FC2ブログ

直訴ー直接言わせてもらいますが何か

 直訴ー何か問題がある時に直接御上に物を申す事です。わが国においては市町村の市民相談室などに意見や苦情を申し立てるとか、地域によっては代議士に相談するとかが、この「直訴」に一番近いのでしょうか。例えば拉致問題等の国家の重要課題であれば「被害者の会」の方々が総理大臣と直接会談、などということがありますが、沖縄を中心とする米軍基地問題では、総理は勿論のこと防衛大臣に直接会って訴えるという話は聞きません。建設予定地に座り込みをしてマスコミに訴えるというのはありましたが。日本で最も有名な直訴は、足尾銅山公害問題に於ける田中正造の明治天皇への直訴ではないでしょうか。それ以外に御上(ここでは時の権力者。総理、天皇、将軍など)に直接物申したという話は記憶にありません(藩主や知事レベルならいくらもありますが)。ちなみにデモは違います。デモはあくまで「声を上げる」ことであり、直訴のように当事者を捕まえて意見する(請願するも含む)ものではありません。
 意外に思いますが、中国は歴史的に直訴が一般的に認められています。いや時の王朝から許可があったという訳ではありませんが、一般民衆が王朝統治機構に対し直接請願するという事が積極的に行われておりました。請願でどうにもならなくなると反乱(蜂起)が起きます。日本で言うところの一揆です。余談ですが、日本の一揆が単に意見の主張で終わるのに対し、中国の暴動はスケールが大きく、王朝打倒に走ります。反乱中に何処からか皇帝になろうという野望を持つ輩が出てくるんですね。これで成功したのが明朝であり、失敗したのが太平天国であります。
 現代でも中国では直訴が一般的に行われます。つい先ごろ全国人民代表大会(全人代)が行われていましたが、この代表団に直訴しようと全国から北京に人が集まりかけました。「かけた」というのは、大概が地方を出るまでに当局によって移動を制限(つまりは軟禁、拘束など)されたからで、これまた「さすが中国」と言ったところです。

 中国の人権については欧米を中心に色々と注文をつけているようです。彼の国に於いて人権問題が起きるのは詰まるところ「一般人」の存在が余りにも軽いからで、この事は長く続いた王朝支配と密接につながっているように思うのです。この人権問題の要因や由来は西側、特にアメリカ人にとっては一生理解出来ません。これについては、また改めて記すことにしましょう。

米国人と中国人~さてあなたはどっち?PageTop金沢の海鮮丼

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/65-1588db9d

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク