FC2ブログ

トルコのバス事故について

 まず、不幸にも亡くなられた方についてお悔やみを申し上げると共に、意識不明の方が意識を戻されることを、ケガをされた方が一日も早く帰国されることを心よりお祈り申し上げる。

トルコのバス事故について色々と語られているが、どうも釈然としない。「腹すかせたまま600kmも運転させた」とか、「道路事情が悪い」とか。あげくの果てに産経では、旅行会社に於いて現地事情の安全面のチェックに不備は無かったか、と述べている。五大紙の一つがこのような事を平気で書いてくるから開いた口がふさがらない。いい加減に腹立ってきたから、トルコを一周した経験のある私の思う所を「多少」述べさせてもらう。
 あらかじめ言っておくが、今回のエイチアイエスの会見方法には納得していないし、彼らを弁護する気も無い。しかし大抵の論調(報道や掲示板)についても、あまりにも現地を知らなさ過ぎると申し上げておきたい。

 今回の問題点は、どうも以下に絞られるようだ。
 1,ラマダン中に一日600kmも一人の運転手にさせて何を考えている!
 2,道路事情が悪い所で無理な運転をさせた。 
 3,そもそものツアー内容に無理があるのでは?

 まず海外を語る上で知っておいていただきたいのは、「日本が良すぎる」という忘れられがちな事実である。日本の常識を持ち出したら頂点のレベルから話が始まってしまうので、他の国がお話にならないのだ。
 「トルコの道路はイスタンブールとアンカラを結ぶ線以外は事情が悪い」と朝日など何処の新聞も書いていたが、それでも韓国や台湾あたりの一般道と比べると決して劣っていないどころかむしろいい位である。また、通常長距離バスではベンツを使っており、テレビで見た限りでも悪いバスでは無かった。「トルコでは毎年数千人が交通事故で死亡している」という産経の記事があったが、おいコラ!いい加減にしろ!日本では毎年一体何人死んでいるんだ。変な数を持ち出して危険度を煽るな。子供でも分かるような数字のまやかしを持ってくるなど、馬鹿馬鹿しくて泣けてくる。影響力のあるマスコミの端くれとして恥を知れ。
 ラマダンの件であるが、トルコ人は他のイスラム諸国と違ってラマダンの戒律を守らない人間が多いが、この運転手はラマダンの空腹があったと言っていたので、まあ正直者だとしてきっと真面目なイスラム教徒だったのだろう。が、「空腹で走らせた」というのなら、この時期のイスラム諸国の運転手は皆空腹だ。しかも600kmも走らせたとあった。エイチアイエスのツアーページを見てみたが、当日の移動はクシャダスからコンヤ、こんなの現地のバスでは極めて当たり前だ。短いくらいだよ。
 結局事故そのものについては、報道の内容から判断するのなら、今回旅行会社に責任は無い。大雨がたたったことを別にすれば、他は現地の常識からすれば、移動距離、方法、運転手の状態他何もかもが極めて当然の内容である。
 どうしてもマスコミは原因を見つけなくてはいけないから因果な商売だが、今回の一件をエイチアイエスに原因を求めるのは酷である。JTBや近ツリなどでも十分に起こりうる話で、他の旅行会社の営業や商品企画のボスは背筋が凍っているはずだ
 もしエイチアイエスに問題があるとするのなら、あの会見内容とその後の姿勢だ。今もって当該ツアーをホームページの添乗員付きトルコツアーページの一番上に持ってくる神経は理解できない。特に10/31出発は「決算価格」とかで、最後の集客中だ。こんな事故があった後でも、「今から同じツアーに申し込め」と案内する担当者の頭の中を見てみたい。図々しいのにも程がある。ま、会見で取締役が「申し訳ございませんでした」とか一応言っているけど、「私らには責任がありませんよ」という彼らなりの主張なのだろう。

ちょっとモスクワまで行こうか?列車で(その3)PageTopラワルピンディーのチャイ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/8-2ea7afbb

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク