FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ東京の夏!隅田川大花火

 本来震災の被災とお祭りの実行とは別問題だと思っていますが、片方が不幸な時にワイワイガヤガヤやるのは不謹慎だという風潮の半ば強制は到底理解できません。そりゃ意味不明なバカ騒ぎであるならまだしも、風物詩とか年中行事して実行されているものを、震災が理由でやらないというのはおかしな話。この花火大会をやらなきゃ江戸っ子じゃねえなんて記事もありましたが、外部人である自分でさえもそう思います。
 そういう意味では、今回の台東区と墨田区の決断と実行には素直に敬意を表したい。

 そりゃもう、朝からこのことしか考えていませんでした。何処で見上げるか昼過ぎまで悩んでいたのですが、今回の隅田川の花火は最も綺麗で迫力のある所で見る~つまりは人が最大級に集まる所で見ることになるのだが~ことに決定。仕事を夕方早くに切り上げ、妻と新宿で合流して黄色い電車の客となった訳です。
 下見も兼ねて一旦両国へ。17時頃だというのに隅田川にはたくさんの屋形船が出てます。これは気分が盛り上がって来ましたよ、ということで、一つ戻って浅草橋で下車。ここから江戸通りを浅草方面へ向かいます。まだ開始までは時間があるので浅草橋駅前のファーストフードで早めの夕食を取り、18時過ぎに出発。丁度江戸通りが車両通行止めになって遥か白髭橋あたりまで歩行者天国になったところでした。ここは国道6号線。普段なら車の多いところのど真ん中を歩くって本当に気分がいい。
 蔵前橋通りを過ぎた分岐で、浅草方面へは国際通りの方に進路を取れという意味不明な警察の指導があり、素直に従って浅草寿町の方へ向かいますが、目的地はすぐそこです。春日通りを右に曲がって、ハイ着きましたよ。隅田川花火は今回は厩橋で見ます。

 厩橋は意匠の凝った隅田川二十六橋の内でも鉄骨のアーチが美しい昭和初め築の橋。まさに「橋」いった感じで、これだけでじっくり見られるものですが、今日の目的は違います。隅田川花火は桜橋近辺の第一会場と駒形橋~厩橋の第二会場で打ち上げられますが、この橋はその二会場の花火が同じ視界でまとめて見られる唯一の橋。しかも東京スカイツリーのおまけつきです。そりゃ人も集まってきますがな~。厩橋交差点で整列させられ、時間が来たら橋まで警察の誘導がありますなんて言ってます。いつも思いますが、こういうイベントになると警察の叫び声を聞きに来たような気分にもなりますが、まあそんな事は気にしません。19時過ぎに第一会場の花火が開始。交差点の中央で並んでいたら、ビルの合間から僅かながらに見えました。誘導は第二会場の打ち上げが始まる19時半スタートということで、遠くに聞こえる打ち上げ音をビルの谷間で聞くこと30分。間近で爆音が鳴って第二会場も打ち上げ開始です。

 「橋の上から見る花火はとても美しいですが、見たい人達が大勢後ろに続いて並んでいるので、写真一枚撮ったらとっとと前へ歩け」みたいなことを女性警官がアジっています。実際ココ厩橋は勿論のこと、蔵前橋から上、白髭橋までは一方通行の立ち止まり禁止で歩きながら花火を見させるらしく、結果的に開始から終了までをこの橋の上で見ることは出来ません。と言っても警察の方でもある程度話は分かるようで、ひたすら追い立てるようなことはせず、有る程度ゆっくりと橋を渡らせていました。実際自分達が厩橋に辿りついたのは20時くらい。

 間近で見る花火はやっぱり迫力がありますね。文字通り目の前で打ち上げているんですから。東京湾と比べたら打ち上げの高さは低く玉が小さいような気もしますが、やっぱり隅田川で見るということもあるんでしょうか。東京の花火は玉屋鍵屋の隅田川が本流ですから、厩橋の雰囲気も有って気分は最高潮。最近は星型とかいろんな形の花火がありますけど、やっぱり大尺の菊型花火が一番。相変わらず警察は前へ進めなんて言ってますが、急いで追い立てられる訳でもなく、思いのほかじっくりと見られました。
 だだっ広い河原や海でやる花火も勿論迫力があって綺麗ですが、ビルの間の川べりでやる花火ですけど下町の雰囲気全開で見上げる空も天晴れ。隅田川とは不思議な川に思います。

 これぞ東京の景色。晴れ晴れとした気分になりました。やって良かったに決まってます。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。