FC2ブログ

来たぜ!シェムリアップ

 ようやく体調も回復したところで、ブログも復活してみよう。

 成田からの飛行機がホーチミンのタンソンニャット空港に到着したのは午後2時半。ホーチミンに来るのは実に14年ぶりだが、今は乗継のみ。かすかに記憶のある暗く小さい空港ターミナルは国内線用となっていて、国際線は新しい近代的なターミナルとなっていた。入国はしないけどベトナムはベトナム。この国に飛行機で来たのも初めてだ。前は北京発ハノイ行の国際列車だったし。というか、その時は中国天津まで神戸から船だったから、ここホーチミンまでは日本から陸伝いに来たのよね、などと思いだしてみる。
 さて感慨になどふけっている場合ではない。乗継チケットを受け取り搭乗ゲートで大阪から来た相方と合流。いやあ、人を待たせてゆうゆうと到着していい身分だ、と軽く悦に入った?いえ入ってませんが何か。
 乗り継いだ飛行機は50分程でカンボジアのシェムリアップ空港に着いた。途中に見たトンレサップ湖は巨大だったが、それよりもメコン河からカンボジアに入ったあたりが洪水だったように思うのは気のせいでしょうか?あれは決してデルタ地帯の景色だとかそんな生易しいものじゃあない。東南アジアの雨季はそういうものかそれとも特別なものかはわからないが。
 乗客は日本人、韓国人、中国人のみ。日本人は個人のツアー客だが韓国と中国は団体。後で街に入っても思ったが、この旅行スタイルはここでの定番のようだ。この日本人の中でも送迎の付かない完全フリーは我々だけだった。空港からホテルは定額タクシーだが、当然のように運転手が翌日の車チャーターの話を持ちかけてきた。出だしなので警戒して交渉を持っていくけど、事前に調べていたのと比べても悪い内容ではない。結局タクシーではなくトゥクトゥクをチャーターすることに決定。なんだかんだ言うけど中東や北アフリカあたりでの交渉と比べれば、東南アジアの交渉などキツいものではないっす。
 ホテルはデラックスクラスだが、二泊連泊で一泊無料とかいうプランで、下手な中級ホテルに泊まるよりも安く滞在することが可能。ホテル代が安くついたから、当然というかそうでなくてもというか、相方が「スパやる」とか言い出すので、自分もその気に。こういうのって一人旅ではまあやることは無いので、アリがたかったりするのです。
 夕飯は市内中心部の少し手前のクメール料理レストラン。一ノ瀬泰造というカメラマンを知っている日本人が今どれだけいるか分からないが、彼がこの街で下宿中に通っていたレストランである。店内には彼の撮った写真が飾られていた。
 帰路は、声をかけてきたトゥクトゥクが「3ドル!」とか言うのを1ドルにさせて、ホテルまで夜風に吹かれて戻ったとさ。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク