語とは、言葉を「読む」言語あると思います。あいまいな言い回しの裏にある感情を受け手は読まなくてはいけない。そもそも日本語ははっきりと相手に意思を伝えるようには出来ていないんです。だから「もののあわれ」とか「言霊(ことだま)」とかいう思想が生まれるのです。よく外国人に「日本人ははっきりとものを言わない」と言われますよね。当たり前です。我々の文化が、「言葉や現象の裏にある感情を読む文化」なのですから。だから、はっきりと口に出して言われると、それが正しい意見だったとしてもハラが立つことがあるんです。外国人に「はっきりしない」と言われようと、それを美徳としてきたのだから仕方が無い。異文化交流万歳と騒ぐのなら、日本人はものをはっきり言わないとの非難は「余計なお世話だコラ」というのが正しい答えでしょう。もっとも、はっきり言わないのと意思をはっきりするしないは別の事です。結構、嫌なものは嫌という態度を多くの日本人はとっていると思いますが。
 とは言うものの、このような曖昧な言語に囲まれているからこそ、英語やフランス語のスピーチなどにハッとする時があります。「この人こんな事をスラスラというのか」と。そのスピーチが非常に詩的に聞こえる事もあるんですね。先の国務長官の言葉は一部分の引用で申し訳ないんですけれど、あの言葉は以前イラクで日本人3人が誘拐、解放をされた時の論評でして、無茶な行為それ自体は咎められるべきだが、その行動精神自体(イラクの現状を世界へアピールすることとストリートチルドレンの世話)は尊敬されるべきである、という文脈の中で出てきたものです。その時の日本は一億総非難の風潮でしたから、余計にハッとさせられたのでしょうか。

 最後にミッテラン前大統領の退任の演説より。
「何の感慨も無い。私は人生が何たるかを知っているし、その空しさもよく理解している」
 まさにシャンソンの世界だと思いますね。詩的です。

集まれ!コスプレーヤーPageTop「丑の刻参り」 こわ。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/48-5bf5d8ad

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク