FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた街と残った街

 静かな住宅街である雑司が谷は一丁目から三丁目で成り、東の護国寺側から一丁目で、都電の向こう、鬼子母神を中心とする池袋側が三丁目となっている。

 1945年3月10日未明、B29の大編隊が東京に襲いかかった。主に隅田川の向こう、向島、本所、深川、城東区の各域(現在の墨田区と江東区)を中心に甚大な被害を被ったが、壊滅した下町の他に商業地や山手各地にも大きな被害をもたらした。東京大空襲は文字通り下町だけではなく、日本橋、京橋、麻布、赤坂、神田区などの中心部各域にも被害を与えたし、四谷、淀橋、豊島区なども、街が消えた下町程ではないにしろ被害を受けている。

 東京の北部が本格的な被害を受けたのは、その後の4月13日深夜の空襲でである。あまり知られていない城北大空襲と言われるこの空襲は、豊島区の他、板橋、王子、滝野川区などの山手線北部~西北部を焼いた。特に池袋駅周辺から大塚、巣鴨に至る地域の被害が甚大だったようで、落とされた焼夷弾の数は東京大空襲よりも多かったと言われているくらいだ。

 豊島区の南部、私の住む雑司が谷では、都電の線路を挟んで目白台側の雑司が谷二丁目が焼け野原になった。逆に都電の反対側である三丁目と二丁目の北東に位置する一丁目は不思議と殆ど無傷であったらしい。被害資料を見ると、都電の線路が全くの境目であったようだ。三丁目の鬼子母神堂が今でも立派な木々に囲まれているのは空襲の被害を受けなかったからで、一丁目に歴史ある白壁の蔵が残ってたり明治期の洋館が残っていたりするのも燃えずに済んだからである。

 たまたまであるが本日10日は休みであるので、隅田川の向こうにも行ってみようかと思う。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。