FC2ブログ

死ぬ事は美学か

 「武士道は死ぬ事と見つけたり」「生きて虜囚の辱めを受る勿れ」
 この国の人々は「死ぬ」事、特に「自ら死ぬ事」に何がしかの美学をつけてきました。また、「死ぬ事」は責任を取る最後にして最強の手段と考えもしてきました。
 「死ねばみな仏」
 大抵の日本人なら理解できるであろうこの考えは、外国人にとっては理解し難い思想の一つとして捉えられています。靖国問題で擁護派の語る一説としてこの思想が語られ、それを理解しない中韓は文化の違いだから致し方なしと叫ばれます。韓国は調べた事がないので確実な事は言えないのですが、中国が死者をあの世でも追い詰めるのは間違いありません。中国人なら誰でも知っている、南宋の岳飛と秦檜の話は代表的な故事。華北を征服した金国に最後の抵抗を主張した岳飛を宰相秦檜が殺して金国と和平をしたという話。これで秦檜は売国の汚名を着せられ、杭州の岳飛廟では今なお膝まずいた秦檜の像があり、中国人観光客はこの像に向かってツバを吐いております。話は13世紀後半のものですから、何という事でしょうか。ましてや100年も経たない話を中国が忘れる訳もなく、日本人が「いつまで言い続けやがる」と主張しても先方が納得しないのは当たり前です。

 話が逸れました。
 日本人は「死ぬ」という言葉に一定の美学とけじめをつけたがります。今の時代、声高に武士道とか戦陣訓の思想を説けば「やばいヤツ」と思われるかもしれませんし、「ぱっと咲いてぱっと散る」「大和魂」を語る人は殆どいません。勿論普段我々もそのような声をまともに聞こうとはしない。しかし、最近特に「死んで責任を取る」「死して詫びるべし」という思想の広がりが大きいのか死刑乱発の傾向なのは事実ですし(決して凶悪犯罪が増えただけではない。死刑は合法的な敵討ちなのか?)、我々としても「遺族感情」を考慮に入れればそのような流れを一方的に拒絶する事も出来ないでしょう。つまり、「古臭い」「時代はずれ」と普段は考えている「死ぬ」という事に対する思想ですが、今なおこの国では「死」に対するある種の「美学」(と言ってさしつかえないと思います)として根強く社会の根底に生きているのは事実だと思うのです。
 「死者に鞭打つような事はしなさんな」とは、今回の松岡農水大臣自殺事件で自民党の元大臣が発した言葉です。大臣が取った行動が「美学」なのか「逃げ」なのかは別として、多くの日本人にとっては上記発言を真っ向から否定出来ないだろう事が、日本人の死に対する意識を端的に表していることだと思います。

「北京-モスクワ 第3/4国際列車」サイト更新しましたPageTop列車で船に乗る

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://vokzal.blog78.fc2.com/tb.php/88-5b0f1705

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク