FC2ブログ

首里王城を歩く

 沖縄新都心と言われるおもろまちは、やたら建物が大きい新興ショッピング街だったが、そこからモノレールで終点まで辿り着いた所が首里である。

 首里は尚氏琉球王朝の都が置かれた所。モノレール駅から歩いて15分程歩いた所に王城地区がある。

 平日ということなのか観光客はそれ程多くは無く、団体客もおらずゆっくりと城跡を見学することが出来た。首里と言えば私の子供の頃は守礼之門が代表的な建物だったが、20年程前に宮殿が復元されて今に至る。あの赤い漆塗りの印象的な建物だ。本土の城と異なり石垣は緩やかな曲線を描き、日本はもとより中国の王城にもあるような方形の築城では無い。どちらかと言うと朝鮮の城にも見られるよう地形に逆らわない城郭を形造っていて、それがまた美しい。この地域一体は世界遺産に登録もされている。
 地域一体と書いたが、建物や城郭は世界遺産では無い。遺産とは建物の新しい古いでは無いとは個人的には思うが、その登録されていない理由はこの城郭内の建物ほぼ全てが復元されたものだからだ。

 琉球王国が日本に編入された後も本土の多くの城とは異なり、建物を始め城郭の殆どは破壊されることは無かった。実際明治から昭和の初期にかけて首里城やその一体を撮影した写真が多く残っていて、そこには宮殿を初めとして優雅な姿を残している。これら建物が徹底的に破壊されたのは、沖縄戦でである。
 沖縄戦と言えば大抵本島南部の摩文仁周辺の戦いが例に出される。ひめゆり部隊の悲劇もその辺りである。実際沖縄防衛の第三十二軍はこの本島南部で最後に戦ったので、その辺りの激戦や玉砕が取り上げられることが多いのだが、首里やその北に位置する浦添、宜野湾、北谷、嘉手納、読谷などの地域も本島西側から上陸した米軍との間で激戦が繰り広げられた。その最中に首里城も戦災に有って破壊されてしまった。

 今に残る首里城の美しさは、激動の歴史とは全く無縁のものだ。石垣は緑に囲まれ、私が訪れた際は非常に良く晴れていたので、遠くに綺麗な海が望めた。

那覇の夜

 朝8時の飛行機で沖縄へ来た。一昨日海外から帰ってきたばかりで、今回の沖縄行だけは勘弁してくれと思ったが、仕事だから仕方がない。
 平日火曜だというのに飛行機はほぼ満席。しかも小学生とみられる子供を連れた家族もちらほら。小学校って平日が休みになったのか?
 東京も暑けりゃ那覇も暑い。南だからと言って、このご時世に「当然です」という話でもないだろう。でも空の色も海の色も違うし晴れているので気分は悪くないのだが、今回は仕事で来ているため、楽しい筈が無い。本島に来るのは2回目だけど、前回も仕事だった。なんだかなあと思いながら、モノレールの客になる。

 仕事そのものは早い内に終えたのだが残務処理に手間がかかり、自由の身になったのは終業の定刻通り。まあ当たり前ですが。

 昼間は国際通りから少し入ったところの店で沖縄ソバを食べたので、夕飯は何にしようかと思案。一人で来ているので相応の食事になってしまう。こちらに駐在のスタッフに声をかけようと思ったが忙しそうだったのでやめた。一人で暖簾をくぐる程に酒飲みではないし、泡盛とかが好きな訳でもないので琉球居酒屋という選択肢は無く、ホテル近くにある有名なステーキ屋へ行く。肉は何処で食べても肉なのは分かっているが、ステーキは何気に沖縄の名物だったりするので、夕飯としては悪くないだろう。訪れた店は有名人の色紙でいっぱいだったが、店員のみなさんはとても腰が低く高飛車な店ではなく、また評判通り味も良く、満足して食事をすることが出来た。

 酒飲みではないが、かといってこんなに遠くまで来て飲まないで寝る程の人間でもない。近くのコンビニでオリオンビールを買って部屋で飲む。本土で買うとメジャーところと比べて若干高いのだが、こちらでは同じ値段で売っていた。

 楽しくはないけどつまらなくもないです。

中秋のマレー紀行

疲れているので今夜は概略だけにするが、今回のマレーシア旅行、結論から言うと

楽しかった。

で、前回の訪問時に一体何をやっていたのかと、その行動に対し理解に苦しむ。

日程は以下の通り。

【1日目】
成田→香港乗継→夜:ペナン島。
着後、ホテルチェックイン。
まずは前回(1997年)に滞在した「国泰旅社」にご挨拶。コロニアル様式の安ホテルで、まだ元気に営業中。
その足でフェリーでバタワースに渡り、鉄道切符の手配。当たり前だが疲れており、次の日の手配にしようと心が折れかけたが踏ん張る。
夕飯は23時半から安食堂でインド料理。1時間ほどウダウダし、ホテルに戻って寝る。
はい、ホテルはイースタン&オリエンタルです。

【2日目】
世界遺産にも登録されている旧市街ジョージタウンをひたすら歩いて廻る。いや~本当にタイムスリップしますね。そこで今でも生活があり商売があるので「生きた街」なのだが、観光ナイズされていないのがいいです。たいてい観光客はビーチの方に行ってしまい、バックパッカーみたいな人達しかいない。昼はニョニャ料理(マレー風中華料理。でも安食堂にて)。

【3日目】
午前はペナンヒル。1922年に造られたケーブルカー。昨年改修されているので近代的だが、無茶苦茶急な坂道を上がり下がりします。
午後は宿泊ホテルでアフタヌーンティー。ここのアフタヌーンティーは有名。でもガラガラ。当たり前だけど地元の人は来ない。
夕食は近くのフードコート(日本のモノとは違い、アジアのフードコート。多民族国家らしく何でもある。当然安い、早い、暑い。少しでも衛生に気を遣う人は入れない。生水で作った氷が山ほど入ったジョッキでビールを飲めますか?)
バタワース23時発の夜行列車でクアラルンプールに向けて出発。コンパートメントの1等寝台だがクーラー効き過ぎ。何と18度!

【4日目】
早朝にクアラルンプール着。そのままホテルにチェックイン。1時間ほど休んで街へ。午前中は郊外のバトゥー洞窟。ここは笑えた。
昼にクアラルンプールに戻り、ひたすら市内徘徊。KLCCでショッピングセンター調査、連邦裁判所やムルデカ広場などの観光地、セントラルマーケットでドクターフィッシュ。白珈琲。チャイナタウンで夕食。勿論屋台。サテーを腹いっぱいに。それと雲呑麺。前回泊まったチャイナタウンのオンボロ中級ホテルは潰れてた。をいをい。
その後、妻が日本から予約していたスパ。この夫婦、日本ではやらないが海外に行くと必ずスパに行ってる。こういうことは本当に有難い。一人旅では行かないですから。
前回のクアラルンプールは、マラッカ行バスを手配したことと連邦裁判所を観光したことくらいしか覚えていない、あとはチャイナタウンで飯食った。バックパッカーってやつは...。

【5日目】
早朝、タクシーで空港へ。既に金の感覚は無い。9時半の飛行機で香港へ。乗り継いで成田着は20時半。

こんな感じ。往復共に日着はマレー半島辺りが限界か。何だかんだで行きも帰りも一日がかりだし。今回はキャセイパシフィック航空利用だが、マレーシア航空でもそんなに時間的な変わりは無いです。

印象に残ったところを抜き出して後日書いてみますが、今日は疲れた。

しかも明後日(正確に言うと明日)とその次の日、一泊二日で沖縄出張。今日沖縄上空を過ぎてきたのに...。

ペナン島のコロニアルホテル再び!

 夏休みはペナン島です。97年に続き14年ぶり2回目の訪問となります。

 何度か書いているかと思うのですが、アジアでホテル滞在を楽しむのであれば歴史あるクラシカルなホテル滞在の方が良いのではないかと思っています。勿論世界的なチェーン、シャングリラとかハイアットとかが悪い訳では無いのですが、アジアにはアジアでしかない、つまりはアジア独特の空間が広がっているホテルというのがあります。欧州なら欧州らしい、中近東なら中近東らしい、日本なら日本らしい、というのと同じ。世界的なハイクラスホテルのチェーンは失敗が無く安心感はありますが、ある意味面白味が無い。

 昔と違い、ある程度の年にもなりお金もついてくるようになって、旅行の仕方というのが変わってきました。今でも現地で切符を買い、ホテルを探すのは苦ではありませんが、少なくとも宿泊だけは安宿のドミトリーという気にはならず、お金を払ってでもそれなりのホテルに滞在するようになってきました。そのような中で、特にアジアでは単に部屋やサービスがしっかりしている、というのではなく、雰囲気を重要視したい。ここで言う雰囲気とはゆったり流れる空気を指すと言ってもいいと思いますが、そのようなホテル滞在になるべくこだわりたいと思っています。

 このような好みを満たしてくれるのは、概ねアジア的洋風の歴史あるホテルです。

 アジア的コロニアル様式を代表とする洋風建築は、イギリス人やフランス人が東洋に進出してきた際、アジアの蒸し暑さと強い日差しを避ける為に編み出した洋風建築。もしくはその設計を模した建物。今に残る建物は良く言えば歴史があり、意地悪く言うと古臭いのですが、この雰囲気がたまらなく好きです。他の地域にありそうで無いんですね、その雰囲気が。アジア独特のものです。

有名どころでは

シンガポール:ラッフルズ
香港:ペニンシュラ
ラングーン(ヤンゴン):ストランド
サイゴン(ホーチミン):マジェスティック
上海:和平飯店
などでしょうか。


 これらアジア的洋風ホテルは、洗練という意味ではアメリカ系チェーンホテルには劣りますが、雰囲気という点では抜群です。上記ではマジェスティックと和平飯店には滞在したことがありますが、どちらもゆったりとした時間を楽しんだ記憶があります。ラッフルズやペニンシュラは別として、これら洋風ホテルはその雰囲気の割に値段は驚くようなものではなく、滞在を楽しむには手ごろなレベルにあるので、畢竟アジアに行く時はこの種のホテルを選んで滞在することになります。

 で、再度のペナン訪問です。前回は国泰旅社というコロニアル様式全開のホテルに泊まりました。安宿ですが。このホテルについては以前当ブログに書いたことがあるのですが、何故かアクセス数は当ブログの中でも高い記事であります。

世界の街の物語「国泰旅社」

 今回もコロニアル様式のホテルに滞在。
 かつて「スエズ以東で最高のホテル」と称された「イースタン&オリエンタル」です。え?ラッフルズは?というツッコミは無し。1884年築。ペナン島はリゾートとして知られますが、由緒は英国海峡植民地。街と建物を楽しめる所で、前に行って気に入りました。こういう歴史ある暑い東南アジアでの優雅な時間は...そりゃあアフタヌーンティーに決まっているでしょう(笑)。イギリス人は東洋に来てこんなことをやっていたのかと。今からだらけるのが目に見えています。

週末は黒部峡谷へ

 この週末、黒部峡谷に行っておりました。
 気晴らしに東京を出て緑と温泉と食事を満喫するため。今日は疲れてもう書けませんが、以下のルートにて。

金曜:新宿→(高速バス)→
土曜:→富山→(富山地鉄)→宇奈月温泉→(黒部峡谷鉄道)→欅平→(黒部峡谷鉄道)→宇奈月温泉(泊)
日曜:宇奈月温泉→(富山地鉄)→魚津→(JR特急)→越後湯沢→(新幹線)→上野

取りあえず満喫です。

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

Mr.Problem

Author:Mr.Problem
東京移住。
職業:雲のジュウザ
根本思想:世界人民大団結万歳(笑)
多少、あちこちに行ってましたが、。結婚してからはめっきり諸外国へ出ることが少なくなりました。せめて一年に一度くらいは海外には出たい。元パッカーの習性で旅行は旗持ちではなくほぼ個人旅行。基本的には今世界で起こっていることについて思うところや、今まで行った街の印象を徒然に書いていきます。
みなさんが世の中について考える何かの助けになれば。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク