FC2ブログ

 温家宝首相の来日に思うこと

 人が異なれば考え方が違うのは当たり前の話です。ましてや国が異なれば思想信条が異なるのも極めて当然の話。日本人の長所は異文化に対する柔軟性を持っていることですが、他方短所として挙げられるのは島国の住人だからか自分達の常識や考え方が世界の常識と捕らえがちであることです(このことは長所と一見矛盾しているように見える)。日本人の海外旅行者(特に年配の方)が外国でモノを買ったときに店員が無愛想で頭にきてたり、旅の恥は掻き捨てとかで笑い者になるのを良く見ましたが、これらは凡そ日本人の常識を海外に持ち込む事から発生する摩擦です。
 このように日本人はその思想信条を他人や他国にともすれば押し付けるのが比較的得意だと思いますが、時と場合によりこの思想を押さえることも学ばなくてはいけません。この「押さえつける場」が求められる極めて重要な場とは「礼」が求められる場です。「礼」とは言うまでも無く自分をさておいて相手に対して敬意を持って接することで、古来より「美しい国」では美徳として礼を以って接する事が極自然に出来ておりました。他者の思想を尊重する事は「他人は異なった信条の持ち主」だという根本原理を理解する「謙譲の心」が無いと出来ません。この謙譲の心こそが「礼」であります。日本ではこの事が強く意識されてきた筈なのですが、最近そのような考え方が薄れてきているのはよく言われている通りです。

 中国の総理大臣が来日しました。中国に対しては肯定的な声も否定的な訴えも幅広く存在しますが、そのような思想は置いておいてまずは他国からの客人に対しては最低限の礼を払うべきです。反日教育を施したり反日運動を是認するような国のNo.2をどうしてもてなす必要があるか、と言うのは論理のすり替えです。せめて文明国の住人を自認するのであれば、客人に対して礼を失するというのはあってはならない事です。「目には目を」は、低次元のやり方だと思いますし、礼を以って遇した上で、言うべき事を言えば良いのです。
 温総理は今回国会で演説を行いましたが、わが国の前首相は列席しなかったと聞きます。一部の威勢の良い方々は賞賛しておりましたが、これこそ思想と信条の履き違えであり、非礼がもたらした行動と非難されても仕方がありません。仮にも一国の総理を務めた人間であれば、相手の演説を受容するくらいの心の余裕は持って欲しいものです。モノ申すのはそれからでも良いのですから。

Windows Vistaを入れてみましたがPageTopバンコク バンコク バンコク!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/74-20d8ac02

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク