FC2ブログ

吹雪列車

 青森駅を定刻の3分遅れで発車した列車は、雪の闇の中にすぐに飛び込んだ。風が強いこともあり、雪煙を上げながら津軽の夜に走り出した。新青森を過ぎると光など無い。
 東北新幹線が青森に届いてからは、この列車の一時間後でもその日中に東京へ着く便があるので、歴史ある上野行夜行列車も青森からは空気を載せて走るものと思ってたが、自分のB寝台車の入りは3割くらい。上段にも人が入ってる所を見ると、下段は途中の何処かで埋まるのだろう。

 外は吹雪だ。
 今夜から明日にかけての青森県は、この冬一番に寒さと、天気予報が言っている。年末年始の大雪以下の予報なのか。青森で既に氷点下4℃を差していたが、この吹雪が途中でホームに出ることを億劫にさせる。
 車内の案内で、新津までは客扱いがあることを知らせている。日本海側の駅を丹念に停車する事を、アナウンスは告げている。こうして聞いていると、この列車が東京に案内する列車として十分に生きていることを宣言しているようだ。
 弘前駅の発車案内は、津軽じゃんから節だ。数人の客が乗ってきた。

 碇ヶ関から矢立峠を越えて秋田県に入り、大館を過ぎて~と言ってもまだ8時前だが~車内は無言の空間になった。それ迄は、隣のコンパートメントでは津軽弁の家族がワイワイやっていたが、何時の間にか黙り込んでしまったところを見ると、眠りに入ってしまったらしい。大館は一昨年に降りた駅だが、さすがに今日は雪の中だった。ここの駅弁「鶏めし」は有名で、事前に注文しておけば列車のドアまで届けてくれる。前に秋田で売っていたのを購入して食べたが、確かにいけていた。今回も注文して届けてもらおうかと思ったのだが、何となく別の夕食を食べてみたくてやめた。結局青森で、名物だとかいう牛バラ肉の炒め物定食で腹をふくらませ、トドメをさすように青森駅ホームの駅そば「八甲田」で天麩羅そばを氷点下の中で立ち食いしてきたから、あとはビールを入れるだけのスペースしかなかった。
 二ツ井を過ぎた。吹雪がますます激しくなってきた。ここでも何人かの人が乗車してきた。年配の人だけでない。若い女性もいる。夜行列車に最も異質なのが若い女性の一人旅だが、日本海側と東京を結ぶこの列車にはこういう乗客もいるのだ。
 東能代、森岳、八郎潟と雪の中を走れば、秋田である。
 秋田での乗客は思ったより少なかった。列車は13分遅れてます、のアナウンス。2つ向こうのコンパートメントに鉄道ファンらしき2人組がはしゃいで乗ってきたが、とてもじゃないがそんな雰囲気では無い。この列車は北斗星やトワイライトエクスプレスとは違うのだ。すぐに空気が読めたと見え、黙り込んでしまった。
 羽越本線に入って、また吹雪だした。進行方向右手は真っ暗闇で光が一切無いが、それは日本海だからだ。この分だと近付くなど以ての外の、大荒れだろう。羽越本線は日本海側の海のすぐそばを走るので、どうしても風との戦いになる。以前強風で事故もあったので、今夜のような日ではゆっくりとした運転を強いられるようだ。ますます定刻から遅れているらしい。凄まじい吹雪の羽後亀田を通過すると、車内消灯となった。ここは「砂の器」の舞台だが、今はただの暗闇でしかない。
 13分遅れの羽後本荘で、この車両の全ての寝台が埋まった。

 夜中、殆ど目が覚めなかった。羽後本荘を出てすぐに寝に入ってしまったため、6時過ぎに起きる予定でも8時間近く寝られることになる。上越線の何処かで一旦起きたような気もするが、またすぐに寝てしまった。
 目が覚めたのは6時20分。もうすぐ大宮に到着する頃だが、丁度車内放送があり、羽越本線内強風のため速度を落として走ったことにより、列車は定刻から40分遅れて走っています、とのこと。これはいい。まだ寝られる。
 7時に起きた。丁度駅を過ぎた。上尾ということは、さすがに大宮が近い。

 荒川鉄橋では向こうに東京スカイツリーが見える。結局上野に着いたのは7時43分。定刻の45分遅れだった。
 車両の床下には雪がこびりついている。機関車の先頭に行ってみると、遅れたのも十分に納得出来た。

上野駅13番ホーム
上野駅13番線到着

こびりついた雪
こびりついた雪

 

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク