FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずバルセロナ

 バルセロナに朝着いて思ったのは、案外に都会であったことと案外に高い建物が少なかったこと。数年ぶりのヨーロッパだが、カタルーニャ広場そばのホテルにチェックインし、朝食を目の前のカフェで取ったことですぐに欧州モードにギアチェンジ。でもこの街、あとで訪れるマドリッドと比べると小さかった。というか、マドリッドでかすぎ。訪れる前の自分の感覚では同等レベルくらいのサイズだったのだけど、まあ東京と大阪の比較みたいなものか。

 バルセロナはガウディ建築を主眼に置いていたので、カサミラ、サグラダ=ファミリア、グエル公園、カサバトリョあたりはきっちり見る。特にサグラダ=ファミリアはあちこちで書かれているほど並ばずに入れた。15分程度かしら。スペインの見どころは確かに行列ができているところが多く、西洋人も並ぶんだなあなんて妙なところで感心。イタリアでもそうだったかな。「最後の晩餐」があるミラノの修道院は今では行列で有名だけど、訪れた1995年は全く並ばずに入ったと当時のノートにある。でサグラダ=ファミリアだが、教会としては100年と少し前くらいから建てているので、他のヨーロッパの教会と比べるととてつもなく新しいんです。だから外はまだしも中の荘厳さとかなら、セビーリャとかトレドのカテドラルの方がよっぽどもある。ミラノのドゥオモやパリのノートルダムが「好き」とか言う人には、このあたりは好みが分かれると思いますね。
 まあこの街の見どころを選んでいくと20世紀周辺のものに行きつくことになる。街の歴史自体はローマ時代からあり、属州時代の城壁などもあるのだが、どうしても自分のようにガウディを中心に考えることが多いと思われるので、ヨーロッパとしては新しいものを見てまわることになるだろう。勿論、その価値を下げるものではないので十分に楽しく、逆にいえば現代でも十二分に通用するガウディの様式などは別の場所では見られないから、街の風景は新鮮だったりするのだ。ええ、ここは独特の街です。

 他にもモンジュイックの丘にあるオリンピック競技場とか、やたら馬鹿でかいカタルーニャ美術館とかに加え、丘から港を結ぶ年代物のおもちゃみたいなロープーウェーなど、一般的なヨーロッパ都市には中々見られないものもあるので面白い。あとFCバルセロナ関係のショップもうるさいくらいにあるか。スペイン全般に言えることだけれど、イタリアやドイツ語圏スイスに比べ、交通機関は勿論のことレストランやバルのメニューも英語やフランス語が多いので、歩くのも楽。

 ということで、この街は私的にはオススメです。ただ、スペインの玄関都市として訪れたいですね。

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。