FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋のマレー紀行

疲れているので今夜は概略だけにするが、今回のマレーシア旅行、結論から言うと

楽しかった。

で、前回の訪問時に一体何をやっていたのかと、その行動に対し理解に苦しむ。

日程は以下の通り。

【1日目】
成田→香港乗継→夜:ペナン島。
着後、ホテルチェックイン。
まずは前回(1997年)に滞在した「国泰旅社」にご挨拶。コロニアル様式の安ホテルで、まだ元気に営業中。
その足でフェリーでバタワースに渡り、鉄道切符の手配。当たり前だが疲れており、次の日の手配にしようと心が折れかけたが踏ん張る。
夕飯は23時半から安食堂でインド料理。1時間ほどウダウダし、ホテルに戻って寝る。
はい、ホテルはイースタン&オリエンタルです。

【2日目】
世界遺産にも登録されている旧市街ジョージタウンをひたすら歩いて廻る。いや~本当にタイムスリップしますね。そこで今でも生活があり商売があるので「生きた街」なのだが、観光ナイズされていないのがいいです。たいてい観光客はビーチの方に行ってしまい、バックパッカーみたいな人達しかいない。昼はニョニャ料理(マレー風中華料理。でも安食堂にて)。

【3日目】
午前はペナンヒル。1922年に造られたケーブルカー。昨年改修されているので近代的だが、無茶苦茶急な坂道を上がり下がりします。
午後は宿泊ホテルでアフタヌーンティー。ここのアフタヌーンティーは有名。でもガラガラ。当たり前だけど地元の人は来ない。
夕食は近くのフードコート(日本のモノとは違い、アジアのフードコート。多民族国家らしく何でもある。当然安い、早い、暑い。少しでも衛生に気を遣う人は入れない。生水で作った氷が山ほど入ったジョッキでビールを飲めますか?)
バタワース23時発の夜行列車でクアラルンプールに向けて出発。コンパートメントの1等寝台だがクーラー効き過ぎ。何と18度!

【4日目】
早朝にクアラルンプール着。そのままホテルにチェックイン。1時間ほど休んで街へ。午前中は郊外のバトゥー洞窟。ここは笑えた。
昼にクアラルンプールに戻り、ひたすら市内徘徊。KLCCでショッピングセンター調査、連邦裁判所やムルデカ広場などの観光地、セントラルマーケットでドクターフィッシュ。白珈琲。チャイナタウンで夕食。勿論屋台。サテーを腹いっぱいに。それと雲呑麺。前回泊まったチャイナタウンのオンボロ中級ホテルは潰れてた。をいをい。
その後、妻が日本から予約していたスパ。この夫婦、日本ではやらないが海外に行くと必ずスパに行ってる。こういうことは本当に有難い。一人旅では行かないですから。
前回のクアラルンプールは、マラッカ行バスを手配したことと連邦裁判所を観光したことくらいしか覚えていない、あとはチャイナタウンで飯食った。バックパッカーってやつは...。

【5日目】
早朝、タクシーで空港へ。既に金の感覚は無い。9時半の飛行機で香港へ。乗り継いで成田着は20時半。

こんな感じ。往復共に日着はマレー半島辺りが限界か。何だかんだで行きも帰りも一日がかりだし。今回はキャセイパシフィック航空利用だが、マレーシア航空でもそんなに時間的な変わりは無いです。

印象に残ったところを抜き出して後日書いてみますが、今日は疲れた。

しかも明後日(正確に言うと明日)とその次の日、一泊二日で沖縄出張。今日沖縄上空を過ぎてきたのに...。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。